ほかほか集会 ~こんなことがうれしいな~

 生活委員会主催の「ほかほか集会」がありました。事前に、一人一人が友達との関わりを思い出し、その中で友達がしてくれてうれしかったことについて、カードに書きました。子どもたちからは、自然と笑みがこぼれていました。集会当日は縦割り班ごとに集まり、そのカードを発表して、班で大きな用紙"ほかほかの木"に貼っていきました。集会後の子どもたちからは、「班のみんなの"友達にしてもらってうれしかったこと"が貼られると、それを見ているだけでいい気持ちになった」「西野小学校には優しい人がいっぱいいるんだなと思った」という感想が聞かれました。
 これからも、友達を思いやってよいところを見つけようとしたり、自分から相手を思いやった行動をしたりすることがさらに増えるといいなと感じました。

181128_101618181128_102734181211_105729

同和問題学習

明治時代初期、いわゆる「解放令」が出され、江戸時代に差別されていた人々は、平民として位置づけられました。これにより法律・制度のうえでは、差別はなくなりました。
しかし、心の差別はなくなりませんでした。当時、同じ学校に通うことを拒否され、闘った事例をもとに学習しました。

・今日の授業で「差別」は人の人生をつぶしかねないひどい行動だと思いました。前までは、差別は人を悲しませる行動だと感じていましたが、今回の授業で感じ方が変わりました。今後の人生、いじめに関して、立ち向かおうと思いました。

・こういった差別が、今の悪口や仲間外れなどのいじめになったんだと思いました。僕も周りの目を気にせず、いじめに立ち向かっていきたいです。

・差別やいじめは、人の意思(心)がすることなので、怖いです。差別やいじめがないようにしたいです。

181116_141309181116_142356

富士通見学に行きました

・一番印象に残っているのは、富士通の会社の人達の思いです。説明の時に何度も「改善」という言葉を聞きました。それは、富士通の方が、使う人たちに安心して使ってほしいという思いと、使いやすいと思ってもらえるために毎日努力していることの表れだと思いました。

・工場の中が、ロボットだらけでびっくりしました。見たことのないロボットがたくさんあって、富士通はすごいところだと思いました。これからの生活で、富士通の製品を使うことがあったら、見学で学んだことを思い出し、丁寧に扱っていこうと思いました。

・大事だなと思ったことは、協調生産です。人ばかりだと丁寧ではあるけど間違いが多く時間がかかるし、機械ばかりだと時間は早いかもしれないけど、壊れたり止まったりしてしまうかもしれないから、大事だと思いました。

・一番心に残ったのは、ノートパソコンは1500個も部品を使っていて、しかもその中の1200個はプリント板にくっついていると知り、びっくりしました。とても速いスピードで、1秒に25個も部品を置くことができるロボットはとてもすごいなと思いました。

181119_112651181119_103049

1年生にとって初めての学習発表会

1年生にとっては、初めての学習発表会。前日の校内向け発表では、緊張のためかセリフの速いこと、速いこと!あっという間に終わってしまいました。しかし、それで終わる1年生ではありません。地域発表ではどんなところに気をつけて発表したいかを話し合い、最高の発表をおうちの方に見せたい!という気持ちで心を一つに頑張りました。
いよいよ地域発表会。前日の反省をもとに、セリフをゆっくり言う人が多く、本番でそれができることに感心しました。発表後、子どもたちに感想を聞いてみると「全力でやったよ」「いい発表ができてうれしい」「発表会が終わってさみしいけれど、来週から勉強を頑張る」などの声が聞かれ、うれしくなりました。122ひきのねこにかけて、本番の発表を122点!と黒板に書くと、大歓声があがりました。
この学習発表会を通して、みんなで作品を創りあげる喜びや、達成感を感じることができました。

181110_093001181110_092641

たくさん秋を見つけたよ

荒神谷史跡公園に秋見つけに出かけました。公園の中で、たくさんの木の実や色づいた葉っぱを見つけました。子どもたちは、何かを見つけるたびにまるでお宝を見つけたように大喜び。
拾うだけでなく、木の実がどのように木にくっついているのか、葉っぱの形がどうなっているのかを見ながらの秋見つけでした。
今度は、拾った木の実をリースの飾りに使ったり、秋のお店屋さんを開いたりします。

181024_102155181024_101023

連合音楽会

5年生の子どもたちが、学校の代表として参加し、多くの観客の前で大変立派な演奏をしました。

子どもたち一人一人にとって、大きな自信となりました。

次の目標は、学習発表会です。

181012_134049_01181012_133645

いもほりをしました!

5月に畑に植えたサツマイモの苗もすくすく大きくなり、立派なつるがうねいっぱいに育ちました。
「きょうのいもほりたのしみだね!」と満面の笑み。「きょうおいもたべられる?」と早く食べたい様子。みんなで育てたサツマイモの収穫を楽しみにしていたようです。
畑へ出かけ、まずは根を張った芋のつるを抜く仕事。力強く引っ張ってつるを抜きました。「うんとこしょ!どっこいしょ!」と、協力して抜きました。土を掘ってみると「あったー!いもー!」大喜びの子どもたち。イモが折れないように気を付けながら、土を手で掘って、顔より大きい特大イモからミニミニイモまですべて収穫しました。「何個とれたかな?」の問いかけに、「そうだ。10のまとまりをつくったらいいんじゃないかな。」10のまとまりを作って数えてみると、なんと69個!すご~い。

181005_115609181005_110721

給食試食会

朝から、お家の方と一緒に給食を食べることが楽しみで楽しみで、仕方ない様子。準備の前からまだかな、まだかなと何度も入り口付近を覗いている子も多かったです。横で声をかけてもらいながら給食を食べる子どもたちの嬉しそうな顔がとても印象的でした。お家の方に協力してもらいながらも完食できたことが、子どもたちにとって励みになりました。普段なかなか箸が進まない子もいつも以上に頑張っていました。

170812_123623.JPG

6色の光輝け!笑顔いっぱいの体育会

深夜まで降り続いていた雨も、明け方には曇りに変わり、あとは太陽が出るのを待つだけ。
22日、体育会の朝。校庭にたまったたくさんの雨水を2時間がかりで取り除き、体育会の開始時刻になんとか間に合いました。
「6色の光輝け!笑顔いっぱいの体育会」のスローガンのもと、各色優勝めざして走り、投げ、引っ張り、跳び、応援し、また係の仕事をがんばりました。

閉会式、子どもたち一人一人の顔は、満足感いっぱいの笑みに光り輝いていました。

180922_142116180922_135141

自分の身は自分で守る! 防犯教室

1~3年生と4~6年生に分かれ、防犯教室を行いました。

講師として、出雲警察署、町の安全指導員、スクールガードリーダー、子ども安全センターの方に来てもらいました。

安全、安心な町をつくるのは大人の責任ですが、いざというとき自分の命は自分で守る力を身につけておくことはとても大切なことです。

この日、松江市の病院で患者さんが刺されたという事件が発生しました。早速、防犯教室で教わったこと意識して、下校しました。

※この犯人は捕まったようです。

身を守る合言葉「いかのおすし」

〇 知らない人について「いか」ない。

〇 知らない人の車に「の」らない。

〇 助けて!と「お」おきなこえでさせぶ。

〇 こわいことがあったら「す」ぐにげる。

〇 どんなことがあったのか「し」らせる。

このほかに、ふだんから出会った人にはあいさつをすることで、町の人に覚えてもらったり、しっかりしている姿を見てもらったりすることが大切だということも教わりました。

180907_095723.JPG180907_101328.JPG

2018年12月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリ

ウェブページ