0122 有言実行!

新生徒会長が公約実現のために動き出しました。公約の一つに、本校生徒の学力の向上があります。昨日と本日、昼の放送で、全校計算力テストと1・2年生の習熟度テストへの呼びかけを行いました。生徒一人一人の気持ちに寄り添い、やる気が沸き上がるような内容でした。まさに有言実行です。書き初めの天真爛漫は生徒会長の書です。大胆で引き付けられる文字です。そして、天真爛漫というチョイスにも唸りました。よきリーダの出現にワクワクです。私も負けられません!

IMG_0196[1].JPGIMG_0140[1].JPG

0122 微笑ましい先輩と後輩!

校長室掃除の二人は部活動の先輩後輩、そして新旧キャプテンです。掃除の手際の良さはもちろんのこと、先輩後輩のよりよいけじめをつけながら、お互い優しい笑顔で助け合いながら掃除をする姿に心が洗われます。校長室も心もきれいになります。いつもありがとう!

IMG_0198[1].JPG

0122 学級委員任命式!

昨日学級委員の任命式を行いました。1・2学期は放送でしたが、寒さと感染症対策を行いながら体育館で終礼前に行いました。はじめに呼名されたのは1年1組の男子です。一番最初で緊張感一杯でしたが、歯切れのよい清々しい大きな声で"はい"の返事ができました。立派でした。任命書は代表で3年生女子に渡しました。彼女の書いた力強い書き初め「平和な世界」を紹介しました。感染症が克服され、平和な世界が早く来るように全員で願いました。最後の写真は、素晴らしい返事をした1年1組男子の授業風景です。

IMG_0185[1].JPGIMG_0157[1].JPGIMG_0189[1].JPG

0120 身の引き締まる思い2!書き初め!

本校では、昨日から書き初めが各クラスで掲示されています。字には人の想いが込められていて、心を打ちます。各クラスをまわってみました。私も心を打たれました。美しい文字、大胆な文字、繊細な文字、想いの溢れんばかりの文字(3年担任の書き初めです。どれでしょう?)、その人となりがわかる文字等さまざまです。心が洗われて、身の引き締まる思いです。

きょうは"身の引き締まる思い"の連続でした。今晩体重計が楽しみです!?

IMG_0157.JPGIMG_0139.JPGIMG_0138.JPGIMG_0140.JPG

今日の昼休み、校長室へ二人の生徒がやってきました。

一人目は3年生です。昨日の公立高校推薦入試を終えての終了報告と推薦へのお礼の報告でした。このような報告は今までに経験したことがなかったので、驚くと共にそれだけの強い想いをもって受験したことを知り、頼もしさを感じました。志望校にぜひ合格し、勉強と部活動の両立をしたいと力強く語ってくれました。彼の行動から、"お陰様"ということばが浮かびました。私の今があるのも、目の前の生徒を含めて皆さんのお陰です。感謝です。

二人目は2年生新生徒会長です。選挙演説の公約実現のために相談をしたいとやってきました。内容は、学校全体の学力向上のために、定期テスト前に朝勉強の時間を確保、放課後質問のための学習会を開催してほしいとのことでした。とかく公約倒れになりやすいですが、就任早々のスピード感溢れる対応にやる気を感じます。生徒会のさらなる充実に向けて、生徒たちとしっかりと話し合いながら支えていかなければと意を強く持ちました。

大寒の青空、生徒から教えられ身の引き締まる思いです。

IMG_0148.JPG

IMG_0150.JPG

0119  感動!生徒会スローガンが座右の銘に! 

嬉しい便りが届きましたので紹介します。

0114山陰中央新報に"こだま"欄の記事を一部紹介します。松江市にお住まいの方の投稿です。「輝笑転結」。私の本年の座右の銘です。これは昨年9月、週刊さんいん学聞に記載された斐川東中学校生徒会のスローガンです。生徒さんの活動を知った時「輝笑転結は私の座右の銘」と誓いました...。

本校生徒会の取り組みが、人の心に届き、ましてや座右の銘にしていただいことにこの上ない喜びを感じます。また、投稿してくださった方より、ご丁寧にお手紙までいただき感謝の思いで一杯です。昨日、記事とお手紙を各学級で紹介しました。

生徒会役員は一同に、自分たちの取り組みをこんな形で評価していただき、嬉しさを通り越して、驚きであったようです。そして、自己肯定感・自尊感情が高まったようです。

※このことを知るきっかけとなったのは、3年生の生徒がこだま欄を読み、生活ノートに感想を書いてくれたのがはじまりです。ありがとうございます。その生徒の感想も掲載します。しっかりとした字です。本ブログ1026社会を明るくする運動「つなげよう 十人十色 輝く個性」の作者です。

IMG_0120.JPGIMG_0121.JPG

IMG_0135.JPGIMG_0134.JPG

0118 本物のふるまい!

一昨日と昨日、はじめての大学入学共通テストが実施されました。中学生も高校生も入試モードに入ってきました。コロナ禍の中、受験する側受け入れ側ともに、感染に細心の注意を払いながらの受験です。中学校も、先週から今週にかけて、公立・高専・私学の推薦入試です。生徒は、義務教育9年間の総決算として、全身全霊で試験に臨みます。

さて、昨日夕方スーパーで買い物をしていると、私服の中学生と目が合いました。(お互いマスク姿です)ひょっとして、本校の生徒かと思いきや、生徒の方から、笑顔で「こんにちは!」と爽やかなあいさつ、そして家族の方に、しっかりとした態度で「校長先生だよ。」と紹介してくれました。そして、店を出てから駐車場でまた出会いました。さわやかな笑顔で「さようなら。」のあいさつをしてくれました。学校でもいつも爽やかなあいさつのできる素晴らしい生徒です。学校生活と変わりのない様子に感激しました。一緒に買い物をしていた妻が、「しっかりとした、すてきな生徒だね。あれだけしっかりと話ができるなら高校入試の面接も間違いないね。」と...。まさにその通りです。

自分に振り返り、私も同様に、学校以外の私的な場面で偶然出会った時に、きちんとしたふるまいができるようにと自省しました。"ほんもののふるまい"ができた本校生徒から学ぶことができました。いよいよ入試です。我が家の"うカールおじさん"と"勝利を念じて"と一緒に、生徒の合格を祈るばかりです。いよいよ本番モード!頑張れ3年生!

※写真のクラスは紹介した生徒が在籍しているクラスです。

IMG_0114.JPGIMG_0109.JPGIMG_0115.JPG

0116 学校の象徴!感謝の気持ちで一杯です!

学校の象徴と言えば、校舎・校旗・校歌・校訓・学校教育目標...そして庭園です。今まで多くの学校に勤務しましたが、広さそして趣は今まででNO1です。本日学校へ来てみると、悪天候の中、剪定をしていただいていました。心よりお礼を申しあげます。ありがとうございました。

以前から、ある松の木に、葉枯れが多く見られ心配していました。「松の葉の枯れ具合を心配しています。松食い虫ではないでしょうか。」とお聞きすると、「病気にかかっていますが、松食い虫ではないです。治ります。松はもともと亜寒帯系の樹木で、温暖化により病気に罹りやすくなっています。」とのことでした。安心するとともに、確かに亜寒帯のタイガに象徴されるように、寒い地域の樹木です。松の木が大丈夫であることに安心するとともに、今までの知識の整理ができました。話すことは大切であることを学ぶことのできた1日でもありました。

IMG_0096.JPGIMG_0095.JPG

0115 ナッジ理論!!小さなきっかけ!

ナッジ理論!!はじめて聞いたとき、浅学の私はさてはて!本校にもスクールカウンセラーさんに毎月3日程度勤務していただいています。毎月「スクールカウンセラー便り」を発行されます。「なるほど、そうなのか」と、いままでにこびりついた古い感覚をアップデイトすることができています。その中で「ナッジ理論」の記事を紹介します。

「this is just the NUDGE」

写真を見てほしい。とある中学校の廊下である。「右側通行を心がけましょう」と書かれた紙が、天井から吊るされている。この仕掛けを思いついた人は、天才と言わざるを得ない。2017年にノーベル経済学賞を受賞したリチャード・セイラ―は、「ナッジ理論」を提唱した1人だ。「ナッジ理論」とは、小さなきっかけを与えることで人々の行動を変えること。ナッジを一躍有名にしたのは、オランダの空港内にある男性トイレの、小便器に描かれたハエのマークだ。男性トイレを普段利用しない人にはわかりにくいが。。。もう1度、写真を見てほしい。これはまさしくナッジだ。この紙は、言葉ではなく、視覚的に、かつ、感覚的に、私たちに働きかけてくる。壁に貼られているのではなく、廊下の真ん中にぶら下がっているのが肝だ。目に入らないわけにはいかないし、目に入ったら最後、自然と足が右側へ吸い寄せられていく。この仕掛けを思いついた人は、ノーベル賞もの、天才と言わざるを得ない。

※昨年末からの生徒会の取組です。私自身も、目に入ったら最後、自然と足が右側へ吸い寄せられていきます。他のことにも活用できそうです。頭の中で、想像の真っ最中です。これからも「スクールカウンセラー便り」の内容を紹介します。学べますよ!!右の写真スクールカウンセラーさんです。

IMG_0083.JPG牛.jpg

0114 温故知新~ヒロシです!

生徒の書き初めが楽しみです。本校は19日に教室掲示です。私の好きなお題は、不断の努力、最善を尽くす、温故知新です。温故知新は論語にあります。3年生は、2学期に国語で論語を学び、好きなことばをもとに論語三角柱(写真)をつくりました。作成した生徒に感想を聞きました。「温故知新ということばは聞いたことがあったけれど、学習を通して意味を知ることができました。また、道徳で学習したことと繋がりました。」とのことでした。PDFで詳しくはご覧ください。温故知新.pdf

さて、年末テレビで、お笑い芸人、いやソロキャンパーとして活躍中のヒロシさんが、昔からの言い伝えである「初めちょろちょろ、中ぱっぱ、赤子泣いてもふた取るな」でご飯を炊いていたそうです。経験を積み重ねる中で、「初めぱっぱ、中ちょろちょろ、赤子泣いたらふたを取る(途中で何度か蓋をとる)」方がおいしく炊けることがわかったそうです。これこそ正に温故知新です。先人の教えをもとに、アップデートをすることの大切さを学ぶ機会になりました。ヒロシです!

IMG_0065.JPGIMG_0062.JPG

2021年1月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリ