3.09 卒業式

 卒業式1.png一番の心配事だった天候(保護者の皆様の駐車場が校庭で雨天では晴着がだいなし)は、想定をはるかに越える晴天。朝は放射冷却で1度と冷え込んだが、時間とともに温度計は4月中旬まで背伸びした。校長式辞の時候の挨拶も急遽「春の気配を感じる季節」から「春を感じる季節」へと変更した。とにかく極上の卒業式日和である。
 暖かな日射しを受けた体育館に、9時53分ファンファーレが鳴り響いた。157名の卒業生の入場である。「開式の言葉」「国歌斉唱」と続き、「卒業証書授与」では一人一人が担任の呼名に力強く「はい」と応え、私の前に進み出た。私は心の中で卒業生の氏名を読み上げ、「おめでとう」と伝えながら証書を手渡した。緊張感がうかがえる者やアイコンタクトで返す者、笑顔でうなずく者など様子は様々であるが、「中学校を卒業するんだ」という達成感や安堵感、新たなスタート位置についた緊張感が感じられた。
 私の式辞は、卒業生のこれまでの頑張りと事あるごとに話してきた①「自分株を磨き 学校株を高める」、②「3つの汗(体にかく汗、頭にかく汗、心にかく汗)」、③「3C(Chance、Challenge、Change)」である。そして来賓を代表して生徒の身近な存在としてご支援をいただいた小玉友之PTA会長から祝辞をいただいた。卒業式3.png
 在校生代表『送ることば』を、本田実怜さんが卒業生の頑張りとすごさ、功績を紹介し、これからを「皆さんから学んだ一つ一つのことを胸に刻み、二中の校風と伝統を守り、「自分株」を磨き「学校株」を高め、卒業生の皆さんがいつまでも誇らしく思えるがっこうをつくってまいります。」と述べた。続いて、藤原慧君が「辛かったこと、悲しかったこと、楽しかったこと、たくさんの出来事、その一つ一つが僕たちをここまで育ててくれました。」、「何をするにも僕の隣には仲間と言う存在がありました。・・・不安に押しつぶされそうになったとき、そっと手を差し伸べて助けてくれる仲間がいました。・・・仲間がいてくれたからこそ今の自分がある。・・・これから先、新しい場所で新しい仲間と出会うことで僕たちは成長できます。」と『別れのことば』を述べた。
 下の写真は卒業生と在校生が向かい合って「旅立ちの日に」の合唱風景である。卒業生は歌とともに中学生活の思い出が込みあげ涙する生徒も多くみられた。卒業式5.png

3.2・3 中国中学生バスケットボール交歓大会

 DSC04194.JPG3月2・3日(土・日)、山口県岩国市において標記大会が開催された。今回の大会は昨秋に行われた出雲地区大会の上位大会として行われ、3位入賞を果たした男子チームが島根県代表として出場した。参加チームは中国地方各県の上位チーム12校である。
 一日目は、12チームが4リーグに分かれてしのぎを削った。出雲二中は岩国東中学校(山口県)と湖東中学校(鳥取県)と対戦し、苦戦しながらもそれぞれを退け、リーグ1位で2日目の決勝トーナメントに進出した。決勝トーナメントの1回戦は古田中学校(広島県)に辛勝し、決勝戦では玉島北中学校(岡山県)に食い下がったが惜敗した。結果は、準優勝で賞状とカップを持ち帰った。
 今回の大会は、県代表としての参加で旅費・宿泊費等に本校教育振興会と出雲市教育委員会からの多額の助成をいただいている。このような大会に参加でき、貴重な体験が詰めたことを感謝したい。中国バスケ.jpg

2.28 学校保健功労者表彰

 保健会表彰2.JPG2月28日(木)、出雲市学校保健会が主催する「学校保健功労者表彰」が、出雲市医師会館で開催された。今年度は学校医、学校歯科医、学校薬剤師、及び養護教諭の合わせて15名の者が功労者表彰を受賞した。本校歯科医の中村元祐先生も受賞された。
 中村元祐先生は、平成19年に学校歯科医に就任以降、12年間、本校の生徒に対する健康診断(歯科検診)に携わっていただいた。保健会表彰1.JPG検診の機会を通して、生徒一人一人の口腔状態にあわせた歯科保健指導を丁寧に実践いただいている。また、中村先生はスポーツデンティスト(歯科医師の資格をもちスポーツをする人の歯を診断し、最高のパフォーマンスを出せるように、噛み合わせを診断するスペシャリスト)の資格を有していて、本年度は7月に学校保健委員会において、全校生徒に「口の中の衛生は身体全体の健康に大いに関わる」と講演をいただいた。長年のご尽力に深く感謝したい。
 今後ともよろしくお願いします。

2.26 PTA評議員会

DSC04182.JPG 2月26日(火)19:00、PTAの第2回評議員会が開催された。夕方という忙しい時間帯に多くの役員・部員の皆様にお出かけいただき、それぞれの協議題について報告と確認がなされた。
 PTA活動の一年を振り返ると、5月13日(日)のPTA総会から始まった。表面的にはそうだが、総会を開催するための準備(組織づくりや活動計画等)は4月当初から着々と進められていた。この助走期間と言える準備がしっかりとできていたからこそ、充実したPTA活動が円滑に進められたのだと思う。
 とかく、我が子が中学校に入ると親の手が放れた感(私がそうだった)があり、同時にPTA活動への参加意欲も減退し他人任せになりやすい。このことは教育アンケートの結果からもうかがえる。しかし、本校はPTA会員全員に呼びかける企画も多く、全員参加のあいさつ運動、講演会(「反抗期の子どもとつきあうためには」、「歯の健康とスポーツ」、「性に関する講演会」)、高校バス見学会、制服等リサイクル、体育祭当日の交通指導と競技参加、毎学期末の広報「若葉」発行、そして学年PTAとして実施した親子活動(清掃と会食)など、事業が並ぶ。また、今年度からは役員選出方法に、立候補に加えて全会員を対象とした抽選会を導入した。これは、中学校3年間で少なくとも1度はPTA行事に役員として参加していただきたいとの思いからである。このような取組を通して、保護者の皆様には幾度となく学校に足を運んでいただいた。このようなPTA活動は、恩恵を受ける生徒自身の活動意欲を高揚につながっている。DSC04163.JPG
 今年度のPTA活動は、監査会と新旧引継ぎ会を残すだけとなりました。長きにわたって本校PTA活動を引っ張っていただき、今年度で退任となります 会長 小玉友之様(4年間)、副会長 谷戸奈緒子様(3年間)、副会長 三宮純子様(3年間)に感謝申しあげます。また、今年度の活動にご参加・ご協力をいただきました皆様に感謝申しあげます。ありがとうございます。

2.22 避難訓練

 2月22日は、島根県、いやいや日本にとって大切な日、日本の固有の領土である「竹島の日」である。職員朝礼で、社会科の教員から「竹島の日」について報告され、生徒に対しても各担任から説明がなされた。社会科の授業では、主に2年生「日本地理」と3年生「公民」で学習する。
 今日は三学期の避難訓練、不審者の侵入を想定した訓練を実施した。今回の第一の目的は、各教室に分かれて授業している生徒の安全確認・確保である。本校は外国籍の生徒も多く、日本語指導による取り出し授業も行っている。保健室や相談室を利用する生徒も含め、緊急かつ確実に出席生徒の把握が時として重要になる。2.22避難訓練2.jpg
 不審者が侵入し、校長室で行動を抑えたとの前提で避難訓練を開始した。「授業中ですが、出席者の確認をしてください。」と静かな口調で緊急放送を流した。当然、放送によって不審者の感情を逆なでしない配慮である。そして、「各クラスの確認状況をナースコール(各教室から職員室につながるインターフォン)で報告ください。」と指示を出す。職員室のナースコールはすぐに反応しコール音が鳴り続く。一クラスづつ確認をとる。しかし、2クラスの確認を終えたところでトラブル発生。職員室側のすべてのボタンが操作不能となった。ナースコールは鳴り続けるが、会話はできない。これに反応した教員が指示を受けて、各階に走り出した。全クラスの生徒確認を終えるのに6分程の時間を要した。今回初めての取組は、今後に生かせる多くのデータを得て改善策も確認できた。また、臨機応変に対応できる教職員の柔軟性は本校の強みである。出雲二中は出雲警察署の斜め向かいのような場所にある。そんなところに不審者が侵入するとは考えにくいが、油断禁物、「備えあれば、憂いなし。」である。
 生徒確認を終えた後、全校生徒が体育館に集合し、2.22避難訓練1.jpg子ども支援センターの小倉指導員からは不審者侵入時等の身の守り方(特にパニックにならず、先生の指示に従うこと)について指導いただいた。続いて、出雲警察署生活安全課の田中少年補導職員からはインターネットトラブル(特にSNS等のなりすまし被害)についてお話をいただいた。3年生にとっては義務教育最後の避難訓練である。自らが被(加)害者にならないように、これまでの学びを生かしてほしい。

2.15 特別支援教育部『卒業生を送る会』

 今年の冬は暖冬とはいえ、朝晩の冷え込みはまだまだ厳しい。今年に入って、インフルエンザによる欠席者は数人ずつで推移し、今週(2/18~22)も罹患者1名である。この背景には養護教諭の熱い思いがあった。毎休憩時間には、体育祭の入退行進のような元気な音楽が流れる。各教室は、その音楽がかかっている間は窓を全開にして空気を入れ替えるのだ。カウントダウンとなった卒業式等、行事が続くが、とにかくみんなが元気で過ごしたい。

 今朝、朝礼前に教室を回っていたら、男子生徒S君が「校長先生、最近、出雲二中のブログは更新されていません。誰が更新しているんですか。」と訪ねてきた。「ブログは、校長先生が担当してるよ。忙しくて更新できてないんだ。」と答えると、「僕は楽しみにしていて、時々見るんです。校長先生頑張ってください。」と言ってくれた。この嬉しい言葉に後押しされてのブログ更新である。DSC_0218.JPG

 2月15日(金)、中部ブロック(旧市内)特別支援教育部が主催する小中学生合同の『卒業生を送る会』が開催された。会場となった大社プレイスうらら館は子どもたちと保護者でいっぱいになった。第1部「旅立ちのセレモニー」では、小学校と中学校を卒業する生徒を紹介するビデオが流れた。これまで中部ブロックで一緒に活動してきた仲間であり、みんなが集中して見入った。第2部は「みんなで楽しく」である。中学校区で練習してきた歌声やダンスを披露した。それぞれに工夫が凝らされていて、自然と手拍子が起こった。二中・南中校区の発表は「~おめでとう、ありがとうの気持ちを込めて~卒業祭り!」と題して「よっちょれ」と「わっジョイ」を元気よく踊った。突然、校長もステージに上がることを告げられ、練習もなく、見よう見まねで手足をばたばた動かした。冷たい汗が流れた。そして、「空より高く」を全員で熱唱して送る会を終えた。

 一足早い「卒業生を送る会」は卒業生の前途を祝福しながら大盛況に終わった。本校卒業生も、「校長先生、ありがとうございました。」と声をかけてくれた。           みんな頑張れ!! ワッショイ♪ワッショイ♪♪

1.25 未来創造塾

 DSC04129.JPG出雲商工会議所青年部からの提案を受けて、初めて1年生を対象に『未来創造塾』を開催した。企画・運営の中心となったのは商工会議所青年部の未来創造委員会の皆さんである。そして、講師の6名と50名を超える部員の皆様のご来校をいただいて、賑やかに開会した。
 開会行事の後、6つのコースに分かれて会場移動し、それぞれの講師さんから話を聞いた。講話の内容は次の通り。

【講師】
塩野真弓さん〔司法書士事務所〕、崎野裕さん〔(有)スタジオ ナウ〕、石橋玄太さん〔アースサポート(株)〕、高橋良治さん〔(有)二幸〕、藤田貴子さん〔(株)楽土・NPOてごねっと石見〕、坂本裕太さん〔LCC(株)〕
【講話内容】
①自己紹介(名前、仕事の内容) ②今の仕事に就くまでの経緯
③今、働いていて「こんなことをもっと学んでおけば良かった!!、これをやって良かった!」と思うこと ④なぜ、出雲(地域)で働くのか!?やりがいは?  ⑤人生やり直せるなら、いつに戻りたい?

 DSC04132.JPG生徒には6人の講師の方の履歴書が配られた。それぞれが現在の起業家であり、日々新しい取組に挑戦している。私は、講演会の度に"あなたの人となり"を添えてほしいと、講師さんによくお願いしてきた。今回の講話はそのものずばりである。
講師さんからは、どんな中学生だったのか、どんな勉強をして、どんな成功や失敗を経験し今があるのか、今の仕事をどう考えているのか・・・など、とにかく興味深い。これから先、どんなことを学べばいいのかコツを伝えていただいた。
 続いて行われたのが、「理想の街いずも」をテーマとした協議である。今の出雲の良さと課題をいろいろな視点からあぶりだす。そして、「理想の街いずも」に必要となるものをグループで提案するのだ。どのグループもコース代表を目ざして話し合った。
 最後は体育館に集まっての全体会である。6つのコースの代表が、自分たちの提案を行った。その中で複数のコースから出た意見を紹介する。

○娯楽施設や遊園地(公園)の建設DSC04135.JPG
 小さい子どもの遊び場や観光客誘致
○外国人に優しい街づくり
 外国籍の議員、日本語を教える先生、外国語の看板など
○新幹線を通す  など

 閉会行事の後、部員さんから「生徒さんのすばらしい発想や意見に感動しました。」、また違う部員さんからは「生徒さんが、『今の出雲でいい。変わらなくていい。』と提案があった。私たちは変えることばかり考えていた。生徒さんの言葉にハッとした。」と告げられた。こんな機会を与えていただいたことに深く感謝したい。

1.23 『愛のクローバー作戦』

愛のクローバー作戦.png 今年度2学期から始まった『愛のイエローカード』(人を傷つける言動の追放)に加えて、3学期からは『愛のグリーンカード』(人を勇気づける言動の収集)』が始まった。『愛のイエローカード』と『愛のグリーンカード』を合わせて、『愛のクローバー作戦』と名づける。これは校長企画で、ポストの管理は校長自身が行い、投函内容は必要に応じて全校生徒に知らせる。ただし、投函者や被害者・加害者・関係者にメリットがあってもデメリットにならないことが基本である。
 まず9月から始まった『愛のイエローカード』は現時点で40枚ほどの投函があった。12月実施の『教育アンケート』には、「愛のイエローカードがちゃんと対応しているのかわからない。」(3年生)という意見があった一方、「最近、暴言や悪口が減っていて良いと思った。」(1年生)との意見もあった。認知度が十分でなかったり、投函後の対応が不明瞭で効果に疑問という声もあるが、生徒会や学年生徒会等の取組もあって、目標「1 今日も来てよかったと思える学校」に着実に近づいていると感じる。
 校長企画第2弾は『愛のグリーンカード』である。これは、目標「2 仲間がいて、共に高め合える学校」を創造する企画である。そして、その第1号となる報告が届いた。

 1月18日(金)、○○さんは△△さんに人前で大きな声で嫌なことを言われてとっても嫌そうな顔をしていた。その時、近くにいたM君(1年)が「そんなこと言うなよ。やめてあげたら。」と△△さんの言動を止めた。私はそれを見ていて、ごく当たり前のように言ったM君をすごいと思ったし、教室が明るくなったように感じて嬉しかった。

 実に嬉しい投函である。これは、"人を傷つける言動の追放"であり"人を勇気づける言動の収集"でもある。このような報告が日々溢れる学校にしたい。それこそが目標「3 明日も行きたいと思える学校」である。さあ、みんなの力で実現していこう。

1.19 新入生説明会

 1.18新入生説明会.jpg1月19日(土)、本校は全校生徒が出校し、授業公開(午前中)と新入生説明会(午後)を実施した。

午後からは、160名ほどの新入生とその保護者にご来校いただいた。前半は中学校生活の説明、その後「eーネット安心講座」を生徒と保護者に分かれて受講した。講師は出雲警察署生活安全課からお越しいただいた。インターネットはとっても便利な道具だが、便利なだけにたくさんの危険が潜んでいる。その危険を知らずに使用したために大きな代償を支払うケースも少なくない。代償はお金だけでなく、人生を左右するような取り返しのつかないものもある。「被害者にも加害者にもなってほしくない。」という願いを込めた話を受講した。
 本校は生徒総会やPTA総会で「二中ネット見守りたい」の結成を決議している。たい員の役割は、①人を傷つけるなどの無責任な発信をしない。②二中生や関係者、学校を傷つける不適切な書き込みや画像を発見した時は、速やかに学校(保護者)に伝える。③常に情報モラルを意識し、午後9時以降のネット利用の中止に努める。の3点である。

 全体会の後は制服等の採寸があった。新入生の気持ちも少しずつ新しい春に期待が膨らむ。4月からの中学校生活を精一杯楽しんでほしい。未知なる自分探しはとってもおもしろい。

1.19 授業公開

1.18公開授業3.jpg 1月19日(土)、本校は全校生徒が出校し、授業公開(午前中)と新入生説明会(午後)を実施した。午前中の授業公開では、受付名表への記入で150名、両親での参加や子ども連れでの参加もあって200名を越えるたくさんの皆さんにご来校いただいた。
 1・3年生と特別支援学級は各教科を公開し、2年生は道徳「外国から来た転校生」を公開した。1.18公開授業2.JPG本紙面では2年生道徳の授業を簡単に紹介する。まず問題提起となるビデオ(「NHK for School」のココロ部の提供)を視聴した。あらすじは次のようである。

 ブラジルから女子生徒エレナさんが転校してきた。エレナさんは耳にピアスをしている。校則ではピアスは禁止。1.18新入生説明会2.jpg学級委員のコジマさんはエレナさんにピアスを外すように伝えたが、エレナさんは「ブラジルの女の子、赤ちゃんのとき、耳、穴開けます。お母さん、わたし、生まれてきて、ありがとうって。」「これ、お母さんの愛。だからわたし、ずっとつけてるの。」と承諾しない。エレナさんと話したコジマさんは、ブラジルとの文化の違いに驚き、どうしたものかと悩む。

 授業では、グループに分かれて意見を出し合い、どうすべきかを考えた。ルールには守らなければならないそれなりの理由があって、通常例外は考えない。また、「郷に入っては郷に従え」(その土地やその環境に入ったなら、そこでの習慣ややり方に従うのが賢い生き方である)ということわざもある。しかし、文化の違いや相手の思いを理解しようとすると、日本のルールを一方的に押し付けるのも問題だ。コジマさんはエレナさんにピアスを外すように強く伝えるべきか。あなたがコジマさんならどうする?

 

2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリ

ウェブページ