8.10 全日本吹奏楽コンクール島根県大会

県吹奏楽コンクール.JPG 8月10・11日(土・日)、島根県民会館において標記コンクール中学校Aの部が開催された。Aの部にエントリーしたのは33中学校、その内中国大会に出場できるのはわずか4校と非常に厳しい。
 本校吹奏楽部は13番目、10日(土)14:05の演奏である。私は毎年のように応援(聴衆の一人)参加するが、指揮者と演奏者の表情は演奏前と演奏後で別人のようである。それもそのはず、一年間かけて創り上げてきた、その集大成がこのステージなのだ。
 本校の出番が近づいてきた。昼食休憩をはさんでからの3番目。前の2校が演奏を終えた。両校ともにさすがにすばらしい。二中吹奏楽部員がステージに入ってきた。私は、ひたすら「これまでの練習の成果を出し切ってほしい。頑張れ!!」と心でつぶやいた。昨日、音楽室で演奏を聴いた。「練習以上のものは出せない。一人一人が練習してきた最高のものを自分とみんなのために出してほしい。」と私は激励した。私の胸の鼓動は出演者さながらである。演奏が始まった。緊張感もあってか入りは少し固い感じだが、私の好きな課題曲Ⅰ「「あんたがたどこさ」の主題による幻想曲」がリズミカルに進む。続く自由曲は「バレエ音楽《青銅の騎士》より」、躍動する服部先生の指揮に演奏も盛り上がり最高潮を迎える。ステージを降りた部員の目には涙も見えた。汗とともに紅潮した服部先生、ステージを終えた達成感と安堵感、「みんなよく頑張りました。」と声が聞けた。本当にお疲れさま。そして、みんなよく頑張った。
 翌日、33校の全ての演奏を終え、結果発表があった。本校は『銀賞』。「こんなに頑張ったのに!」と落胆の声も聞かれたが、1年生から3年生までの33名が目標を一つにして、これまで一緒に苦難を乗り越えて頑張ってきた、そのことが真に素晴らしくて尊い。このステージの結果は銀賞でも、これまでの練習の過程と頑張りは『金賞』そのものである。
 さあ、前を向こう。そして、それぞれの次の目標目ざして、頑張ろう!
 ご声援をいただきました全ての皆様に感謝申し上げます。ありがとうございました。

8.10 中国中学総体 閉幕

 中国陸上2.jpg中国中学校総合体育大会が、8月上旬から中国地区の各会場で開催された。本校から島根県代表として出場したのは、陸上部員10名と体操部員1名。結果は、体操競技に出場した石飛さんが個人総合21位と健闘した。また、陸上競技では、個人種目に、三島君<全男400m>、川本君<全男800m>、畑さん<1女100m>、妹尾さん<1女800m>の4選手が出場した。各選手は全力を出し切ったが、決勝進出はならなかった。一方、全学年男子4×100mリレーは2位入賞を果たした。
 9日、陸上競技の最終レースとなった全男4×100mリレーは、第一走者 宮嵜君、第二走者 管君、第三走者 三島君、第四走者 日野君の4選手がバトンをつないで、2番目に高い表彰台に立った。勝因はバトンパス、特に第一と第二、第二と第三の絶妙なバトンパスは3位以下を引き離し、最終ランナー日野君へとバトンが渡った。優勝した広島県の中学校チームには敗れたものの、4選手のチームワークと走力が2位入賞を果たした。
 また、1つ前のレース「全学年女子4×100mリレー」において、浜山中学校チームが同じく2位入賞を果たした。両リレーチームの健闘をたたえたい。
 ご声援をいただきました皆様とこの活躍を支えていただきました皆様に感謝申しあげます。なお、両リレーチームは、8月21日から大阪・ヤンマースタジアム長居で始まる全国中学校陸上競技選手権大会に島根県代表として出場します。ご声援をお願いします。中国陸上3.png

8.08 NHKコンクール 観客を魅了

 8月8日(木)、大田市民会館において「NHK全国学校音楽コンクール 島根県コンクール」中学校の部が開催された。午後0時40分の開演、参加校は12校、本校は3番目の発表順である。初陣を飾ったのは斐川西中学校の混声四部合唱である。ステージからは緊張感がひしひしと感じられた。課題曲「君の隣にいたいから」(作詞・作曲:宮崎朝子、編曲:加藤昌則)が始まった。私は何度も聴いていて入りがとっても難しそうに思うが、さすがである。
 3番目「出雲市立第二中学校」がアナウンスされた。ステージ上には29人の合唱部員が並ぶ。やはり緊張した面持ちで、指揮者 恩田先生の手の動きに注目している。恩田先生の手が振られ、ピアノ伴奏が始まった。「勝負は入り」と耳を澄ませる。緊張感からの堅さはあるが、流れるような伴奏に促されるように入っていった。そして徐々に緊張感がほぐれ、伸びやかな歌声とハーモニーが心地よい。自由曲は「虹の輪の花」である。これまでも幾度となく聴かせてもらった曲だが、今回は私の想定をはるかに越える出来栄え、間違いなくホールの観客を魅了した。ホールに残る余韻がそのことを物語る。
 12校の演奏を終え、表彰式を待つ。私の心は、上位に入っていることを確信し、金賞・中国大会の期待も大きい。しかし、金賞(中国大会出場)の2枠には、斐川西中学校と出雲第三中学校の名がコールされた。残念ながら本校は銀賞、中国大会の出場権は逃した。しかし、観客を魅了した演奏は今も心に残っている。次は18日(金)にプラバホールで開催される県合唱コンクールである。健闘を祈りたい。Nコン.JPG

7.28 県総体閉幕

 7月19日(金)に、陸上競技をスタートに開幕した島根県総合体育大会は、28日の剣道競技をもって終了した。  第二中学校から出雲市代表として参加したのは、陸上、女子テニス、水泳、男子バスケット、女子体操、剣道、女子バドミントンである。各競技において、それぞれの選手が精一杯の力を出し切り、熱戦を繰り広げた。そして、中国大会への出場権を獲得したのは陸上部員10名と体操部員1名である。今回は体操部の中国大会にスポットを当てる。県総体(体操).JPG

 女子団体総合は、本校と松江一中、浜田一中が三つ巴の優勝争いとなった。本校の各選手は果敢に攻めたが、確実性を欠いて点数を伸ばせず、悔しい僅差の3位となった。しかし、怪我や痛みを抱えながらの頑張りに拍手を送りたい。

 女子個人は、きれいな演技を持ち味とする石飛さんが総合3位入賞を果たし、中国大会の出場権を獲得した。中国大会での健闘を祈りたい。

 また、体操部の外部指導者としてお世話になりました高木コーチ、ご支援とご声援をいただきましたすべての皆さまに感謝申しあげます。ありがとうございます。

【女子団体】 *敬称は略します

 ○総合<第3位>  石飛凪紗、佐々木友美、大坪愛梨、奥井深結

【女子個人】  ○総合<第3位>  ○段違い平行棒<第2位>  石飛凪紗

中国体操横断幕.png

7.19 県総体始まる

 7月19日(金)、陸上競技をスタートに島根県総合体育大会が開幕した。20日からは水泳とバドミントン、22日からテニス、24日から体操とバスケ、27日から剣道と続く。
 これまでに行われた水泳は自己記録を更新したものの決勝進出は果たせなかった。また、バドミントン、テニスともに強豪との対戦に惜しくも敗退した。陸上競技は、浜山運動公園で開催され、全学年男子4×100mリレーと1学年女子4×100mリレーが優勝する等、各選手が懸命な走りを見せ、男子総合5位、女子総合4位、男女総合6位という快挙を成し遂げた。ここでは上位入賞者を紹介する。
 なお、全男400mR(宮嵜君、管君、三島君、寺本君、森木君、日野君)と全男400mの三島君、全男800mの川本君、1女100mの畑さん、1女800mの妹尾さんが中国大会出場を決めた。
○3年男子100m 4位 管 優希陸上リレー1.JPG   
○全学年男子200m 6位 管 優希
○全学年男子400m 3位 三島 聡太(中国大会出場)
○全学年男子800m 2位 川本 周(中国大会出場)
○全学年男子800m 8位 妹尾 将史
○全学年男子110mH 7位 寺本 颯哉
○全学年男子4×100mR 1位 宮嵜・管・三島・寺本(中国大会出場)
○1年女子100m 2位 畑 心海(中国大会出場)
○1年女子100m 6位 吾郷 愛莉陸上リレー2.JPG
○2年女子100m 6位 亀瀧 愛海
○1年女子800m 3位 妹尾 帆花(中国大会出場)
○1年女子800m 7位 布野 里海
○全学年女子砲丸投 8位 亀瀧 愛海
○全学年女子走幅跳 6位 大賀 るる
○1年女子4×100mR 1位 布野・畑・吾郷・加藤
◎男子総合5位 ◎女子総合4位 ◎男女総合6位

R1中国陸上横断幕.png

6.18 市総体<陸上部>

 6月18日(火)、浜山公園陸上競技場において市総体・陸上競技の部が開催された。本校からは男子33名、女子26名、合計59名がエントリーし、各選手が自己ベストと県大会の出場権を目ざして全力を出し切った。自らの出番のない時間帯には、補助役員として主体的に関わるなど、大会運営にも大いに貢献した。『自分株』はもとより、『二中株』を高める一日となった。多くの選手が県総体出場権を得た。これからの更なる頑張りを期待するとともに、健闘を祈りたい。

【結果】 上位入賞者のみを記載 (敬称は略します)陸上2.jpg

・3男100m 1位<管>

・全男200m 1位<管>、3位<三島>

・全男400m 1位<三島>、3位<宮嵜>

・全男800m 1位<川本>、3位<妹尾>陸上3.jpg

・2男1500m 3位<杉原>

・全男400mR 1位<宮嵜、管、三島、森木>

・全男走幅跳 3位<日野>

・全男四種  1位<森木>陸上5.jpg

・1女100m 1位<畑>、3位<吾郷>

・1女800m 1位<妹尾>、2位<布野>

・1女400mR 1位<布野、畑、吾郷、加藤>

・全女走幅跳 3位<大賀>

【コメント】顧問:木下先生

 今年の目標である通信陸上での全学年男子リレーの二連覇と県総体全員出場を目指して挑みました。通信陸上では部員一同となって、二連覇を達成することができました。また、たくさんの方に応援にかけつけてくださり、ありがとうございました。市総体では35人が県総体の出場権を獲得しましたが、目標であった県総体全員出場は達成できませんでした。 個人個人の結果を見るとそれは様々ですが、大切なことは次に向けての準備だと思います。全国大会では予選突破。県総体では学校対抗の部3位入賞を目指し、一人でも多くの部員が上位入賞できるようにこれから練習していきたいと思います。1陸上.jpg

6.28 市総体<水泳部>

 6月28日(金)、県立水泳プール(松江市上乃木)において市総体・水泳競技の部が開催された。松江市中体連との共同開催で、競技は出雲市と松江市が別々のレースで競った。1年生にとっては初めての50mプールでの実戦となった。今回は、期末テスト直後の大会となり、十分な練習ができなかったことは、校長としても悔やむところである。しかし、各選手は精いっぱいに泳ぎ切り、多くが自己ベストを叩き出したことは立派である。

【結果】上位入賞及び県標準記録突破者 *敬称は略します

・男子400mメドレーリレー 3位<前田、内部、加藤、成相>

・男子100m背泳ぎ 4位<板垣> 6位<前田>

・男子50m自由形 5位<内部>

・男子400mフリーリレー 4位<加藤、板垣、内部、中尾>

・女子400mフリーリレー 4位<石原、清水、森脇、筒井>

【コメント】顧問:福田先生

 朝は、雨で肌寒い天気でしたが、10時頃からは熱中症警報が出るぐらいの暑さの中で、外のプールでの大会でした。良かったことは、「①多くの自己ベストが出たこと」、「②まとまった応援ができたこと」です。  次の県大会に向けて、泳法に気をつけ、さらに泳ぎ込んでいきたいと思います。応援ありがとうございました。水泳2.jpg

6.30 1年生親子活動

DSC04341.JPG 例年よりも遅れて梅雨入りした中国地方、今朝も小雨交じりのどんよりとした天気。水不足がささやかれ始めていただけに恵みの雨となった。ただし、近年はゲリラ豪雨とか洪水とか被害をもたらす雨量もしばしばだけに、適度の雨を期待したい。
 そんな梅雨空の下、二中では1年生の親子活動が行われた。様子を見に行く途中、とっても食欲をそそる匂いが漂っていた。お母さん方が作るカレーである。DSC04338.JPG大鍋5個がぐつぐつほどよく食べ頃のようだ。親子活動のメインは北校舎の清掃である。北校舎は市内でも一番を競う古い校舎だ。廊下は昔ながらの板張りで弾力ときしむ音は年季を感じさせる。教室は机と椅子をすべて廊下に出して床を磨き上げた。昨年のワックスを落として、新しいワックスをかけた。手洗い場やトイレも洗剤を使ってゴシゴシ磨いた。そして、1時間足らずで清掃作業は終了した。明日からは、ピカピカの校舎でこれまで以上に気持ちよく活動できる。DSC04348.JPG
 清掃作業を終えるとランチタイム、体育館下のピロティが会場である。大量に作ったカレーは実に美味しい。それぞれの場所に陣取ってカレーを味わった。舌鼓が聞こえてきそうである。ドンドン♪
 休日返上でご来校いただいた保護者の皆さま、一緒に汗を流してくれた生徒の皆さん、今日は本当にありがとう。また、明日から頑張ろう。

DSC04360.JPG

6.04・05 市総体<女子テニス部>

 浜山公園テニス場で開催された市総体・テニス競技は、4日(火)に個人戦、5日(水)に団体戦が行われた。4日に行われた個人戦には本校から12ペアが出場し、精一杯ボールを追いかけたが、県総体への出場権を手にしたのは小玉・福ペアのみとなった。5日の団体戦では、秋の新人戦3位の実績をもって挑んだ。各チームの実力が均衡していて、どの試合も1ペアは勝利しつつも2勝目が僅差で勝ちきれなかった。選手と部員にとっては悔しい敗戦となったが、チームワークの良さや最後まで諦めないプレーなど、頑張りは高く評価できる。拍手をおくりたい。

【結果】

<4日・個人戦> 県大会出場権獲得 児玉・福ペア

<5日・団体戦> 出雲二中 1対2 浜山中

 出雲二中 1対2 斐川東中  出雲二中 1対2 斐川西中

 出雲二中 1対2 出雲一中  出雲二中 1対2 大社中

 出雲二中 0対2 出雲三中

【コメント】顧問: 日原先生

 個人戦では小玉(3年)・福(2年)ペアが県総体の切符を獲得。団体戦は7校の総当たり戦で、結果は6敗で県総体への出場は叶いませんでした。新チームには今年の無念を晴らすべく、来年に向けて必死に練習をしてほしいと思います。テニス.JPG

6.16 二年生親子活動

 CIMG3368.JPG二中の恒例となっている親子活動、その一番手として2年生が行った。音頭取りは2年生の学年PTAである。9時過ぎにはたくさんの食材が職員玄関に届いた。そして、三々五々と言う感じで主役の生徒とお父さん・お母さんが体育館下のピロティに集まってきた。
 10時、清掃班と調理班に分かれて作業が始まった。調理班は160食のカレー作りである。CIMG3393.JPG出来上がりには大鍋がピロティに並ぶ。清掃班は、2年生教室と廊下、トイレ、手洗い場など通常の清掃時間では落としきれない汚れに挑んだ。大人の皆さんには、生徒の出入りが禁じられている校庭側ベランダから窓を磨いていただいた。教室の床は何年ぶりとなるワックスがけも行った。そして1時間余りで、教室も廊下もトイレもきれいに磨き上げられた。
 清掃が完了したころ合いに、調理班のカレーもピロティに持ち込まれた。CIMG3399.JPG大量に作られたカレーをみんなで食べるのだから、あちらこちらで笑顔の花が咲く。
 ご参加いただきました保護者の皆様、休日返上で汗を流してくれた生徒の皆さん、本当にありがとうございました。

2019年8月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

ウェブページ