ハートフルコンサート 合唱部&吹奏楽部

26日(火)18時半より、大社文化プレイスうらら館にて、大社中学校音楽部(合唱部、吹奏楽部)主催のハートフルコンサートが行われました。卒業した3年生や大社中OBの皆さんもたくさんかけつけてくれ、ステージを盛り上げてくれました。会場には保護者や地域の方々、生徒たちもたくさん来てくれ、いっぱいになりました。それぞれの部の演奏の最後には、お世話になった先生や伴奏者の方に花束を渡したり、サプライズでこの3月で退職する校長にも花束と好きな曲の演奏をプレゼントしていただりと、感謝の心があふれたあたたかいコンサートとなりました。もちろん、演奏はどれもステキな音色でした。

ハートフル合唱.jpg ハートフル吹奏楽.jpg

出雲フェスティバル2019

24日(日)、出雲大社東神苑にて、大社中吹奏楽部、合唱部も参加して出雲フェスティバルが開催されました。前半の吹奏楽の部では、4名のプロを迎えての共演もありました。18番の「宝船」は迫力満点でした。後半は合唱の部で、大社中と平田中合同のハーモニーがとてもステキで、聴き入りました。最後にはゲストの井上あずみさんのコンサートと共演による合唱もありました。時おり雨が落ちましたが、後半は陽射しが暖かく降り注ぎ、ウグイスの声を聴きながら気持ちよいひとときを過ごしました。

出雲フェス2.jpg 出雲フェス3.jpg

第72回卒業証書授与式

10日(日)卒業式を執り行いました。121名の卒業生は誓いを新たにし巣立ちました。式は厳粛な雰囲気の中にも、感動あるものとなりました。最後に歌う校歌では卒業生の大きな声が響きわたり、母校への誇りが伝わりました。

卒業生会入会式と予餞会

3年生にとっては、いよいよ卒業式が近づいたという気持ちになった今日一日だったと思います。10時から卒業生会長の北島建孝様と理事の計4人の皆様が来賓として来校され、3年生にメッセージをいただきました。生徒の代表は誓いとお礼の言葉を述べました。今回の卒業生は第72期卒業生、今回最後にもらう生徒の卒業証書の号数は18,724号を数えます。

午後には3年生を送る会(予餞会)が新生徒会の企画によって行われました。プログラムは次のとおり ・開会式 ①3年間の思いで(スライドショー)②先生方からのメッセージ(転勤・産休等)③生徒会企画「この人は誰でしょうクイズ」④1、2年より「部活動メッセージ」⑤教員写真リレー ・閉会式  終始あたたかい笑いに包まれたほのぼのとした予餞会でした。新生徒会の初めての企画は大成功でした。

卒業生会入会式1.jpg 卒業生会入会式2.jpg 予餞会1.jpg 予餞会3.jpg 予餞会2.jpg 

絵画をご寄贈いただきました

3月7日(木)本校第6期卒業生 奈良県在住の山崎義久氏より絵画をご寄贈いただきました。当日は、同期生の廣澤様やこの寄贈についてご尽力いただいた森本教育後援会長と坂本うらら館館長様の4人が来校されました。山崎様はわざわざこのために奈良県から帰郷され、校長室にて手渡しでご寄贈くださいました。絵画のタイトルは「筆投島の夏」。島の象徴であった松がしっかり描かれている、ふるさとの名勝をいきいきと描かれた貴重な作品をいただきました。

絵画寄贈.jpg 寄贈絵画 筆投島の夏.jpg

卒業式練習が本格的に

今日で公立高校入試が終わりました。先週から少しずつ始めていた卒業式練習が本格的に始まりました。全校そろっての式歌練習も声が出るようになってきました。3年生は特によく頑張っています。明日は予餞会です。

25日(月)は今年度3回目の大社町保幼小中連携教育推進協議会一斉研修日。例年は年度末評価・反省のための部会を行いますが、今回は来年度から始まる大社中校区指定の新規事業「人間関係づくり・対話力育成事業」について校区の小中全教職員と保育園・幼稚園の一部教職員が一斉に集まって研修を受け、その後に部会を行いました。研修会では、名城大学教授 曽山和彦先生に「人間関係づくりの意義・理論・技法」という演題でご講演をいただきました。とてもわかりやすいお話で、あっという間の70分でした。講演前に、曽山先生は校区の小中学校の子どもたちの様子を見て回られました。

曽山先生講演  サイズ小.jpg 曽山先生来校3 サイズ小.jpg

薬物乱用防止教室 卒業を前に特別授業

20日(水)、3年生を対象とした「薬物乱用防止教室」を行いました。出雲警察署生活安全課から講師をお招きし、1時間の特別授業を行ってもらいました。薬物だけでなく、最近の事件などをもとに、犯罪に巻き込まれないためのご指導もいただきました。卒業式まであと約20日となりました。3年生は期末テストも終わり、社会に出て行くために必要な様々な知識を学んでいます。

薬物1.jpg 薬物2.jpg

小中連携授業 数学の巻(遙堪小)

大社中学校区保幼小中連携教育、授業・交流部会の活動として、小中交流授業を実施しています。これは、それぞれの小学校が希望する教科について、中学校教員が小学校に出かけて、小学校の先生と協力して授業を進めるというものです。2月12日(火)には、遙堪小学校の6年生教室で大社中学校の数学教師3人が授業を行いました。内容は、古代ローマの数学者にならい、三角形の作図を利用してピラミッドの高さを求める、数学的思考力を問う課題に挑戦するというものでした。6年生たちは真剣に問題に向かい、上手にコミュニケーションをとりながら正解に近づいていきました。次は荒木小で英語の授業です。(大社小は10月に音楽でした。)

遥堪小数学 (サイズ小 2).jpg 遥堪小数学 (サイズ小 1).jpg

1年生職業講話その2 イラストレーター

7日(木)1年生は総合的な学習の時間「進路学習」として、イラストレーターの中尾早乙里さんをお迎えしました。中尾さんには、イラストレーターになるまでのご自身の生い立ちや、今請け負っている著書のイラスト作品集などをたくさん紹介していただきました。自分の好きなことを仕事にできることの幸せも伝わりました。特に、絵の好きな生徒には貴重な講話だったと思います。

イラストレーター   サイズ小(1).jpg イラストレーター  サイズ小(2).jpg

2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリ

ウェブページ

  • assets_c
  • 2016
  • 08
  • 09