6.04 市総体<サッカー部>

サッカー.JPG 4日(火)、浜山公園陸上競技場に二中イレブンが姿を見せた。対戦相手は優勝候補の第三中学校である。三中は個人技とともに攻めあがる破壊力が持ち味で、二中イレブンにとっては強敵、先取点を与えない粘りのサッカーが求められた。
 試合は、攻める三中に対して迎え撃つ二中の攻防で始まった。前半終盤に先取点を奪われ、前半を0対1で折り返した。サッカー競技はトーナメント戦であり、ここで負ければ次はない。後半は点を取りに行くしかない。二中イレブンは三中の堅い守りをこじ開けようと懸命に走りパスをつないだ。しかし、攻めるにはそれなりのリスクをともなう。カウンターをくらって失点を許す。後半の3失点は、勝利への執念とも言える。敗戦ではあったが、精一杯の頑張りとこれまでの練習の成果を見せてくれた。
【結果】 出雲二中 0 対 4 出雲三中             
【コメント】 顧問:村上先生
 これまでの彼らの歩みを振り返ってみた。
 2018.10月,新チームとなって初めての公式試合,新人戦。結果は「出雲地区大会出場」を逃す結果となった。これが現実と認めざるを得なかった。「技能・運動量・ファイティングスピリッツ」,総てにおいて戦う以前の問題のように思えた。
 ある日の練習時,走ることもせずボールを蹴って楽しんでいる様子に愕然とした。次の日,ミーテイングを開いた。テーマは「このままでいいのか?」。キャプテンを中心に「約束と目標」について話合った。

【約束】
「①挨拶・返 事 ②全員で準備・片付け ③走り終わるまでボールは蹴らない」
【目標】
「①全員で考えて動く ②応援されるチーム ③県総体出場。」

 新3年となった彼らは変わった。チームで一生懸命練習するようになった。
 5月遠征でBest4,県リーグ戦でも勝利することが増えた。そして,「出雲市総体」を迎えた。結果は上記の通りである。負けはしたが彼らのこれまでの歩みを誇りに思うことができた。彼らは,サッカーを通して,確かに成長を遂げたのだから。

6.09 県合唱祭

DSC_0430.JPG 6月9日(日)、大社うらら館を会場に県合唱祭が開催された。本校合唱部のステージは5番目である。部員は1年生13人、2年生12人、3年生4人の合計29人で、最上級生の4人が牽引する。厳しさの中にも笑顔が絶えない活動風景が自慢である。今回は1年生にとって初ステージとあって、いつも以上の緊張感が見られた。

 合唱曲は「君の隣にいたいから」と「青いベンチ」の2曲である。曲の入りは、緊張感からか抑え気味で少し硬さが感じられた。しかし、曲が進むにつれて女声を中心とした合唱の伸びやかなハーモニーが心地よく会場を包み込んだ。

 各校は今回の合唱祭を前哨戦として、本命の8月8日(木)のNHK全国学校音楽コンクール県大会(大田市民会館)と8月18日(日)の県合唱コンクール(プラバホール)に向かう。本校合唱部の頑張りに期待したい。私を魅了した前哨戦は合格点である。これからの修正・改善が勝敗を分ける。「がんばれ!!」

【コメント】 顧問:恩田先生

 6月9日に大社のうらら館で行われた島根県合唱祭に、合唱部が参加しました。1年生にとっては初のステージとなり、緊張していたと思いますが、練習の成果を出し切りいい演奏ができました。次は7月28日の合唱の集いがコンクール前のステージとなります。レベルアップした演奏が披露できるよう、精一杯練習に取り組みたいと思います。

6.15 通信陸上

 DSC_0391.JPGこの時期には少し肌寒く小雨模様の朝を迎えた。今日は通信陸上大会が浜山運動公園で開催される。男女の400mリレーにおいては、全国中学校陸上選手権大会の出場権をかけたレースである。チーム二中は、今年度の男子400mリレーの島根県ランキングは1位、現時点では全国に一番近い位置にいる。しかし、リレーは各走者のタイムの足し算とバトンの受け渡しの妙技が勝敗を決める。レースは1本勝負、緊張感は生半可なものではない。
 予選は37チーム(5組)がエントリーし、各組1位+(2位以下タイム順3位)が決勝に進出する。予選は強豪チームが順当に勝ち上がった。チーム二中も危なげなく決勝進出を決めた。
 午後2時40分、緊張感が高まった。いよいよ男子400mリレーの決勝レースである。静まり返った競技場にピストルの音が響き、第一走者が飛び出す、あっという間に第二走者、第三走者へとバトンが渡る、順調である。最後のバトンパス、1位か2位か、かなり競った状況、そして胸50cmほどのリードでフィニッシュ。45秒ほどのレースに勝った。昨年度に続く『V2』。胸が熱くて声を出すと涙がこぼれそうである。新チームになってから常に追われてきたリレーメンバー、大きなプレッシャーを乗り越えたみごとな優勝である。この優勝と全国大会への出場権獲得は、陸上部全員の力であり、応援にかけ参じた昨年度のリレーメンバーの力である。18日の市総体、7月19日からの県総体、8月9日からの中国大会、そして8月21日から始まる全国大会に活躍を期待したい。
 応援いただきました皆様に深く感謝いたします。リレー横断幕.png

6.04・05 市総体<卓球部>

 卓球競技は斐川第一体育館を会場に、4日に団体戦、5日に個人戦を行った。本校からエントリーしたのは、男子シングルス11名、男子ダブルス4ペア8人、合計19人である。初日に行われた団体戦は、シングルス4試合、ダブルス1試合の対戦により勝敗が決まる。それぞれの試合は11ポイント5セットマッチ、3勝をあげたチームの勝利となる。8校8チームの総当たり戦である。それぞれが自らの役割を果たそうと善戦したが勝利の女神は微笑まなかった。二日目の個人戦、100名を超える選手がトーナメント方式で競ったシングルスでは、2回戦突破が果たせなかった。ダブルスは4グループに分かれて予選リーグを戦った。決勝トーナメントは予選リーグ1位のみが進出できる、健闘したがわずか及ばなかった。この悔しさを、3年生は次の目標のエネルギーに、そして1・2年生は新人戦に向けてのパワーに変えてほしい。

【結果】

<団体の部> 7敗

<個人の部>  ○シングルス 2回戦敗退

○ダブルス  (予選リーグ)DSC_0396.JPG

・A組 深津・森山 2位/4  

・B組 曽田・大嶋 3位/4

・C組 坂本・川井 3位/5  

・D組 安達・槇原 2位/5

【コメント】顧問: 長束先生

 先日行われた市総体では、県総体出場を目標に生徒全員が最後まで諦めずに戦ったが、残念ながら目標を達成することはできなかった。しかし、試合内容は今までのどの練習試合や大会よりも良く、日々の練習に一生懸命取り組んだ成果や生徒の大きな成長を感じることができた。来年は目標を達成できるよう、一層努力を重ねていきたい。

5.28 市総体<体操部>

 出雲市中学校総合体育大会の先陣を切って体操競技が、浜山公園体育館カミアリーナで開催された。本校からは9人がエントリーし、跳馬、平均台、床、段違い平行棒の4つの種目に挑んだ。練習風景をよく見る私の目には、「難易度の高い技への挑戦は怪我との隣り合わせ」に写る。選手の演技を見ながら、この技の一つ一つにどれだけの汗と努力があったのだろうかと胸が熱くなる。それぞれの選手の真剣な演技に拍手が沸き起こる。失敗もあるが、失敗は成功のためのいしずえ(礎)である。県総体では失敗を恐れず、最高の演技を見せてほしい。

【結果】

<団体の部>DSC_0375.JPG

 優勝(石飛、佐々木、奥井、大坪)

<個人の部> 

・個人総合 2位 石飛、

6位 佐々木、8位 奥井

・平均台  2位 石飛

・床    1位 石飛

・段違い平行棒 1位 石飛、3位 奥井

【コメント】顧問:村上先生  市総体では、一人一人が自分のためだけに演技をするのではなく、体操部の仲間のために演技をすることで、団体で優勝することができました。次の大会である県総体に向かって毎日の練習を大切にし、全員が最高の演技ができるよう頑張っていきます。応援ありがとうございました。

6.04・05 市総体<女子バスケットボール部>

 4日(火)に北陵中学校体育館で予選グループ戦、5日(水)に斐川西中学校体育館で順位決定戦を行った。予選グループ戦では、優勝候補の北陵中に敗れたものの50得点をあげるなど、最後まで諦めずに食い下がった。随所に見せたスリーポイントは見事の一言である。続く浜山中に勝利し、グループ2位で5日の順位決定戦に駒を進めた。
 2日目、対戦相手は斐川西中、県総体の出場権をかけた大一番がやってきた。第一クオーターから大接戦、客席となったギャラリーからは、シュートを放つたびに歓声が上がる。6点のビハインドで第二クオーターを終了。残り半分、これからが正念場だ。第三クオーター、追いつこうと必死に攻める。効果的にスリーポイントも決まり1ゴール差、しかし追いつけない。それからは一進一退が続いて時間だけが過ぎる。無情にも終了のブザーが響いた。1ゴール差(2点)という僅差で惜敗した。敗れはしたものの、最後まで諦めなかったチーム二中の健闘に拍手をおくりたい。女バスケット.JPG

【結果】 <予選グループ戦・4日>
  出雲二中 50 対 77 出雲北陵中
  出雲二中 79 対 29 浜山中
 <順位決定戦・5日>
  出雲二中 63 対 65 斐川西中              

【コメント】顧問: 佐藤教諭
 今回の市総体では県総体出場を目標に3年生を中心に今までの練習成果が出るように頑張ってくれたと思います。2日目の斐川西との試合は前半で先制されていたところを逆転する激しい闘いを見せてくれました。敗れはしたものの、最後の笛がなるまでボールを追う姿は本当に感動しました。13人それぞれが部活で学んだ経験を活かし、進路実現に向けて最後まであきらめずに闘ってほしいと思います。また、1,2年生の活躍を願っていてください。

6.04・05 市総体<女子バレーボール部>

 4日(火)・5日(水)、浜山公園カミアリーナ体育館で開催された。4日は3つのグループに分かれて予選が行われ、チーム二中は出雲三中、河南中、斐川東中とともにCグループに入った。初戦の出雲三中戦では調子が上がらないままに0-2で敗れたが、2戦目の斐川東中戦では1セットを先取したが惜敗、3戦目の河南中戦では2-0と勝利して2日目に駒を進めた。2日目の初戦は向陽中との対戦となった。チーム二中はサーブで崩してリードしたものの、そのリードを守り切れず1セット目を22点で押し切られた。2セット目、最後まで諦めずにボールをつないだが勝利の女神は微笑まなかった。県大会の出場権は得られなかったが、チーム一丸でよく頑張った。

【結果】 <予選グループ戦・4日>バレー.JPG

  出雲二中 0 対 2 出雲三中

  出雲二中 1 対 2 斐川東中

  出雲二中 2 対 0 河南中

 <予選トーナメント戦・5日>

  出雲二中 0 対 2 向陽中  

【コメント】顧問:安達教諭

 一日目の斐川東中戦では、コートの中の6人が自分の仕事をしっかり果たそうと努力し、ボールを拾って繋いで打って、一生懸命にプレーしました。結果的に負けに終わってしまいましたが、斐川東中戦では、これまでの課題であった「自分たちで質の良い声を出してゲームを盛り上げる」ということができた場面も多くありました。  二日目の第一試合で向陽中学校と対戦しました。向陽中戦は県総体出場権をかけた非常に大切な試合でした。二日目は、朝の6時半から二中で朝の最終確認練習をし、カミアリーナに向かいました。3年生からは「今日が勝負なんだ」という緊張感がひしひしと伝わってきた朝でした。1セット目、向陽中の隙を狙って攻めることができたプレーや、向陽中の鋭いスパイクを粘り強く拾ったプレーが多く見られ、今まで練習してきたことをしっかりと出し切ることができた良い試合となりました。試合の最後の瞬間まで、一点を諦めることなく、全力で試合に臨むことができました。試合に出たメンバーは、一点の重さ、難しさ、大切さを知ることができたことと思います。  3年生はここで引退となりますが、中学校での部活動生活の中で自分ができるようになったことや学んだことを、これからも大切にしてほしいと願っています。

6.04・05 市総体<男子バスケットボール部>

 4日(火)・5日(水)、斐川西中学校体育館を会場に熱戦が繰り広げられた。本校チームは、一日目の予選グループ戦を1位通過し、二日目の決勝戦に駒を進めた。私(伊藤)が観戦した平田中との決勝戦は、第一クオーター、緊張もあるのかお互いにシュートが決まらず低スコアの戦い。しかし、リードは許さない。試合が進むにつれて、二中チームが主導権を握り、得点差を広げていった。

 今大会の成果は、相手にゆとりを与えない早い攻めと強固になった守備である。県総体では、立ちはだかる松江市中学校の壁をいくつ撃破できるかである。県総体上位入賞と中国大会出場を目指して、さらに『株』を高めてほしい。

【結果】<予選グループ戦・4日(火)>1位通過

 一回戦 出雲二中 92 対 36 湖陵中男バスケット.JPG

 二回戦 出雲二中 103 対 22 斐川西中

 <決勝戦・5日> 優勝

  出雲二中 64 対 31 平田中              

【コメント】顧問:大下教諭  市総体、優勝することができました。ありがとうございました。平田中との決勝戦では、なかなかシュートを決めきることができませんでしたが、ディフェンスで守り勝つことができました。これからチームの目標が達成できるように一生懸命練習に取り組んでいきたいです。応援されるチームになっていきます。

6.04・05 市総体<剣道部>

 平田中学校体育館を会場に、4日(火)個人戦(男女各ベスト16)、5日(水)団体戦(男女)&個人戦(男女準決勝~決勝)が行われた。

 私(伊藤)は男子団体準決勝(三中戦)の終盤を観戦した。4人を終えて2勝2敗、本数も並んでいる。全てが大将戦で決まる。見ごたえのある大将戦が始まった。一進一退の攻防が続く。「メン」、お互いの竹刀がしなり、相手の面を捉えた。白旗が3本、本校大将の伊藤さんが取った。「2本目始め」の声とともに、伊藤さんが振りかざした手元にコテが入った。今度は赤旗3本が上がった。そして延長戦を戦ったが決着はつかなかった。2勝2敗1分けとまたも並び、決着は代表戦に持ち込まれた。本校は伊藤さんが代表として対戦したが、1本を奪われて悔しい敗戦剣道2.jpgとなった。

 今回、負けはしたものの実力は格段に上がっている。県総体が楽しみである。

【結果】 

<男子団体> 3位

 二回戦 二中 3-0 出雲一中

 準決勝 二中 2-2 出雲三中(代表戦で敗退)

<女子団体>  一回戦 二中 0-3 斐川東中

<男子個人>☆3位 勝部 ☆ベスト16 伊藤、永澤

 ☆県総体出場者→勝部、伊藤、永澤、小村、高橋 以上5名

<女子個人>  ☆県総体出場者→中林 以上1名

【コメント】顧問:勝部教諭

 男子個人では、延長戦が続いたが粘り強く戦い3位入賞を手にした。男子団体ではチームで上手くつなぎ、3位入賞を手にした。男女とも、紙一重のところで敗退する場面が多くみられた。県総体まで、わずかな差を埋めるためチーム一丸となり稽古に励んでいく。

市総体<野球部> 

 出雲市中学校総合体育大会が次の日程で開催され、各競技の選手が磨いた『個人株』と高まり合う『学校株(チーム株)』を存分に発揮した。顧問の先生のコメントとともに紹介する。

<本校出場競技と日程>

5月28日(火)体操

6月4日(火)~6日(木)野球、サッカー、男・女バスケット、剣道、卓球、女子バレー、女子テニス

6月18日(火)陸上

6月28日(金)水泳

≪野球部≫野球1.JPG

 1回表、浜山中に2点の先取点が入った。しかし、その裏、ランナーを2塁において勇さんがレフトの頭上を越える3塁打を放って1点、さらに吉野さんの適時打で得点を加えて同点とした。その後、両チームはランナーを塁に出すものの得点には至らず、両投手の粘り合いとなった。特に、本校ピッチャーの伊藤さんは丁寧にコースをつき、キャッチャーの勇さんは身を挺して受け止めた。しかし5回、追加点をあげたのは浜山中、これが決勝点となった。チーム一丸となって挑んだ市総体、県総体の切符は得られなかったが、爽やかなチーム野球は思い出に残るものだった。

 伊藤先生に字数制限をつけてコメントをお願いしたところ、「本当は原稿用紙10枚でも、その想いは書き足りません。」とメッセージをいただいた。想いは深く、それは練習を共にした部員たちには十分伝わっていることだろう。全員野球でよく頑張った。

【結果】 二中 2-3 浜山中 一回戦敗退

【コメント】顧問:伊藤教諭野球2.JPG

 応援していただき、ありがとうございました!選手たちはそれぞれの立場でとても頑張りました。二中野球部の伝統を創ろうと、全員で「あいさつ・礼儀・マナー」に取り組んできました。今では愛すべき最高のチームです。私は1・2年生と新たな目標に向かって頑張っていきます。3年生も次の目標へ向かって頑張ってください。

2019年6月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリ

ウェブページ