0127 放送決定!嗚呼懐かしき我が校歌!

本校体育館の西側の水田に、白鳥が約100羽飛来していました。餌を求めてでしょうか。刺激をしてはいけないと思い、遠くから眺めました。不思議なもので何だか心が落ち着きました。それが白鳥の魅力です。

さて、2月3日(木)15時20分頃にBSSラジオ「嗚呼懐かしき我が校歌」が放送されます。ぜひ、嗚呼素晴らしき斐川東中校歌をBSS「嗚呼懐かしき我が校歌」でお聴きください。私は2番のサビの部分が一番のお気に入りです。私に足りない部分が歌われているからでしょうか!?

DSC_1004.JPGDSC_1011.JPG

0126 THE手洗い!

昨日校内の消毒をしていました。女子トイレは女性の職員にお願いしています。職員が消毒後に手洗いをしていました。まるで手洗いの啓発映像を見ているかのような、まさにTHE手洗いでした。私も、手洗い・うがい・手指消毒を意識して行っていますが、もう少していねいにしなければと感じました。また職員から学びました。そして「学び」はまずは「真似び」であることも思い出しました。

IMG_0175[1].JPGIMG_0176[1].JPG

3年生は授業にひた向きに取り組んでいます。私立高校の受験が近づき緊張感が漂っています。3年1組の3学期の個人目標をふと見ると、写真の個人目標に目が行きました。3学期の始業式で私が話した内容のことが目標にしてありました。偶然かもしれませんが嬉しかったです。名前を見ると、以前(H3年)本校にはじめて勤務した時の3年5組の生徒のお子さんです。お母さんによく似ています。またまた30年前のことを思い出しました。何はともあれ3年生は目標に向かい頑張っています。

※個人目標は拡大できます。

IMG_0178[1].JPGIMG_0166[1].JPGIMG_0167[1].JPGIMG_0169[1].JPGIMG_0171[1].JPGIMG_0174[1].JPGIMG_0177[1].JPG

0124 凛!まさに最上級生!

昨日より3年生のみの登校です。短時間ですが正門前で生徒を出迎えました。きちんとした態度で、そして大きな声であいさつをする生徒が何人もいました。中には、立ち止まって深々とあいさつをする生徒も...。

そして職員室へ戻ると3年生の生徒会役員が入室してきました。大きな声で「失礼します。国旗・校旗を取りに来ました。失礼しました。」と...。生徒会は新体制になりました。国旗・校旗の掲揚は、新生徒会の役割ですが、臨時休校で1・2年生は不在です。それを察した3年生の自主的な行動です。まさに素晴らしいの一言です。

先日は1年生の掃除態度に初々しさを感じましたが、3年生はさすがです。凛を感じました。そして、私も気づく人にならねばと感じました。※正面登校路の植栽のところどころに椿の花が咲いています。寂しさを感じる心を明るく照らしてくれています。

IMG_0168[1].JPGIMG_0156[1].JPGIMG_0161[1].JPGIMG_0164[1].JPG

0121 初々しい!!

本校の掃除は縦割りですが、感染症対策として学年間の交流を制限し、学年別としました。1階は1年生です。校長室や昇降口は1年生の担当です。張り切って掃除をしています。隅々まで時間一杯してくれます。まだまだあどけなさが残り、初々しいです。気持ちが明るくなります。

そして昨日から掃除の音楽が校歌になりました。これまた新鮮な気持ちにしてくれます。素晴らしい歌詞とメロディーを繰り返し聞くうちに背筋が伸びます。昨日と今日の掃除は、初々しい気持ちでできました。来週から1、2年生は臨時休校です。校長室掃除を一人で頑張ります。

IMG_0149[1].JPGIMG_0150[1].JPGIMG_0151[1].JPGIMG_0152[1].JPG

0121 よい朝を迎えよう!

始業式の式辞で「よい朝を迎えよう」と題して、睡眠時間の大切さについて話をしました。その話を深めた内容のメッセージが昇降口に置かれています。保健体育委員会の手づくりです。インパクトが強くつい見入ってしまいます。保健体育委員会ナイスです。

規則正しい生活をし、そして睡眠時間を確保して免疫力を高め、この厳しい時期を乗り越えてたいものです。

※写真は拡大できます。

IMG_0154[1].JPGIMG_0155[1].JPG

0121 大寒の中、心にホッカイロ!

先日、我が家の庭を見ると、紅梅の老木に花が咲いていました。例年より早いように感じますが...。暦の上では、1年で一番寒い大寒ですが、紅梅の花を見ながら、冬そしてコロナが早く過ぎ去ってくれるようにと思いを花に祈りました。 

 さて、2年生の新ボランティア委員長が2年生の新生徒会長の優しい行動に感激し、その思いを私に伝えにきてくれました。時は大寒、1年で最も寒い時期を迎えました。この話を読むと、きっと心も体もホッカイロです。

 昨年の12月中頃、冬休みに入る少し前のことです。その日はとても風が強く、学校へ行くのも一苦労でした。学校での授業を終え、自転車で家路に向かう途中までは、「わぁい、追い風だ!」と、バイク並みの速さで走っていたのですが、左折しようと自転車の向きを変えた瞬間、風にあおられて自転車ごと倒れてしまいました。近くには深い溝がありました。幸いにも落ちることもなく「けががなくて良かった・・・。」と安堵し、自転車を起こそうと立ち上がったところ、またもや強風のため立ち上がれなくなってしまいました。どうすることもできずうずくまっていると、「大丈夫!」と声をかけられました。顔を上げると新生徒会長Sさんの姿がありました。Sさんは、帰り道でうずくまっている私を心配して、駆けつけてくれました。その後私が立ち上がり、けがのないことを確認したSさんは、「気をつけてね!」と言って去って行きました。たった数分の出来事でしたが、不安と心配で一杯の私にとっては、とても嬉しかったです。その出来事があってから数日後、Sさんに会いました。Sさんは笑顔で「気をつけて帰ってね!」と言ってくれました。そして、次のような気持ちが沸きあがってきました。Sさんは本当に生徒会長にふさわしい人だと・・・。※本内容は、本日発行の学校便り11号に掲載しています。

IMG_0115[1].JPGIMG_0124[1].JPG

0120 1階に響き渡るさわやかな声!

新生徒会がスタートしました。新生徒会長を中心に動き出しました。活発です。先輩が築いた伝統を感じます。生活委員を中心に、毎朝昇降口前であいさつ運動をしています。委員長と副委員長のさわやか声が1階中に響いています。8時10分職員朝礼が始まりました。もちろん職員室入り口は締まっていますが、二人の声が聞こえてきました。さわやかで嬉しい気持ちになります。1年間よろしくお願いします。

IMG_0122[1].JPG

0117 ローテーションで行う道徳科の授業!

令和元年度から道徳の授業が「特別の教科道徳」としてはじまりました。あわせて評価も行います。完全実施から本年度は3年目となりました。今日は2年生が3時間目に各クラスで授業をしていました。題材はぞれぞれ違います。担任がローテーションをしています。今日は1組の授業を2組の担任、2組の授業を1組の担任、3組は3組の担任で行っていました。担任は学年すべての生徒理解に繋がり、生徒は指導者が違うことで多様な価値観に触れることができます。

研究主任を中心に組織的行っています。

IMG_0109[1].JPGIMG_0105[1].JPGIMG_0107[1].JPGIMG_0108[1].JPG

0114「SDGs」の第一人者で、SDGs17のGOALSの策定にも関わられた島根大学大学院教育学研究科教授松本一郎先生をお招きして、学年別に3時間連続で出前授業をしていただきました。SDGsは国際連合が2030年までに実現をめざす「未来のカタチ」で、私たちが本気で解決しなければならない課題です。

話は前後しますが、昨年12月23日、日本の民間人として初めて国際宇宙ステーションに滞在する宇宙旅行を終えた実業家の前澤友作さんが、地球に戻った後としては初めてとなる記者会見を開き、地球を大事にしようと思った。今後はごみをしっかり分別したい。と語ったことばがとても印象深く、SDGsの実現に意を強くしていたところ、松本先生の出前授業を本校で開催することになり生徒とともにワクワクしながら授業を受けました。

松本先生からは、「授業を受ける生徒たちの姿勢やまなざしや反応が素晴らしく、気持ちが熱くなりました。楽しく授業ができました。」との大変うれしいコメントいただきました。そう言えば、2コマ目の2年生の授業は、上着を脱いでおられました。

授業の中では、17GOALSの順番は野球のオーダーと同じある。1「貧困をなくそう」・2「飢餓をゼロに」・3「すべてに人に健康と福祉」を実現するためには、4番バッターである「質の高い教育をみんなに」が重要であると力説されました。1~4が実現されると、5以降も改善され、最後は戦争や紛争のない平和な地球を実現できることになるとお話をされました。なるほどと感銘を受けました。

話はつきませんが、今後のすべての教育活動にSDGsの精神を基盤に取り組んでいきます。※プラスチックごみを減らし資源循環を促す新法が4月1日に施行されます。コンビニや飲食店、ホテル、クリーニング店などに対し、使い捨てプラ製品の使用削減を義務化されます。

IMG_0089[1].JPGIMG_0091[1].JPGIMG_0093[1].JPGIMG_0094[1].JPGIMG_0095[1].JPGIMG_0097[1].JPG

2022年1月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリ