小5「流れる水のはたらき」

 長かった夏休みも終わり、だんだんと涼しくなってきました。

 さて、科学館では9月5日(月)から16日(金)にかけて、

小学5年生「流れる水のはたらき」について学習しました。

 まずは斐伊川を上空から観察。上流・中流・下流での川の様子について学習しました。

 次に、200kgの水を12人で頑張って持ち上げました。水って意外と重いんですね。

 1.jpgのサムネイル画像

 

 

 

 

 

 

 その水の重さが生み出す力を利用して、水力発電が行われていることを学習しました。

 続いて水の流れる速さと力の関係について。

 もっと速い水の流れになるとどうなるの? そこで登場したのがウォータージェット。

「すごい!」木の板をバラバラにし、植木鉢にも穴を開けるすさまじい水の力にみんな

びっくり。

2.jpg3.jpg 

 

 

 

 

  

少量の水でこれだけの力を生み出すのだから、大量の水が速く流れたら...。

もし洪水が身近で起きたら、通学路や近所はどのようになるだろうか?

安全に過ごすために私たちにできることは何なのか、自分のこととして考えることが大切

なんだな

と思いました。

 侵食・運搬・堆積の3つの言葉と意味、しっかり覚えていてね!

 2,3時間目は流水実験装置に川を作って実験しました。1学期に学習したインゲンマメ

の実験を参考に、条件を制御した実験をしました。理科ではとても大切なことです。

4.jpg5.jpg 

 

 

 

 

 

 結果は...。水の量を多くすると、流れる水の速さが速くなるぞ! 侵食もさかんになっ

ている! 新しい発見にみんな目を輝かせていました。

 次はカーブのある曲がった川について調べました。またまた楽しい砂遊び、いや川作り

タイム。カーブの内側と外側で、流れの速さにちがいがあるのかを予想し、いざ実験!

 ん、カーブの外側の方が速いぞ。ということは侵食も...。じゃあ内側は...。もう一度

実験してみると、カーブの外側は侵食が盛んで、内側は堆積が盛んなことがわかりまし

た。
6.jpg 

 

 

 


 

 最後に、斐伊川の写真を見て、実際の川に施されている堤防補強工事などの様子につい

て学習しました。

 次は「リカム科学教室」、そして中学3年生を対象に、「科学技術の発展」が始まりま

す。お楽しみに!

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ウェブページ

  • assets_c
  • 2013
  • 04
  • 05
  • 06
  • 07
  • 08
  • 09
  • 10
  • 11
  • 12
  • 2014
  • 01
  • 02
  • 03
  • 05
  • 06
  • 07
  • 08
  • 09
  • 10
  • 11
  • 12
  • 2015
  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
  • 06
  • 07
  • 08
  • 09
  • 10
  • 11
  • 12
  • 2016
  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
  • 06
  • 07
  • 08
  • 09