いずもオロチネット

 昨日(11/29)の5校時、出雲市教育委員会学力向上推進係教育指導員の方1名と、南中・稗原小より各1名の方に来校していただき、3年教室で算数の研究授業を行いました。授業が始まる前にちょっとしたゲームを行い、とても盛り上がりました。その勢いそのままに授業に突入し、1㎏=1000gの関係を理解する授業に取り組みました。児童は、大型ディスプレイに次々に出てくる、課題を解いたり、質問に答えたり、ペアで話し合いをしたりしながら理解をしていきました。最後に、タブレットを使って各自が問題を作り、出題された問題を解いては出題者に正解を確認しました。とても活気のある授業が展開されました。この授業の様子は、南中・稗原小にライブ配信し、各学校内でも見ていただきました。

IMG_6141.JPG IMG_6155.JPG

IMG_6165.JPG IMG_6167.JPG

IMG_6179.JPG IMG_6145.JPG

地域の方から心温まるメッセージをいただきました。「先日の朝のことです。強風のために、ある方の駐車場に置かれたビールケースのいくつかが道路沿いに散乱していました。通学途中の本校の生徒が、自転車を止めて片付けをしてくれて、朝から心温まる気持ちになりました。」とのメッセージがありました。本日全校で集まる機会があり、この話を生徒に紹介し、みんなで拍手をしました。その後、校長室で改めて善行を称えました。本生徒は生徒会役員です。また保護者さんは、以前本校に赴任したその年に担任をした生徒です。縁を感じました。

IMG_0274[1].JPG

- 出雲市立大津小学校ブログ

心地よい読書に時間 - 出雲市立窪田小学校ブログ

本校では図書館や本に親しむため、学校司書や司書教諭を中心に、校内でも様々な工夫をしています。図書の紹介コーナーや図書館内の整備、家族読書、「さくらんぼの会」のみなさんによる朝の読み聞かせ...などなど。

今日は、今年2回目の「セレクト読書」を行いました。「セレクト読書」とは、

①学校司書がテーマに沿った本を選書。表紙をコピーし、教室と本の題名のみを事前に告知。(当日教室に行くまで誰が読むのかはわからない)

②読み手は各教室で待機。時間になるまで何人児童が来るかわからない。

今回のテーマは『不思議』でした。私も読み手として参加させてもらいました。昨年は児童一人だけ。それはそれで感慨深いものがありましたが、今年は8人が来てくれました。8人ではありますが、私には80人くらいに感じました。緊張の中、なんとか自分なりに感情を込めて読めた気がします。なんか少し「快感!」

読書に親しむ心地よい時間を子どもたちと共有できたならうれしく思います。

DSC03239.JPG  DSC03245.JPG  DSC03238.JPG  DSC03241.JPG

5年・6年メディア学習 - 出雲市立遙堪小学校ブログ

 11月29日(火)、5年生と6年生がメディア学習を行いました。インターネット環境の整備・進展に伴い、子どもたちは様々な機器を使用しています。インターネットを介してのいじめや依存、トラブルなどの問題も多くなってきています。

 本校では、5年生と6年生がメディアとのつきあい方等について学ぶ機会をもつことにしています。保護者の皆さんにも呼びかけ、情報モラル等について子どもたちと共に学び、家庭でのルール作りに役立ててもらいたいと考えています。

 今日は講師として、「島根の子どもメディア研究会」の大岩睦子さんをお迎えし、電子メディアの長時間接触による健康被害とメディアとの上手なつきあい方(モラル・危険性、ルールづくり)について学びました。

 講演では、次のようなお話をしていただきました。「オンラインゲームは、解散時間を決めること。お家の人に必ず話しておくこと、お家の人も把握しておくこと。」「ゲームを長時間すると、ドーパミンが出過ぎて興奮状態になり、脳の前の方にある前頭前野の働きが休憩し、人の話が聞けなくなったり、イライラしたり、やる気が起きなくなったりすること。」「長時間のメディア接触で視力低下が起きたり、より目になったりすること。」「スマホの所有者は、お家の人なので夜には返すこと。」「ネット依存を防ぎ、脳の回復に大切な睡眠をしっかりとること。」「記憶や内臓のメンテナンスと睡眠には深い関係があるので、しっかり寝ること。寝る子は育つ。」など、話していただきました。

 最後に、『マイルールを作ろう』ということで、①午前6時30分には起床しよう。(体温を高くして免疫力をアップさせよう)②ゲームの時間を決めて自分でOFFにしよう。(自己コントロール能力をつけよう)③セロトニンファイブ「1.見つめる」「2.ほほえむ」「3.話しかける」「4.触れる」「5.ほめる」を家族や友だちと行い、互いに感謝とほめ言葉を伝え合い、自尊感情を高め、人間関係をよりよくしよう。等のアドバイスをしていただきました。

IMG_6968.JPG IMG_6969.JPG IMG_6973.JPG IMG_6975.JPG IMG_6981.JPG IMG_6985.JPG

3年生車いす体験 - 出雲市立遙堪小学校ブログ

 11月29日(火)、3年生が福祉学習で車いす体験を行いました。車いす体験を通して、車いすを使って生活されている人の思いに共感し、どのような関わりをすることが大切なのかを学習しました。

 子どもたちは、「車いすを動かしたり、向きを変えたりすることが難しかったです。」「車いすは楽しいものと思っていたけれど、車いすに乗っている人のやりにくさや大変さが分かりました。」「わずかな段差でも車いすは動かなくなることや段差のあるところを上がったり下りたりする時に怖いことが分かりました。」「声をかけながら相手の気持ちになって車いすを動かすことが大切だと思いました。」などの感想を話していました。

 社会福祉協議会の青木さんは、「車いすに乗っている人は、助けが欲しい時もあります。周りの手伝いをしてくれる人が大切になります。今日の経験をこれからの生活に生かしてください。」と話してくださいました。

IMG_6933.JPG IMG_6939.JPG IMG_6945.JPG IMG_6947.JPG IMG_6958.JPG IMG_6961.JPG

10月~11月にかけて低学年を対象にして特別支援教育の理解教育をしました。みんなの素敵な〇〇をたくさん見つけることができました。一人一人が自分の良さを発揮できるようにがんばることの大切さや受け入れる心を育てていきます。

DSC_0030.JPG DSC_0031.JPG
WIN_20221017_12_03_00_Pro.jpg WIN_20221017_12_16_47_Pro.jpg

研究授業の11月 - 出雲市立平田小学校ブログ

11月29日(火)

11月は、研究授業を続けています。

専門の先生をお招きし、助言を受けながら進めています。

〈6年1組〉同和問題学習

人権意識を高め、差別をなくす実践力を子ども達につけたいと、取り組んでいます。

教職員も、同和問題との出会い直しの気持ちで研修しました。

DSC06716.jpgDSC06721.jpgDSC06751.jpgDSC06760.jpg〈6年1組〉国語

「聴く」ことは思いやりをはぐくみ、学力向上の基となるものと考えています。学校の研究では「聞く・話す」に取り組んでいます。

DSC06695.jpgDSC06698.jpgDSC06699.jpgDSC06704.jpg

子ども達が和やかな雰囲気なのかで学習を進めていることをほめていただきました。

助言いただいたことを、毎日の授業につなげていきたいと思います。

3年生では、健康教育の一環として「いのちの学習」をしました。江田クリニックの院長先生を講師としてお迎えし、性感染症について学習しました。内容は性交、妊娠、避妊、性の発達の個人差、男女の関係のあり方について考えました。事例を交えて分かりやすく説明していただきました。

DSCN5005.JPG DSCN5004.JPG

先日、5年生の社会科研究授業を行いました。自動車工業の関連工場として荘原で自動車の部品を製造しているヒカワ精工を教材化した授業です。ヒカワ精工のそばに住んでいる子供もおりびっくりしていました。「組立工場としてなぜ遠いのにわざわざ荘原の工場で自動車の部品をつくっているのか」という「?」が生まれ、問いの解決に向けて学習しました。荘原に関連工場がある理由を知りたい、どうやって部品を作っているのか知りたいという意欲的に追究する姿がありました。5年会は、地域素材を生かしながら日本の工業を俯瞰的に考えるような興味深い単元開発ができました。

IMG_20221116_143307.jpg IMG_20221116_141920.jpg
IMG_20221116_144626.jpg IMG_20221116_144635.jpg