毎月、学校での様子をお知らせしています。今回は、「「友だち」「家族」とは何だろう...~同じ空間と時間をともにする意味を考える~」についてお知らせしています。ともに生活する上で大切な2つの時間について考えました。

H30学校だより7月号.pdf

suda310235.JPG

今学期最後の読み聞かせ

いよいよ今週末には1学期の終業式を迎え、子供たちが楽しみにしている夏休みに入ります。今朝は今学期最後の読み聞かせの時間でした。各学級では、本の世界を楽しむ静かな時間が過ぎています。外では朝から気温がぐんぐん上がり、セミの声がやかましいくらいです。夏本番、今日もかなり気温が上がる予報で熱中症に要注意です。

【▼今朝の読み聞かせから】

suda310234.JPGsuda310233.JPG

 7月14日(土)荒神谷史跡公園で発表した「弥生の舞」について、本日7月16日付の島根日日新聞に紹介されました。その中では、6年生の子供たちの感想の中に、社会科で荒神谷遺跡で発見された青銅器の学習を行ったことを踏まえ、「去年とは違う思いで踊ることができた」という内容のコメントがありました。

 6年生の社会科学習の中で「弥生の舞」も教材として取り入れ、授業では舞の動きが表すイメージから、青銅器のもつ不思議な力について考えました。その学びを通して、この「弥生の舞」に込められた古代の人々の願いや祈りを子どもたちが感じてくれたことに感激しました。ぜひ、新聞記事をご覧いただければと思います。

【▼弥生の舞と作品展示の様子から】

suda310231.JPGsuda310232.JPG

 6年生は社会科「ムラからクニへ」の歴史学習で、荒神谷遺跡や銅剣を教材として取り上げ学習してきました。その学習を「私の荒神谷物語」の作文として一人一人がまとめました。授業の際にお世話になった荒神谷資料館の学芸員の方にその作品を見ていただいたところ、今日から約1ケ月間、荒神谷資料館の展示室内にコーナーを作っていただき展示していただけることになりました。弥生の舞に参加した子どもたちが、早速展示作品を見学させていただきました。

【▼「私の荒神谷物語」の展示から】

suda310227.JPGsuda310228.JPGsuda310229.JPGsuda310230.JPG

 7月14日(土)午前、荒神谷史跡公園古代ハス池前の広場で、「弥生の舞」を発表しました。保護者や地域の方々にもたくさんお出かけいただき、30年目を迎える「弥生の舞」を38名の5・6年生によって発表しました。本校児童が30年間伝え続けてきたこの弥生の舞について、資料館の藤岡館長さんから「この舞は、荘原小学校の皆さんだけが受け継いできている大切な宝物です。これからも皆さんの力で大切に守っていってください。」との励ましの言葉もいただきました。

【▼弥生の舞の発表の様子から】

suda310220.JPGsuda310221.JPGsuda310222.JPGsuda310223.JPGsuda310224.JPGsuda310225.JPGsuda310226.JPG

「弥生の舞」発表リハーサル

 明日14日(土)荒神谷史跡公園古代ハス池前広場で、「弥生の舞」の発表が予定されています。

今日は、現地で動きや立ち位置の確認を行いました。歴史博物館では、6年生児童の歴史学習の作文展示の準備が進められていました。作文の展示場所は外のロビーではなく、展示室の中に展示していただくことになりました。これもぜひ見ていただきますようお願いします。明日から約1ケ月間展示される予定です。

【▼荒神谷史跡公園でのリハーサルの様子から】

suda310216.JPGsuda310217.JPGsuda310218.JPGsuda310219.JPG

荘原っ子を語る会を開催しました

 7月12日(木)の午後、1学期の学校生活について説明したり、地域での子どもたちの様子についてお話しいただいたりする「荘原っ子を語る会」を開催しました。民生児童委員・少年補導委員・保護司・コミセン・斐川交番の方々に集まっていただき、小学校と幼稚園から今年度の取組の概要や1学期の様子を説明した後、情報交換をさせていただきました。その中で、「登下校の子どもたちが、元気な校で挨拶してくれてうれしくなります。」という声をいただきました。夏休みの学校生活においても、元気のよう挨拶ができる荘原の子どもであってほしいと思います。

【▼荘原っ子を語る会の様子から】

suda310215.JPG

拡大版音楽集会を行いました

 今日の5時間目は拡大版音楽集会です。全校が体育館に集まり、全員で歌ったり、学年発表を聞いたりしました。今日の学年発表は中学年です。3年生のリコーダー、4年生の鍵盤ハモニカやダンスの発表、また全校での音楽ゲームなど、音楽を味わったり、表現したり、楽しい時間を過ごしました。

【▼音楽集会の様子から】

suda310211.JPGsuda310212.JPGsuda310213.JPGsuda310214.JPG

朝の挨拶運動

 1学期も残すところあと10日ほどになりました。大雨をもたらした前線も移動し、昨日9日に中国地方は梅雨明けの発表もありました。朝からぐんぐん気温も上がり、登校してくる子どもたちも汗だくです。今朝は、校門近くに地域の皆さんに立っていただき、挨拶の声をかけていただきました。

【▼あいさつ運動の様子から】

suda310207.JPGsuda310208.JPGsuda310209.JPGsuda310210.JPG

弥生の舞練習が本格化しています

 7月14日(土)の荒神谷史跡公園での発表を控え、弥生の舞の練習が本格化しています。昼休みの時間を使って、ひとつひとつの動きの確認や動きを合わせる練習を繰り返して行いました。前日にはリハーサルに出かけ、本番を迎えます。また、7月14日(土)からの荒神谷歴史資料館には、本校6年生が社会科の学習でまとめた「358本の銅剣の謎」にかかわる作文作品が展示される予定です。ぜひ、ご覧いただければと思います。この展示は1ケ月間開催される予定ですので、期間中にご覧いただければと思います。

【▼弥生の舞の練習風景から】

suda310203.JPGsuda310204.JPGsuda310205.JPGsuda310206.JPG