中学年の様子の最近のブログ記事

音を楽しむ音楽の授業から

 音楽の授業を全職員で参観しました。音楽に合わせてジャンケンゲームをする「ジャンケン広場」から始まり、今月の歌「しあわせになあれ」をみんなで歌う「歌声広場」へ活動は流れるように進みます。子ども達も、毎回の活動であるため、体全体を使って表現する楽しさをしっかり味わっています。そして、今日の学習の中心である「音楽づくり広場」では、「友達とまとまりのあるメロディーをつくろう」をめあてに、しかけを工夫しながら表現することに挑戦しました。子ども達一人一人が音楽を楽しむ姿がよく見られた授業でした。

【▼4年生音楽の学習の様子から】

suda30549.JPGsuda30550.JPGsuda30551.JPGsuda30552.JPG

3年社会科見学「シクラメン栽培」

 3年生の社会科「田や畑で働く人々の仕事」の学習で、シクラメン栽培に取り組んでいらっしゃる常松さんのハウスに3年生が社会見学に出かけました。栽培の仕事や苦労・工夫についていろいろなお話をしていただき、たくさんの質問にも答えていただきました。今は、シクラメンの出荷の最盛期、ハウスの中はシクラメンでいっぱいでした。お忙しい中、とてもくわしくお話をしていただきました。子ども達は、聞き取った内容をもとに学習を深めていきます。

【社会見学の様子から】

suda30501.JPGsuda30502.JPGsuda30503.JPGsuda30504.JPG

4年生の廃油石鹸づくり

 先週の廃油石鹸の事前学習に続き、今日11月27日(月)の午前中に、荘原コミセン女性部の皆さんのご協力を得て、4年生が廃油石鹸づくりに挑戦しました。

作り方の説明を体育館で受けたのち、渡り廊下で石鹸づくりを行いました。

【▼廃油石鹸づくりの様子から】

suda30499.JPGsuda30500.JPG

初任者研修の訪問指導がありました

 11月24日(金)の午後、初任者研修の授業研究会を行い、出雲教育事務所から竹田指導主事をお迎えし指導していただきましたた。4年生算数「面積のはかり方と表し方」の学習で、今日は複合図形の面積をいろいろな考え方で求めました。意欲的に考え、表現する学習が展開され、子供と教師とが一体となって課題追求に向かう姿が印象的な授業でした。

【研究授業の様子から】

suda30497.JPGsuda30498.JPG

 4年生の総合の時間「きらり」では、新建川の環境について学習を続けています。これまでに水質検査や川の観察活動、ゴミ拾い活動等を行ってきています。今回は、自分たちにできる川の水質を保全する対策として、「廃油石鹸づくり」に挑戦することにしています。今日は、その前に合成洗剤と廃油石鹸の違い等について、NPO法人かえる倶楽部の山本さんと荘原コミセンの岡さんにおいていただき、実験を交えながら廃油石鹸のすごさについて学びました。来週月曜日27日には、いよいよ廃油石鹸づくりに子ども達が挑戦します。

【▼事前学習の様子から】

suda30495.JPGsuda30496.JPG

4年生社会見学「新川を訪ねて」

 11月14日(火)、4年生の社会科「新川を開く」の学習で、新川跡地を巡る社会見学を行いました。斐伊川からの取水口から、飛行場跡地見学~法華塔見学~支所附近での新川の様子観察~新田の広がりの様子見学と、上流から下流に向けて順番に見学していきました。今は姿を消した「新川」の開かれた理由やその働きについて学習を進めていきます。今年度も、講師として神門先生にお世話になりました。

【▼新川を訪ねて社会見学】

suda30471.JPGsuda30472.JPG

荘原っ子フェスティバルが終わって

 荘原っ子フェスティバルを終え、今学期もあと1ケ月余りとなりました。これからは、各学年とも2学期の学習のまとめに入っていきます。3年生の子ども達が、手に手にサツマイモをもって校長室前の廊下を歩いていきます。「...?」何が始まるのだろうといっしょに行くと、家庭科室で明日予定されている「スイートポテトづくり」の準備が始まっていました。

【▼3年生のスイートポテトづくりの準備から】

suda30470.JPGsuda30469.JPG

 毎年、本番の前に各学年のリハーサルを見させていただくことにしています。今日は、3・4年生のリハーサル発表を体育館で本番さながらに見させてもらいました。それぞれの発表テーマに合せ、内容がよく工夫され、練習もしっかり積み重ねられていました。本番までさらに磨きをかけ、一番すばらしい発表の姿を見てもらってほしいと思います。

写真は、ほんの一部だけ紹介します。本番をお楽しみに。

【3・4年生のリハーサルの様子から】

suda30453.JPGsuda30452.JPG

この秋一番の冷え込みの朝に

 今朝はこの秋一番の冷え込みとなった分、素晴らしい秋晴れが待っていました。校庭にある柿の木は、青空をバックに赤々とその実が輝き、塚山(神庭岩船山古墳)のツワブキも日に照らされてハッとするような姿でした。

 学校の前庭では、4年生の子ども達が、春に決めたそれぞれの「自分の樹」の様子を熱心に観察していました。今日で10月も終わり、明日からいよいよ11月です。

【▼秋晴れの日の学校の様子から】

suda30446.JPGsuda30447.JPGsuda30449.JPGsuda30448.JPG

3年生が盲導犬の学習を行いました

 福祉について学習を進めている3年生。今日は、川上さんにおいでいただき、盲導犬ジェシーとともにその仕事ぶりなどについていろいろ教えていただきました。これまでにアイマスク体験、点字体験を行ってきた子ども達からの質問に、川上さんはひとつひとつ丁寧に答えていただきました。

【▼川上さんのお話を聞く子ども達の様子から】

suda30418.JPGsuda30419.JPG

 

3年生が点字学習を行いました

3年生の総合学習「きらり」は、福祉の学習を進めています。昨日からクラス別に点字の学習を行いました。

社会福祉協議会の今岡さんにおいでいただき、目の不自由な方のためにある身の回りにあるサインについて学習した後、実際に点字を打ってみる体験をしました。子ども達は、点字の役割や仕組みについて、興味深く学習していました。

【▼点字学習の様子から】

suda30308.JPGsuda30309.JPGsuda30310.JPGsuda30311.JPG

4年生が下水道出前講座を受講しました

 4年生は、社会科の学習で、ごみの始末や下水道の働きについて学習を進めています。今日は、県土木部下水道推進課、出雲市上下水道局の方においでいただき、下水道の働きについてご指導いただきました。

 下水道の仕組みやいくつかの実験も加え、私たちの使った水の行方をわかりやすく指導していただきました。

【▼下水道出前講座の様子から】

suda30300.JPGsuda30301.JPG

suda30302.JPG

suda30303.JPG

 宍道湖水質汚濁防止対策協議会では、宍道湖の水質浄化活動のさらなる発展と環境学習の充実を図るために、平成16年度から河川調査を実施しています。今日8月1日(火)に松江市で表彰式が開催され、代表児童2名が「島根県知事賞」を受賞し、調査内容を報告しました。本校の研究活動は、平成17年度から毎年4年生が調査活動を実施し、今年度で13年目を迎えます。

【▼表彰式の様子から】

suda30269.JPG

suda30270.JPG

suda30272.JPGsuda30271.JPG

国語の授業から(3年生研究授業)

 本校では、昨年度から 「情報を活用し、表現する力を高める授業つぐり」をめざした教育研究を進めています。今日は、3年生国語「物語のしかけをさがそう」の研究授業を全員で見て、授業や研究のあり方について検討しました。これまで学んできた「考えるための手がかり」を手がかりとしながら、自分たちの選んだ本の物語に隠れている「しかけ」を探し出す学習内容です。どの子ども達も迷うことなく、意欲的に学習に向かう姿が見られました。

【▼ 3年の研究授業の様子から】

suda30206.JPGsuda30207.JPGsuda30208.JPGsuda30209.JPG

手話って楽しいよ

 3年生は、19日月曜日に続いて、21日(水)の総合の学習で手話の学習をしました。湯原さんと手話サークルの皆さんにお世話になり、自分の名前を相手に伝える手話を勉強しました。自己紹介の仕方が分かると、積極的に手話であいさつしようとする子どもたちの姿に、指導いただいたみなさんから、「積極的に自分から表現しようする態度が素晴らしいですね。」とほめていただきました。

【▼グループ別に手話を教えていただきました】

suda30186.JPGsuda30187.JPGsuda30189.JPGsuda30188.JPG

3年生の総合の学習は手話の学習へ

 3年生が総合的な学習の時間で進めている「福祉・ボランティア」に関する学習は、アイマスク体験から手話についての学習へ入りました。今日は、湯原さんをお招きして「音が聞こえない生活とその対処法」について具体的に教えていただきました。日常の生活において、目から入る情報が少なく困っていることについても教えていただきました。水曜日には、手話を教えていただくことにしています。

【▼音のない生活についての話を聞く3年生】

suda30174.JPGsuda30175.JPG

3年生総合「アイマスク体験」を行いました

 3年生の総合的な学習の時間では、福祉・ボランティアの学習を進めています。今回、社会福祉協議会の皆さんにお世話になり、アイマスク体験を行いました。慣れ親しんでいる校舎もアイマスクを付けると、自由に歩くことができなくなります。ガイドの友だちの声をたよりに校舎内を慎重に進みました。ガイド役も、どんな声をかけてあげることが大切か、実際に役割を担ってよくわかりました。

【▼アイマスク体験の様子から】

suda30146.JPGsuda30147.JPGsuda30149.JPGsuda30148.JPG

自転車教室を実施しました

 自転車の正しい乗り方を知って、交通安全に気をつけて利用していく態度を育てるために、3年生を対象とした自転車教室を開催しました。出雲警察署、斐川交番、交通安全協会荘原支部の皆さんのご協力を得て、自転車の点検の仕方や乗り方、実技指導を受けました。自転車は便利な乗り物ですが、大きな事故につながる危険な乗り物でもあります。ルールを守って交通事故のない一年にしたいものです。

【▼自転車教室の様子から】

suda30104.JPGsuda30105.JPGsuda30106.JPG

次は学校の北側の様子を調べに

 3年生の社会科学習「学校の周りの様子」の見学が続いています。前回の東側とは違った風景が広がる北側です。家のたくさん集まった下荘原の街並みの中を歩きました。

【▼学校の北側の様子を調べる】

suda30094.JPGsuda30093.JPG

3年生社会科学習「学校の周りの様子」

3年生から始まった社会科の学習。学校の周りの様子から始まり、私たちの住む出雲市の様子へと学習が広がっていきます。今日は、学校の東側の様子を「JR荘原駅...まるべりー工房...永松医院...学頭宮(諏訪神社)」の順に歩きながら、土地の使われ方などを調べました。

【▼学校の東側を歩いて調べました】

IMGP1215.JPG

IMGP1218.JPG

4年生社会見学「斐川消防署」

 4年生の社会科学習で斐川消防署の見学に出かけました。隊員の方々が署内の様子、消防車や救急車の装備等について詳しく説明していただきました。見学中に救急車の出動要請が2件あり、子ども達の目の前で救急車がサイレンを鳴らして出動する様子を目の当たりにしました。命を守る仕事の大変さと大切さを学ぶことのできた社会見学でした。

【▼斐川消防署見学の様子】

suda30084.JPGsuda30085.JPGsuda30087.JPGsuda30086.JPG

 

今年も新建川の調査活動が始まりました

 4年生の総合的な学習の時間では、ふるさとの川「新建川」の調査活動に取り組んでいます。今日は新建川に出かけ、水質検査・透明度調査、そして川の生き物調査を行いました。川を外から調べる場合と、中に入って調べる場合とでは受け止め方に違いが出るようです。「汚れた川」に分類される新建川ですが、生き物が見つかると親しみのわく川でもあります。

 50年前には、学校にプールがなく新建川に遊泳区域が設けられるなど、今とは違った川と子ども達との関わりがありました。

【▼新建川の調査活動の様子から】

suda30056.JPGsuda30057.JPGsuda30058.JPGsuda30059.JPG

初任者の先生の研修が始まっています

 今年度も、本校で初任者の先生への研修を実施しています。毎週、初任者の先生が授業を行い、指導担当の先生からアドバイスをもらう研修を、一年間実施していきます。この研修の実施に当たっては、若い先生方の指導力向上のために、全職員で研修を支えていきます。また、初任者の先生の教育に対する真摯な姿勢や思いは、本校の全職員にとってもよい刺激になっています。

【▼初任者の先生による授業の様子から】

suda30043.JPGsuda30044.JPG

 昨日4月13日付けの新聞(山陰中央新報)で、平成28年度みんなで調べる宍道湖流入河川調査の審査結果が発表されました。本校は、平成17年度から毎年、4年生の総合的な学習の時間(きらりタイム)の活動として調査に12年連続して参加しています。この度、第一席にあたる県知事賞を受賞することになりました。

 表彰式は夏休み中にある予定です。

【▼昨年度の4年生の調査の様子から】

suda30015.JPG