2016年8月アーカイブ

6年生色別会~先生との顔合わせ会~(8/31)

 ふれあい運動会に向けて,6年生と担当の先生方との顔合わせ会をしました。色ごとに一致団結できるように今まで6年生が取り組んできたものを先生方に見てもらったり聞いてもらったりしました。

 自己紹介の後,色のスローガンやキャラクターについての説明しました。色によっては,掲示するスローガンやキャラクターの色塗りが進んでいるところもありました。

 

 

 

 

 その後,ダンス発表をしました。6年生がしっかり踊って下の学年をリードします。応援グッズやコールについても決まっている部分は説明しました。

 

 

 最後に,先生方からのお話がありました。どの色の先生方も「一緒に,しっかり頑張ろう」と応援のことばをいただきました。

 ふれあい運動会まで3週間あまりです。計画的に見通しを持って進めていきましょう!

第2学期 始業式(8/30)

 2学期の始業式を行いました。斐川町内の他の小学校は29日に始業式でしたので,1日遅い始業式です。

 始業式の前に,転入生の紹介がありました。愛媛県松山市から3年生の男子が転入してきました。仲良くしていきましょうね。

 始業式の校長の話では,次のような話をしました。

 今日から2学期。「さあ,2学期だ。頑張るぞ!」という気持ちを大切に持ち続けてほしいと思います。
 今年の夏は,例年にないくらい雨が少なく,本当に暑い夏でしたが,これからもまだまだ暑い日が続きそうです。健康に十分注意してほしいと思います。

 この夏の一番の記憶と言えば,やはり,リオデジャネイロオリンピックではないでしょうか?日本は,過去最高の41個のメダルを獲得し,日本中が興奮しました。 メダルをもらった人ばかりでなく,たくさんの人が力いっぱい戦って,その様子が報道されました。いろいろなことを感じましたが,その中でも大きなことは次の2つです。
 一つ目は,「基礎・基本の大切さ。」です。多くの選手が,小さいころから,遊ぶ時間を削って基礎練習や基本練習を何度も積み重ね,力をつけてきたということが分かります。続ける,継続ということもとても大切だということですね。
 二つ目は,「仲間や家族の存在。」です。支えてくれる仲間や家族,競い合う仲間,応援してくれる仲間や家族がいるからこそ,大きなオリンピックという山を乗り越えることができたのではないでしょうか。

 さて,2学期は,いろいろな行事がたくさんある季節です。そこで,皆さんにこの2学期,少し意識してほしいと思うことを2つお話します。
 一つ目は【目】です。
 「挨拶や返事をするとき自分の「目」で相手をしっかり見て挨拶・返事をしてみてほしい。履物そろえの時,自分がはいていたはき物をしっかり見て揃えてほしい。掃除の時には,汚れているところはどこかなとしっかり「目」で見てほしい。」そういうことです。
 そして,人の話を聞く場面でも「目」をしっかり働かせてほしい。「目と耳と心で」聞くことに挑戦してほしいと思います。
 二つ目に意識してほしいのは【姿勢】です。

  見た目の姿勢という面では,例えば今座って話を聞いている姿勢や立った時の姿勢があげられます。背筋をしっかり伸ばした姿勢がとれるといいですね。教室での学習中の姿勢という面では,椅子にきちんと座って,足の裏をピタリと床につけて,背筋をピンと伸ばしていると気持も引き締まって,集中して学習に取り組めるものです。

 そして,見た目の姿勢ばかりでなく,気持ちや心構えという【姿勢】もあると思います。いろいろな行事が多い2学期ですが,させられていると感じるか,自分でやろうとしているかの違いは大きいと思います。何事にも前向きに,ポジティブに考える姿勢を大切にしてほしいのです。

 意識してほしい【目】【姿勢】について話しました。みんなが,この2つを意識することによって,中部小学校のめざす姿は,「元気いっぱい,やる気いっぱい,笑顔いっぱい,歌声ひびくなかよし学校」に近づいていくと思います。

 最後に,校歌を歌って始業式を終わりました。【実り】の多い2学期となるよう,みんなで頑張りましょう

教育センター出前講座(8/25)

 教育センターの出前講座をお願いしました。

 今回は,「アクティブ・ラーニング型授業のイメージ体験」と題して,島根教育センター浜田教育センターの佐々木先生に来ていただき,お話を伺いました。

 

 「アクティブ・ラーニングとは」「なぜアクティブ・ラーニングか」「アクティブ・ラーニングをどう行うか」「アクティブ・ラーニング体験(演習)」「研修内容を実践に活かす」という内容でした。

 小学校算数科におけるアクティブ・ラーニングの視点を取り入れた授業とは・・・・・・?⇒「深い学び,対話的な学び,主体的な学び」とのこと。

 「知りたい!」「調べたい!」「考えたい!」「説明したい!」「解きたい!」「計算したい!」という「たい」が泳ぐ授業(主体的・意欲的)を実践し,算数好きを増やすことが大切とのことでした。

 

 学んだことを少しでもふだんの学習に活かしていけるようにしたいものです。

 

 斐川西中学校区の保育園,幼稚園,小学校,中学校の連携の会の研修会を行いました。

 今回は,松江市発達・教育相談支援センター(エスコ)の指導主事,吉野晃子(てるこ)先生を講師にお招きし,「学習に向かう力を育てる体づくり~各年代の発達を追いながら~」と題して,体幹づくりについての研修会を行いました。

 

 学習に向かうために必要な体の力として,基礎となる感覚の上に,

「体を支える」・・・正しい姿勢を保つ,しっかり見る等。姿勢保持・変換,バランス,筋力等。

「構える」・・・予想して構える,話し手を見る等。ボディイメージ,注意力,両側の供応。

「調整する」・・・見て動く,聞いて動く等。目と手を合わせる,ことばの活用。

つまり,学習を成立させるためには,まず安定した体が必要であり,

 〇ちゃんと見えてる?聞こえてる? (感覚入力)

 〇ちゃんと歩ける? (重力に抗した移動)

 〇姿勢は保てる?  (筋肉の緊張等)***小学校に入るまでにここまで身についているといいな!

 〇スキップは?片足立ちは?ケンケンは?  (バランス)

 〇行進できる?   (人や課題への合わせ)

 〇左右がわかってる?  (体の基準・方向)

 〇目と手のチームワークは?  (供応運動)

などが大切であると話されました。

 そして,姿勢が悪い原因として挙げられたのが,

 ▲筋肉の緊張度がゆるい。

   ソファーに座って,トドのようにごろごろしていると,ゆるゆるのゴムのような筋肉になるかも。

 ▲頭がすっきりしていない。

   眠たい。わからない。つまらない。…つまりボーッとすると姿勢は悪くなる。

 ▲自分の体がどうなっているかよくわからない。

 ▲体のバランス(上半身と下半身・左と右など)の力が弱い。

などなど。体を鍛えておくことの大切さについて,熱く語られました。

 

 保・幼・小・中が共通して育てたいことをしっかり認識しあって,子育てに取り組んでいきたいものです。

6年生運動会準備始まる(8/23)

 9月24日に開催される,「ふれあい運動会」に向けて6年生の準備が始まりました。夏休み中は,23日,24日の2日間です。

 2学期が始まったら,すぐ各色の活動が開始できるように,1学期に決めた各色のテーマを伝えられるように準備したり,応援やダンスについて考えたりします。キャラクターについても考え,下書きを始めます。

 

 

 

 9月6日の運動会集会で全校の前で発表できるように準備を進めます。

 思い出に残る「ふれあい運動会」になるように,6年生が力いっぱい頑張ります。

校内外国語活動研修会(8/22)

 ご存じの方も多いと思いますが,平成32年度に新しい学習要領が全面実施されることになっています。このことにより,5年生・6年生が現在学習している【外国語活動】の内容は,3年生・4年生が学習し,5年生・6年生は教科として【英語科】を学習することになります。

 3年生・4年生は,「聞く」「話す」ことが中心で外国語に慣れ親しみ,外国語学習への動機づけを高めることが求められています。年間35時間(週1時間)の予定です。5年生は・6年生は,「聞く」「話す」に加え,さらに「読む」「書く」の技能を加え,4つの技能でコミュニケーション能力の基礎を育成する教科となります。英語科は年間70時間(週2時間)の予定です。

 全面実施の2年前(平成30年度)からは移行期として,取組が開始されます。1年半後です。単純に考えれば,小学校に勤める3分の2の教員が外国語活動または英語科を担当するようになります。

 そこで,少しずつでも早めに研修をしようということで,本校に来てもらっているAETの矢田先生を中心に市内のAETの先生方5名に来ていただき,研修会を開催しました。

 

 外国語活動についてやAETの活用の仕方についての講義の他,教員が子供役になって,実際にウォームアップやチャンツ(英語の文章を一定のリズムに乗せて歌うこと。これをリズミカルに繰り返し口ずさむことで,英語の話し言葉のリズムを体得できるとされている。),実際に覚えて使うとよいクラスルームイングリッシュ,カードゲームなどにも取り組みました。

 

 後半では,代表の教員が担任役でAETと一緒に学習する場面を体験しました。

 

 

 一度に身につけることは難しいことですが,少しずつ繰り返し,誰もが対応できる力を身につけていきたいと思います。

 5名のAETの先生方,本当にありがとうございました。

 なお,10月7日(金)には,本校を会場に,市教委主催の外国語活動の研修会が開催される予定です。その研修会には,文部科学省の直山調査官も来校され,講義される予定です。

PTA奉仕作業(8/21)

 早朝7時からPTA奉仕作業が行われました。

 

 4年生から6年生の児童も参加し,校舎内外をきれいにしてくれました。

 校舎外では,校庭やその周辺の草取り,草刈りが中心です。

 

 

 溝掃除もしていただきました。

 

 中庭の草はかなりの量で,時間内に完全にきれいにすることは難しかったようです。

 

 プール周辺もきれいにしていただきました。

 

 

 校舎内では,窓ふきやワックスがけ,蛍光灯のかさや扇風機の掃除など,普段の掃除ではできないところを念入りに掃除していただきました。

 

 

 

 おかげで2学期を気持ちよくスタートできそうです。ありがとうございました。

 

 この日,対外試合のため参加できなかったスポ少のメンバーは,事前に後館の北館の間の草取りをするなど,みんなで2学期に向けての掃除をしてくれました。

 また,奉仕作業後は,各自治会ごとにアルミ缶・空き瓶回収をしていただきました。アルミ缶は玄関前へ搬入してもらいました。

 

 お世話してくださった皆さん,ご協力くださった皆さん,暑い中,本当にありがとうございました。

防球ネット工事 その後(8/15)

 防球ネットの工事のその後です。

 天候にも恵まれ,予定より早く進んでいるようです。15日には,ほぼ終わっている感じでした。

 

防球ネット工事 その後(8/8)

 防球ネット工事のその後の様子です。

 8月5日 ネットの柱が立てられました。

 

 8月8日には,少しずつネットが取り付けられているようです。

 

PTAプール開放(8/3)

 今年も7月28日からPTAによるプール開放が行われています。

 今年は,天候にも恵まれ,毎日プール開放が行われています。

 

 監視してくださる保護者の皆さんにとっては大変ですが,子どもたちにとっては大きな楽しみです。

 

 このプール開放は8月10日まで行われます。

 児童の皆さん,たくさん水に親しんでくださいね!

校内研修会(8/2)

 前日(1日)は職員作業として,各準備室や教材室などの整理整頓をしました。汗びっしょりでみんなが力を合わせてとてもきれいになりました。「断・捨・離」は学校でも必要です。

 さて,夏休みに入って2つ目の職員研修は,本年度の本校の研究教科【算数】に関する研修です。

 松江市立乃木小学校の山﨑敦史校長先生(前島根県教育庁教育指導課長)をお迎えし,「アクティブな算数授業をどうつくる」と題して,お話を聞きました。山﨑校長先生は県教研の算数・数学研究会の会長でもあり,長年島根県の算数・数学の研究にも携わって来られた方です。

 

 最新の資料をもとに,主体的・対話的で深い学び(アクティブラーニング)の視点からの学習過程の改善について,具体的な場面を挙げて,熱く語っていただきました。

 この日の研修を今後に生かしていきたいと思います。

2016年10月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ウェブページ

  • assets_c
  • 2013
  • 07
  • 09
  • 18
  • 10
  • 11
  • 12
  • 2014
  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 08
  • 2015
  • 07
  • 08
  • 09