2024年2月アーカイブ

"ハッピースマイルの虹をかけよう"

6年生を送る会を行いました。昨年はコロナ禍のため、1学年ずつ交替で体育館に入って発表(出し物)を行いました。

今年は全校そろっての開催です。

IMG_9094.JPG IMG_9178.JPG

IMG_9226.JPG IMG_9195.JPG

1年生から5年生の気持ちが6年生にしっかりと届き、双方をつなぐ笑顔の虹がかかりました。工夫を凝らし準備、練習を重ねて送る会を大成功に導いた5年生は最高学年への大きな一歩となりました。1~5年生は他学年の発表を後ろから見ているときも終始じっと聞いていました。また、6年生の退場後もその余韻を在校生も卒業生も味わっている姿は、初めて目にしました。中部小はいいなあと誰もが思い、思い出に残る送る会となりました。

合奏は心をひとつにする

4年生が音楽の時間に練習してきた合奏を聴かせてもらいました。

DSCN6795.JPGDSCN6808.JPG

一人の児童が1回目は鍵盤ハーモニカ、2回目は木琴というふうに2種類の楽器を演奏しました。

練習を重ねてできるようになった自信と、学級のみんなで音を合わせる楽しさが伝わりました。

5年生への進級はもうすぐです。

「ちゅうぶっく」の皆さんの読み語り

中部小学校図書ボランティア「ちゅうぶっく」の皆さんに読み語りをしていただきました。

DSCN6783.JPG DSCN6784.JPG

子供たちは温かな語りにじっと耳を傾けお話の世界にひたっていました。穏やかで心地よい時間です。

今年も一年間、中部小の子供たちのために大変お世話になりました。皆様のお気持ちが本当にありがたく感謝しております。

「ちゅうぶっく」の皆さんの

「明日もがんばれそう」

斐川西中から栄養教諭の先生にお越しいただき、2年生が食の学習を行いました。

野菜や果物の旬について学びました。

DSCN6788.JPG DSCN6789.JPG

「季節の食べ物のよいところは?」という問いに「明日もがんばれそうとおもうところ」と答えた児童がありました。

食べることで体をつくりますが心も満たされて力になるんだなあと感心しました。

授業のあとの給食では食材についても話題にしながら感謝していただきました。

ひかろっこの会「卒業おめでとう会」

斐川町の小学校4校、中学校2校の6校の特別支援学級に「ひかろっこの会」(斐川6校)という名前をつけています。

16日には小学校と中学校をそれぞれ卒業する児童生徒の皆さんをお祝いする会をアクティひかわで開催しました。

DSCN6776.JPGDSCN6777.JPGDSCN6779.JPGDSCN6781.JPG

卒業する皆さんからの力強い発表、また在校生からの心のこもった手作りのプレゼント渡し、じゃんけんゲーム、全員合唱などを行いました。新しい世界でも、今のまま周りの人から愛され助け合いながら、元気で頑張ってほしいと思います。

企画運営をしていただいた荘原小学校の皆さんをはじめ、ひかろっこの皆さん、お世話になりありがとうございました。

「日本は楽しかった」

本校には1割を超える外国につながる児童が在籍しています。今週は「日本語教室を知ろう週間」を設定し、校内の教員が日本語学習の様子を見に行きました。

DSCN6773.JPGDSCN6772.JPGDSCN6771.JPGDSCN6770.JPGDSCN6769.JPGDSCN6767.JPGDSCN6766.JPGDSCN6765.JPG

どの児童も懸命に学習に取り組んでいました。昨年9月に来日した6年生児童は「中部小は楽しかった。日本語教室は楽しかった。日本は楽しかった」と話していました。日本語指導担当者は、日々児童との心の交流を図り熱心に指導しています。日本語の力をつけることは生活を保障することです。日本語の習熟を私たちもともに喜んでいます。

学習したことの発表

2月8日は今年度最後の学習公開日でした。この日は2時間目4年生、3時間目1年生、5時間目3年生、6時間目6年生が学級ごとに発表を行いました。生活科や社会科、総合的な学習の時間に学習したことを保護者の皆様や地域学校運営理事の皆様に伝えました。1年生は国語、算数、音楽、体育でできるようになったこと、中学年以上は個人やグループで調べたことを発表資料を作成し自分たちの言葉で発表しました。

1年.jpg 3年.jpg

4年.jpg 6年2.jpg

2年生と5年生は、11月に発表を行っており、この日は4時間目に普段の授業の様子を公開しました。日本語指導教室の授業も公開しました。

2年.jpg5.jpg日本語.jpg

保護者の方からは「発表のテーマに福祉を取り上げられ私たちも学ぶことができた。どのお子さんも大勢の保護者の前で堂々と発表されていて素晴らしいと思った」、理事の方からは「日本語が上達していた。日々の学習がちゃんと力になっていた」というお言葉をいただきました。子供たちは緊張しながらもとてもはりきって発表し大きな達成感を味わっていました。

「正しいことを信じて行動する」

6年生が社会科で同和問題学習を行いました。教科書無償運動について取り上げました。当日は、出雲市より同和教育啓発指導員、直江地区同推協委員の皆様、他校からの参加もありました。

CIMG3469.JPG CIMG3478.JPG

IMG_8840.JPG IMG_8850.JPG

6年生の児童は、教科書無償運動に携わった母親たちの気持ちに共感し「自分たちも正しいことは正しいと言い、あきらめないようにしたい」「はじめは小さな動きでも社会を変えることにつながる」「これからも教科書を大切に使いたい」という意見をもつことができました。

2024年2月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

ウェブページ

  • assets_c
  • 2013
  • 07
  • 09
  • 18
  • 10
  • 11
  • 12
  • 2014
  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 08
  • 2015
  • 07
  • 08
  • 09

月別 アーカイブ