低学年の様子の最近のブログ記事

伝えたいことを整理してまとめる

 12月7日(木)2年生の国語の学習を参観しました。紹介したい「〇〇名人」について、紹介したい事柄を3つ選び、事柄ごとに整理して文にまとめる活動でした。子ども達はそれぞれに伝えたい名人のすごい点(伝えたい点)をたくさん見つけ、カードに用意していました。自分のまとめはもちろん、となり同士で相談しながら活動を助け合いながら活動を進めることができていました。

【▼「名人しょうかい」の活動から】

suda30533.JPGsuda30534.JPGsuda30535.JPGsuda30536.JPG

農家の仕事から学ぼう

 3年生社会科では「農家の仕事」について、上庄原のシクラメン栽培農家を見学して学習を進めています。見学では、シクラメンの栽培方法や仕事の工夫などについて詳しくお話を聞き、たくさんの発見をしてきました。今日は、その見学で得た情報をもとにしながら、「斐川町のシクラメンはなぜ人気があるのか」その秘密を考える学習でした。見学カードや農事ごよみの資料の中から、答えにつながる事実を取り出し、短冊に書きだし発表しながら考えを深めていきました。

【▼社会科学習の様子から】

suda30512.JPGsuda30513.JPGsuda30514.JPGsuda30515.JPG

2年生が餅つき体験をしました

 本校の2年生は、田植え・案山子づくり・稲刈りと、年間を通じて米作り体験をさせていただいています。その最後の活動として、餅つき体験をさせていただきました。

 実施に当たっては、荘原コミセンのこども倶楽部、こどもエコクラブの皆さんに大変お世話になりました。蒸したもち米が、臼の中で少しづつお餅に変わっていく様子を見たり、全員が杵で餅をつき、丸めてお餅を完成させました。最後に、みんなできな粉餅としょうゆ餅にしておいしくいだきました。お世話いただきました皆さん、大変ありがとうございました。

【餅つき体験の様子から】

suda30507.JPGsuda30508.JPGsuda30510.JPGsuda30509.JPG

クイズのヒントは難しいぞ

 クイズに答えることは、子ども達にとってとてもワクワクするもののようで、「もっと出して、もっと出して」とせがむ場面がよくあります。ところが、逆にクイズを作るとなるとなかなか難しいようです。いくつかのヒントを用意して、相手に答えではない手がかりだけを与える。その時、分かりそうで分からないようなヒントがクイズのおもしろさを倍増させます。

 今日の1年生の国語の学習「「すきなものクイズ」をしよう」では、まさにクイズを作る側になり、答えとなる物を様々な観点から考え、ヒントにしていく学習でした。どのようなヒントを出すとよいか、その物の「形」「色」「手ざわり」などなど、その物を知る手がかりとなる観点を設定し、ヒントの言葉を考えていきました。みんな頭をひねりながら、クイズのヒントができあがっていきました。

【▼国語「「すきなものクイズ」をしよう」の学習の様子から】

suda30488.JPGsuda30489.JPGsuda30490.JPG

suda30491.JPG

校内授業研究が進んでいます

 本校の研究は、国語・社会科の2教科を窓口に、「豊かに表現し,考えを深め合う子どもの育成~ 情報を活用し,表現する力をつける授業づくり~」をテーマに取組2年目を迎えています。

 今日は、1年生の国語「よく見て はっけん! さあかこう」の授業を参観しました。「箱の中に入っている謎の野菜」を観察するときに必要な観点を学んだ後、実際にその箱の中の野菜を観点に従って観察し、「はっけんメモ」にまとめました。

【▼1年国語の学習の様子から】

suda30440.JPGsuda30441.JPGsuda30443.JPGsuda30442.JPG

今日は、出雲市保幼小交流の日でした

 10月24日(火)の午後は、出雲市内のすべての学校で「保幼小交流の日」の行事が開催されました。本校でも、来年度入学予定児童とその保護者の皆さんに学校においでいただき、1年生の子ども達がお世話をして、1時間ダンスをしたり「紙トンボ」作りをしたりして楽しく活動しました。

【▼保幼小交流の日の様子から】

suda30429.JPGsuda30430.JPGsuda30432.JPGsuda30431.JPG

1年生がストーリーテリングを楽しみました

 出雲市子ども読書推進係が実施している子ども読書活動支援事業に「おはなしゆうびんやさん」があります。ブックトークやストーリーテリングの実施を希望する学校について、読書ボランティアの方を派遣していただける制度です。本校では、毎年度実施をして子ども達と本との楽しい出会いの機会としています。

 今日は、1年生の各クラスで、読書ボランティアの谷口さんと原さんにストーリーテリングを実施していただきました。

【▼ストーリーテリングの様子から】

suda30388.JPG

秋のふれあい交流会がスタートしました

 1年生は、毎年「おいでませの会」の皆さんと春と秋に交流会をもたせていただいています。今日から2回目の交流会がスタートしました。歌をみんなで歌ったり、いろいろな手遊びゲームをしたりして楽しみました。クラス別に荘原コミセンへ出かけて交流します。

【▼ふれあい交流会の様子から】

suda30374.JPGsuda30375.JPGsuda30377.JPGsuda30376.JPG

校内授業研究を実施しました

 2年生の国語の授業を公開し、本校の研究の取組について協議しました。公開された授業では、「イメージマップ」や「なぜなにシート」といった思考を助ける道具を使いながら、相手に自分の考えや思いをわかりやすく伝えるために、必要な観点を決めて文章にまとめる学習です。紹介したい宝物を決め、その宝物の素敵な点を伝えようと、時間いっぱい文章づくりに向かっていました。

【▼2年生国語の学習の様子から】

IMGP3584.JPGIMGP3569.JPG

2年生が「かかし」作りに挑戦しました

 荘原エコクラブの皆さんのご協力により、アイガモ田んぼに立てる「かかし」を作りました。グループに分かれ、胴体となる木の骨組みにワラをくくり付けていきます。そして洋服を着せ、顔に目鼻をつけて完成です。最初の胴体部分を作ることは子どもの手では難しく、たくさん助けていただきました。

予定されていた2時間でかかしが完成しました。

【▼かかし作りの様子から】

suda30214.JPGsuda30215.JPGsuda30217.JPGsuda30216.JPG

保幼小連絡会を行いました

 1年生も入学してから2ケ月半が経ち、子ども達も学校生活にもすっかり慣れてきました。

 今日の午後は、7つの保育園・幼稚園から先生方においでいただき、学習の様子を見ていただき、それぞれに情報交換をさせていただきました。久しぶりの幼稚園・保育園の先生方との出逢いに、みんな張り切って学習に向かっていました。

【▼ 授業の様子を見ていただきました】

suda30203.JPG

学習公開日・1年生給食試食会

 毎年6月の学習公開日では、1年生の保護者の皆さんにお子さんと共に給食を食べていただき、給食の様子やバランスの取れた食事の大切について栄養指導を実施しています。

 1年生の全員の保護者の皆さんにご出席いただき、子ども達とたのしく給食の時間を過ごしていただきました。子ども達も本当にうれしそうにお話をしながらの給食となりました。

【▼給食試食会とバランスの良い食事の学習の様子から】

suda30194.JPGsuda30192.JPG

suda30193.JPGsuda30190.JPG

ふれあい交流会がスタートしました

 1年生は毎年、おいでませの会のみなさんと、春と秋の年2回交流の機会をもたせていただいています。最初は緊張していた様子ですが、校歌や詩を発表したり、自己紹介や手遊び、肩たたきなどをするうちにすっかり仲良くなることができました。参加の皆さんも、終始笑顔で対応していただき、子ども達との心温まる交流の時間となりました。今週中に1年生のすべてのクラスが交流を終える予定です。

【ふれあい交流の様子から】

suda30160.JPGsuda30161.JPGsuda30163.JPGsuda30162.JPG

1年生が「春見つけお散歩」に出かけました

 1年生が入学してから1ケ月が経ちました。入学の頃は桜の季節でしたが、季節は巡り青葉の季節を迎えています。学校の南庭からスタートして新建川の草道を巡り、みんなで生き物を探して歩きました。

【▼1年生の春見つけの様子から】

suda30071.JPGsuda30072.JPG

ミニトマトの苗を買いに出かけました

 2年生の生活科では、夏野菜を花壇で栽培しています。今日は、全員でミニトマトの苗を学校近くの肥料店へ買いに出かけました。品物を受け取りお金を払うことも勉強するため、一人一人が財布に苗代を入れて出かけました。

【▼ ミニトマトの苗を買いました】

suda30061.JPGsuda30062.JPG

アイガモ田んぼの田植えをしました

 2年生の子どもたちは、毎年アイガモ農法による米作り体験を、荘原エコクラブの皆さんのご協力によって実施させていただいています。今年度からは、羽根東の伊藤さんの田んぼをお借りして田植えを行いました。

 はじめは恐る恐るの様子でしたが、裸足で田んぼの泥の中を歩く感触に慣れてくると、「楽しい。」「もっとやりたい。」という声が次々と聞かれました。

【▼アイガモ田んぼの田植えの様子から】

IMGP0707.JPGIMGP0737.JPGIMGP0761.JPG

IMGP0784.JPG

今年もアイガモ田んぼの活動が始まります

 2年生の生活科の学習として、アイガモ田んぼで田植え・案山子つくり・稲刈りの活動をさせていただいています。荘原エコクラブの皆さんにお世話になってできている活動で、この活動も始まってから10年あまりになります。本年度からは、羽根東の伊藤さんの田んぼで活動させていただくことになりました。今日は、米作りのお話を伊藤さんから聞きました。5月8日には田植えを行う予定です。

 荘原の子どもたちは、2年生の時に「アイガモ田んぼ」を、5年生の時に「米米たんぼ」の活動(隔年実施)をさせていただいています。

【▼伊藤さんのお話を聞く2年生】

suda30037.JPGsuda30038.JPG

学校の図書室で初めて本を借りたよ

 1年生の学校生活が2週間になります。

 勉強や遊びの中で、教室以外での様々な場所が大切な空間になっていっています。昨日から今日にかけて、1年生が図書館の利用の仕方を勉強し、実際に本を借りました。これから、学校で家庭でたくさんの本を読んで、素晴らしい本との出会いをしてほしいと思います。

【▼利用の仕方を勉強した後、実際に本を借りました】

suda30028.JPGsuda30029.JPGsuda30030.JPGsuda30031.JPG

 毎年、この時期に2年生の子どもたちが1年生を学校案内して回ります。

それぞれの部屋の紹介や出入りの仕方についても1年生にわかりやすく教えてくれています。体育館に集まって歌を歌ったり、自己紹介をしたりした後は、グループに分かれて学校のいろいろな場所を探検し、スタンプを押していきました。2年生が1年生を上手にリードする姿がまぶしかったです。

【▼学校探検の様子から】

suda30024.JPGsuda30025.JPG

suda30026.JPG

suda30027.JPG

1年生だけでの下校が始まっています

 1年生も入学後1週間が経ちました。すでに下校も1年生だけの下校が始まっています。登下校で歩く機会が多くなった小学校生活です。お家でも道中のこと、様子を聞いてあげてください。よろしくお願いします。

【▼1年生の下校の様子から】

suda30023.JPGsuda30022.JPG

雨の日の下校となりました

 1年生が入学した翌日から雨の日はなく、これまでカッパを着ての登下校はありませんでした。今朝は空模様が怪しかったのですが、なんとか登校時刻までは雨にならず、カッパの出番はありませんでした。

 しかし、下校の時には雨。初めての合羽を着ての下校となりました。

「晴れもよし。雨もまたよし。」の心境です。

【▼雨の中の下校となりました】

suda30016.JPG