新生徒会長の選挙を実施 - 出雲市立第三中学校ブログ

11月11日(金)のブログで、第1回選挙管理委員会の開催について紹介しました。その後、15日(火)までに生徒会長に2名が立候補し、選挙戦が繰り広げられました。本校では生徒会長のみ選挙で選ばれます。副会長や議長等の他の役も会長と共に選挙で選出する学校もあります。

下の写真は登校時の昇降口前での活動です。この他にも、各教室を訪問してのアピールなど、積極的な選挙活動が17日(木)~24日(木)まで展開されました。

161210blog01.JPG 161210blog02.JPG

明けて25日(金)に、立会演説会が開催され、その後、投票となりました。左の写真が演説会の様子です。右は、選挙管理委員長が投票について説明しているところです。投票は各学級で行われました。

161210blog03.JPG 161210blog04.JPG

その他の役職についても、立候補を募り、会長を中心に選考していきます。会長を除く本部役員には、8つのポストに17人が、専門委員長等には18のポストに45人が立候補しました。2年生のみなぎるやる気を感じることができます。

これまで2回の選考会が開催され、もうじき新生徒会の体制が整います。実際の活動は3学期からとなります。

はーとふるウィークを実施

本校では毎学期、定期教育相談を実施しています。これが「はーとふるウィーク」です。目的は2つです。

①生徒が不安や悩みを克服し、より充実した学校生活を築くことができるよう適切な支援をする。

②いじめや不登校傾向、集団生活不適応等の早期発見に努める。

今学期は、期末テスト前で部活動が休止となる11月17日(木)~22日(火)に行いました。事前アンケートを行い、希望者や気になる生徒について教育相談を実施します。今回は、担任だけでなく、生徒が希望する教職員による個別相談もできるようにしました。

こういった相談活動を生徒が大切だと、あるいは必要だと思えるような、学級や学校の雰囲気づくり、生徒と教職員との人間関係づくりが大切だと考えています。信頼関係がないと、相談はできませんからね。

生徒会 人権集会を開催 - 出雲市立向陽中学校ブログ

本日は、生徒会本部役員の企画・運営で、「人権集会」を開きました。テーマは、「笑顔になるためには ~ チェンジ! 今変われるとき ~ 」。先般のPTA講演会での 望月翔太氏 の「トーク&ライヴ」の演題を流用したようです。

集会は、学年縦割り6人ずつで車座に座り、言われて嬉しかった言葉を出し合い、各班が発表するという形で行いました。

DSCF0084.JPG

発表を聞いた感想を生徒が発表し、最後に執行部の 田中晴都 さんが、まとめをしました。

私(石田)も、「言われて嬉しい言葉とは、相手のことを思いやって発せられた言葉です。相手の立場や思い、状況を察しながら、温かい言葉を使っていきましょう。」と言葉を添えました。

DSCF0081.JPG DSCF0089.JPG

 

DSCN8441.jpg IMG_2918.jpg
12月8日(木)10:30~11:30に「みんなともだちほかほか集会」を行いました。 仲間づくり委員会の司会進行で行いました。当日は朝山地区同和推進協議会の方々も来られました。
IMG_2923.jpg IMG_2087.jpg
初めに、絵本「わたしのせいじゃない」を全校でスクリーンで観ました。 続いて小グループに分かれて絵本の内容について話し合いました。
IMG_2085.jpg IMG_2926.jpg
低学年の児童も担任の先生と一生懸命考えました。 各グループの代表が話し合いの内容を発表しました。

今週は人権週間です。全校児童が人権について真剣に考え、話し合い考えを共有することができ、心の温まる素晴らしい集会になりました。

公開授業・人権研修会 - 出雲市立上津小学校ブログ

今日は人権に関しての公開授業がありました。全学級、友達や相手を大切にする学習を行いました。

授業後は人権研修会、社会福祉協議会から川上さん、春日さんに来ていただき、「仲間外れの無い地域づくり」をテーマにお話しやらグループ討議を行いました。保護者の方ばかりでなく、同推協の方、学校運営理事の方、たくさんの方に参加していただき、心地よい地域づくりをつくるにはどうしたらよいのか、それぞれの立場で学びました。

グループ討議はそれこそ3世代での「仲間外れのない地域をつくるにはどうすればいいのか」を真剣討議。川上さんも春日さんも研修会後言っておられましたが、世代を超えてこんなに真剣に話し合っていただき感動したと。

ほんとうに嬉しい一日となりました。

2812095.JPG2812094.JPG2812093.JPG2812091.JPG2812096.JPG2812092.JPG2812097.JPG2812098.JPG

7日(水)、音楽集会がありました。

今月の歌を歌ったり、クリスマスソングを楽しみながら歌ったりと全校児童で心温まる時間を過ごしました。

歌の好きな、体を動かすことの好きな乙立の子どもたちです。

冬休みも近づきました。寒さに負けずに元気に2学期が終了できますように。

161207_133217.jpg161207_135946.jpg

本校では部活動をはじめ各種表彰等について、全校生徒に知らせる報告会を、年間数回開催しています。

161209blog11.JPG 161209blog12.JPG

今回は、次の項目について報告がありました。(内容は省略します。)

野球部(新人県大会)/水泳部(新人戦)/体操部(出雲地区新人戦)/陸上部(ジュニアオリンピック・県駅伝)/卓球部(出雲地区)/剣道部(出雲地区新人戦)/男子バレーボール部(出雲地区)/合唱部(全日本合唱コンクール)/美術部(県中学生イラストコンテスト)/出雲市隣保館祭り人権標語/県中学校技術・家庭科作品展

様々なところで多くの生徒が活躍していることを全校生徒に伝えることができました。ひとつひとつの活躍を、学校全体で喜びたいと思います。

中学生の税についての習字で5名が表彰されました

出雲税務署長賞/出雲地区農政貯蓄組合連合会会長賞/出雲地区納税貯蓄組合連合会優秀賞(2名)/公益社団法人出雲法人会優秀賞

本校校長室で、出雲税務署の方による表彰式を行いました。

161209blog21.JPG 161209blog22.JPG

出雲市中学生議会開催 - 出雲市立第三中学校ブログ

去る11月18日(金)に出雲市議会議場において、出雲市中学生議会が今年も開催されました。

161209blog01.JPG 161209blog02.JPG

市内中学校の生徒会代表が長岡市長他、市の担当部長等に質問し、答弁を聞きました。本校からは「義務教育の充実」ということで不登校対策について質問しました。

学校とは「学習する喜び」を感じることができる場所との考えのもと、登校しにくい生徒が少人数学習ができる環境の整備、補充学習などもできICT機器の導入について提案し、教育長から現在の状況や今後の取組についてお答えいただきました。

その他にも、若者の流出を防ぐための街づくり、公園の整備、地元地域の商工・サービス業の振興・発展、出雲ブランドの情報発信、出雲市の防災ハザードマップなどについて質問や提案がありました。生徒が、地域のことをしっかりと考える良い機会となったと思います。

大会報告です

水泳部> 出雲市新人戦 11月13日(日)

全員が自己ベストを更新し、大会新記録モデル素晴らしい内容でした。

種目は略称で示しています ⇒ 自:自由形、平:平泳ぎ、背:背泳ぎ、バ:バタフライ、個:個人メドレー

男子 (メドレーリレーは3チーム参加しています)

第1位:50m自、100m自、50m背、200mメドレーリレー、200mフリーリレー(大会新)

第2位:100mバ、100m背、100m平、50mバ

第3位:50m自、100m平、50mバ、200mメドレーリレー、200mフリーリレー

第4位:50m自、200m個、100m自

第5位:50m平、50mバ、200mメドレーリレー

第6位:50m自、100m自、50m平、200mフリーリレー

女子

第1位:50m平

第2位:50m自

第3位:200mメドレーリレー

第6位:100m自

平成28年度第2号の理事会だよりを発行しました。

H28運営理事だより11月号.pdf

suda290403.JPG【地域学校運営理事会とは......】

荘原地区の各団体・機関等の代表の方に理事になっていただき、学校から説明する学校経営や学校教育活動の状況に対し、様々なご意見を述べていただく役割をもった組織です。

荘原小学校の教育について、地域の皆様の意見を反映させると共に、学校運営を「学校の応援団」として支えていただいている、学校にとって本当に心強い組織です。

本校の地域学校運営理事会は、合併に伴い平成25年7月に組織されました。

出雲市内の全ての幼稚園・小中学校に組織されている組織です。

DSCF5027.JPG DSCF5029.JPG DSCF5030.JPG DSCF5031.JPGDSCF5041.JPG DSCF5034.JPG DSCF5026.JPG DSCF5064.JPGDSCF5056.JPG DSCF5059.JPG

 12月8日(木)、「富士学び工房」代表の佐藤雅彰先生を招いて第2回目の授業研究会を行いました。佐藤先生には、6月8日(水)にもご来校いただきご指導受けたところです。
 今回公開した授業は3年の算数「分数」でした。前回同様、授業をビデオで撮影され、研究協議の場でビデオ試聴しながら具体的なアドバイスをしていただきました。子どもが学びに向かっていたのはなぜか、反対に学びに向かっていなかったのはなぜか、その背景についてアクティブ・ラーニングの視点に立って的確に解説いただきました。それが的中していたので目から鱗です。子どもたちの様々な学びの質や程度を瞬時に捉え、その時の子どもの背景にあるものを見取られる能力は、なかなかまねができないなあと改めて思ったところです。
 よりよい学習集団を形成していくためにも、先生からいつも学ばせていただいている「対話的な学び」「主体的な学び」が高まる授業づくりに教職員一丸となって取り組んでいきたいと思います。

校長室だより2016.12.02号です。

 今回のテーマは「何を「アクティブ」にしていけばよいのか~本年度の教育研究(国語・社会)の取組から~」です。

 今年度の研究重点教科である国語・社会に限らず、生活単元や算数、音楽の授業をそれぞれの部で計画・実施していただいています。

 その授業を参観し、研究協議に参加する中で感じたことをまとめました。

花咲く樹2016.12.01.pdf

【▼学習に向かう子ども達の様子から】

suda290399.JPGsuda290400.JPGsuda290401.JPGsuda290402.JPG