10月10日は何の日?

10月10日は何の日?と聞けば、以前は、「体育の日」とすぐに答えが返ってきましたが、今は体育の日は10月の第二月曜日になりました。

皆さんご存知でしょうか。10月10日は目の愛護デーです。これは、10.10を横にすると、人の顔の目と眉に見えるからだそうです。「なるほど!」ですね。保健室前の掲示板に下のような掲示がされました。クイズ形式になっていて、生徒たちが興味を持ってみるように工夫してあります。養護教諭のアイディアです。

IMG_7145.JPG

新人戦 熱い戦いをしました

IMG_7101.JPGIMG_7130.JPGIMG_6925.JPGIMG_6909.JPGIMG_6951.JPGIMG_6937.JPGIMGP5665.JPGIMGP5675.JPGIMG_7075.JPGIMG_7084.JPGIMG_7026.JPGIMG_7052.JPGIMG_7058.JPGIMG_7028.JPGIMG_7037.JPGIMG_6993.JPGIMG_6994.JPG

8日から出雲市新人戦が行われました。

三中の成績をまとめました。写真と合わせてご覧ください。

【サッカー部】

予選リーグ

出雲三2-0平田中、出雲三2-0斐川東

順位決定リーグ

出雲三2-1斐川西、出雲三2-1出雲一  《優勝》

【男子バレー部】

出雲三2-1斐川西  《優勝》

【女子バレー部】

1日目 予選リーグ

出雲三2-1河南中、出雲三0-2斐川西

2日目 予選トーナメント出雲三0-2多伎中

【剣道】

〈男子団体〉

2回戦 平田中、準決勝 斐川西に快勝、決勝 出雲三1-3大社中 〈2位〉

〈女子団体〉

出雲三1-3平田中、出雲三0-3大社中  予選リーグ敗退

〈男子個人〉 

《優勝》 嘉田皓翔3位 大谷遥輝、ベスト8 矢野一輝、山﨑健太

〈女子個人〉

3位 栂野可帆、ベスト8 横田梨音

【女子バスケット】

出雲三70-53河南中、出雲三104-14平田中 予選リーグ1位

決勝リーグ 出雲三30-66出雲一、出雲三66-38斐川西 1勝1敗 〈2位〉 ※出雲地区大会へ

【男子バスケット】

出雲三50-73湖陵中、出雲三96-47出雲一 予選リーグ3位

順位決定リーグ 出雲三50-84湖陵中、出雲三57-61北陵中 2敗 5位

【野球部】

出雲三1-4浜山中

【卓球】

〈女子団体〉

3勝1敗 〈2位〉

〈女子個人シングルス〉

ベスト8 北野日菜乃、9位 長岡彩希  ※出雲地区大会へ

〈女子個人ダブルス〉

荒木穂乃佳・糸原優子ペア 予選リーグ3勝 1位 決勝リーグ進出 

決勝リーグ3勝 《優勝》  ※出雲地区大会へ

【ソフトテニス】

〈女子団体〉

5勝1敗 〈2位〉 ※出雲地区大会へ

〈男子団体〉

6敗 7位

【男女テニス個人】

女子 〈2位〉 周藤布生子・古山琴冨

男子  14位  野津祐哉・西川 颯  ※両ペア出雲地区大会へ

新チーム、それぞれこれからに向けて課題はありますが、どの部も今後に向けて、期待の持てる結果でした。引き続き頑張ります。

保護者・地域の皆様の声援ありがとうございました。

読書の秋です

スポーツの秋、食欲の秋、芸術の秋、・・・秋という季節は、いろいろなことに取り組むのに適したいい季節です。その中に、読書の秋というのもあります。先日、県読書感想文コンクール出雲市審査会が行われ、本校からもたくさんの生徒が選ばれました。最優秀賞2名、優秀賞11名、優良賞12名でした。その中で、最優秀賞に選ばれた二人の作品を簡単に紹介します。

2年生 中島詢介さん、題名:「一〇五度の関係」(書名:一〇五度)中島さんに聞くと、「お母さんに勧められて、読み始めた。椅子の角度は105度がちょうどいいという話から、人と人の関係も105度の関係がいいという内容で、面白かったです。」ということでした。私はまだ読んでいませんが、中島さんの話を聞いただけで、興味を引かれ、ぜひ読んでみたくなりました。

3年生 栗原陸駆さん、題名:「原爆の必要性」(書名:ある晴れた夏の朝)栗原さんは、「物語の前半は、アメリカの高校生が原爆についての是非を、否定派と肯定派に分かれてディベートします。物事を一方から見ると否定するが、もう一方から見ると肯定する側にも理由がある。お母さんに勧められて呼んだが、面白かった。」ということでした。この本は、私も今読んでいますが、確かに面白いし、読みやすい本です。二人に共通することは、「お母さんに勧められて」というところでした。

秋の夜長、時にはゆっくりと本に浸ってみるのはいかがですか。

  〈本を手にする最優秀賞受賞の二人〉

IMG_6888.JPG

高浜人権フェスティバル

6日(日)、「第4回高浜人権フェスティバル」が高浜小学校で開催されました。三中からも人権に関する資料展示を行いました。人権ポスター・標語、各学年の取組を紹介しました。参加された方に興味をもって見ていただきました。また、今回のテーマは「高齢者と人権~高齢者が自分らしく生き生きと暮らせる高浜~」でしたが、パネルディスカッションの中で、本校PTA副会長の福島隆志さんが、ご自身の体験をもとに発表されました。

誰もが行く道である高齢者について、人権の視点で学べるフェスティバルでした。

IMG_6868.jpg IMG_6871.jpgIMG_6864.jpg IMG_6875.jpg

充実した時間 第2回地域学校運営理事会 でした

4日、第2回目の地域学校運営理事会を開きました。

今回は、給食試食会、授業の様子を観てもらう、協議、生徒たちとの懇談会、とメニュー盛りだくさんで行いました。出席していただいた理事の皆さんからは、たくさんの意見や感想をいただきました。その中には、三中の取組や生徒たちの頑張りに対するお褒めの言葉もいただきました。また、生徒たちとの懇談会では、学校と地域とが双方向で良い取組をし合うということが大事だということを確認できました。生徒たちは、自分の言葉で自分たちが具体的に取り組んでいることや、三中のPRを述べていました。地域の方からは、安心安全の面で、特に下校時の安全について、注意を促す意見をいただきました。生徒会や、学校の指導部が中心となって、これについては、全校生徒に発信していきます。

あっという間に時間が過ぎた、充実した地域学校運営理事会でした。

IMG_6798.jpg IMG_6810.jpgIMG_6815.jpg IMG_6828.jpgIMG_6833.jpg IMG_6838.jpg

市新人戦 陸上競技

出雲市新人戦のスタートをきって、10月2日、陸上競技が浜山陸上競技場で行われました。新人戦は、新チームになって初めての大きな大会です。精一杯競技して、そして、その結果を受けとめて、それぞれの選手が、これからに向けての課題を見つけることが、大きな目的の一つです。仲間からの声援を受けて、選手たちは頑張りました。そして、応援リーダーを中心に応援も頑張っていました。なお、男女総合3位という結果でした。

IMG_6744.jpg IMG_6782.jpgIMG_6793.jpg IMG_6787.jpg

少年の主張県大会

9月26日、「第48回少年の主張島根県大会」が大田市で開催されました。本校3年の神谷亜季(かみたに あき)さんが出雲市を代表して出場しました。和実祭の準備の真っただ中で、それと両立させることは大変だったと思いますが、弱音を吐かずにやり通しました。「国境を超える想い」という演題で市の大会同様、聴衆に対して精一杯自分の考えを発表しました。

その結果、『青少年育成島根県民会議会長賞』を受賞しました。おめでとうございます。

IMG_6736.JPGのサムネイル画像

和実祭 パート3

最後の和実祭パート3は、8色の応援合戦と開閉会式・振り返りの様子です。三中生徒が燃えて、思い出に残る和実祭となりました。

【応援合戦】

IMG_6499.JPGのサムネイル画像IMG_6604.JPGのサムネイル画像IMG_6585.JPGIMG_6524.JPGIMG_6567.JPGIMG_6538.JPGIMG_6532.JPGIMG_6562.JPG

【開閉会式・振り返り】

IMG_6385.JPGのサムネイル画像IMG_6673.JPGのサムネイル画像IMG_6682.JPGのサムネイル画像IMG_6684.JPGのサムネイル画像

和実祭 パート2

上段から入場行進、競技の様子、3年生記念写真(最後の1枚は3年部教員の意気込みを表した写真です)です。

パート3では応援合戦、開閉会式・振り返りの様子をお伝えします。

【入場行進】

IMG_6380.jpgIMG_6374.jpgIMG_6370.jpgIMG_6363.jpg

【競技の様子】

IMG_6426.JPGIMG_6636.JPGIMG_6639.JPGIMG_6656.JPG

【3年生・3年部教員記念写真】

IMG_6431.JPGIMG_6443.JPGIMG_6456.JPGIMG_6608.JPG

市科学作品展(グランプリ)

夏休みに市内生徒たちが頑張って取り組んだ科学作品の優秀作品(小学校246点、中学校102点)が、28日まで出雲科学館に展示されていました。本校も1年生15人、2年生1人の作品が展示されていました。どれも、その豊かな感性や発想にうならせられる作品でした。何よりも出品する努力が立派です。ぜひ来年度以降も多くの生徒が研究に意欲を燃やしてほしいと思います。

その中で、2年生片岡嵩皓(かたおか たかひろ)さんが、出雲科学館長賞を受賞しました。片岡さんは、小学校1年生から8年にわたってカタツムリを中心に継続して研究を進めています。今年の研究テーマは、「カタツムリが殻をきれいにするわけ」でした。未だ研究者の間でも解明されていないことに挑みました。28日、出雲科学館で表彰式が行われ、片岡さんはその場で自分の作品についてスライドを使って、聴く人にわかりやすく説明しました。

下に、当日の様子の写真を紹介します。

IMG_6708.jpg IMG_6709.jpg

IMG_6716.jpg IMG_6705.jpg

2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリ

  • カテゴリを追加

ウェブページ

  • assets_c
  • 2015
  • 05
  • 06
  • 07
  • 08
  • 09
  • 10
  • 11
  • 12
  • 2016
  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
  • 06
  • 07
  • 08
  • 09