2018年4月アーカイブ

家庭訪問、お世話になっています。

平成30年度の河南中がスタートして、2週間が過ぎました。この間、始業式入学式生徒会対面式、全国や出雲市の学力調査など、行事が目白押しでした。また、寒暖の差が大きかった2週間であったように思います。そのため、今週の始めは疲れがたまって欠席する生徒が目立ち心配しましたが、今は、皆、元気で、勉強や部活動に取り組んでいます。さて、昨日から家庭訪問が始まりました。今年度は新しく赴任した教員が多くいますので、保護者の皆様と学校が連携を深める良い機会です。保護者の皆様にはお世話になりますが、日頃お感じになっていること等、遠慮なく担任にお話しください。どうぞ、よろしくお願いいたします。なお、入学式と生徒会対面式の様子を以下に紹介いたします。

①4月10日(火)入学式

今年は7つの小学校から新入生を迎え、110名の1年生となりました。2年生が102名、3年生が116名ですので、全校生徒328名の河南中が本格的にスタートしました。なお、新入生を歓迎する言葉を3年4組糸賀勇哉さんが、新入生誓いの言葉を1年2組門脇孟毅さんが述べました。

IMG_4855.JPGIMG_4866.JPG

②4月13日(金)生徒会対面式

入学した緊張感がまだ漂うこの日、生徒会主催の対面式がありました。内容は、1年生と2,3年生が仲良くなるゲーム生徒会や部活動の紹介でした。ゲームでは学年の枠を超えて楽しむことができ、1年生も安心したことでしょう。また、2,3年生が披露した合唱(ともだちのうた)に感動した1年生が多かったようです。さらに、一番楽しみであった部活動紹介では、先輩の姿に感動と憧れを抱いたようです。部活動の仮入部も始まり、1年生はどの部活動にしようかと悩んでいることでしょう・・・。陸上、野球、バー、テニスは、明日、明後日と大会を控えています。健闘を祈っています。

IMG_1261.JPG

大変遅くなりましたが、平成30年度のブログを開始します。3月に10名の教職員が転出しましたが、4月に11名の転入があり、新年度の河南中がスタートしました。保護者・地域の皆様、関係の皆様には、昨年度と変わりませず、本校の教育に対してご支援・ご協力を賜りますよう、よろしくお願い申しあげます。4月9日(月)の着任式・始業式で本格的に動き出した河南中。始業式では、次の3つの話をしました。

4月9日(月)始業式

①「愛のある学校」を創りましょう。

私はこれまで、「愛のある学校」を学校スローガンにしてきました。自他を愛し、大切にし、互いを認め合いながら学校生活を送ることはとても大切です。今年もそうのような学校を創っていきたいと思います。

②河南中の伝統を引き継ぎましょう。

河南中はとても良い学校です。これまでの先輩が築いてきた河南中の「良さ」=「誇り」=「伝統」を大切にしていきましょう。その中心になっていくのは3年生です。

③本田前校長先生からの贈り物を紹介します。

春休み中に生徒昇降口の西側の植え込みに、石灯籠や庭石が移されました。その中に、本田前校長先生からの贈り物である「フクロウ」の石像が置かれています。「フクロウ」は福(幸せ)を呼ぶ鳥として有名です。「フクロウ」の置物を人が集まる場所に置くと、そこに、幸せが舞い込んでくると言われます。河南中で一番たくさん人が集まる場所は生徒昇降口ですので、その近くに「フクロウ」の石像が置かれました。本田前校長先生のお陰で、今年もたくさんの福(幸せ)が河南中に舞い込んで來ることでしょう。本田先生、本当にありがとうございました。

IMG_8786.JPGIMG_8783.JPGIMG_8782.JPG

2018年4月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリ

ウェブページ

  • assets_c
  • 2016
  • 09