6年生の最近のブログ記事

5・6年生・・・家庭科学習

家庭科の時間に、5年生は「エプロン作り」、6年生は「ナップザック作り」をしています。

そろそろ仕上げの段階に入ってきました。

5年生は、初めてミシンに触れる子どもが多く、縫製作業に悪戦苦闘している姿を見かけます。

6年生は、去年ミシンの学習を経験しているので昨年よりはスムーズに縫えているようです。

ミシンの学習では、家庭科ボランティアの皆さんに、ボビンの入れ方、上糸のかけ方、下糸の出し方、縫い方など基礎的な技能の手本を見せていただいたり、個別に教えていただいたりと支援をしていただいています。

おかげさまで、慣れないミシンに集中して向かうことができ、何とか完成にこぎつけることができます。

家庭科ボランティアの皆様、有難うございました。

いろいろなものが簡単に手に入る時代ですが、この学習をとおして、生活に役立つものを自分で作ってみようとする気持ちが育つことを期待しています。

苦労しながら心を込めて縫ったエプロンやナップザックは、いつまでも大切に長く使えるものになるものになりそうです。

3.jpg

6年生・・・地層見学

9月27日に6年生は、地層見学と写生会をするために小伊津町に出かけました。

しかし、あいにくの雨により写生会は中断することになりました。

地層見学は予定通り行うことができました。

地層のことに詳しい島根県地学会の高尾彬先生に、地層のでき方や特徴を分かりやすく教えていただきました。

大迫力の地層を間近に見て、自然の原理や壮大さを実感することができました。

4.jpg

6年生・・・いのちの授業

斐川町在住の江角由利子さんを講師に招き、『いのちの授業』をしました。

江角さんは、1999年当時大学生だった娘、真理子さんを交通事故で突然亡くされました。それ以来、命の尊さを伝える活動を全国各地で行っておられます。

生前の真理子さんのこと、当時の状況、遺族の思いなどを聞かせてくださいました。

真理子さんと同じように若くして交通事故等で亡くなられた方の 等身大パネル(オブジェ)や遺品もたくさん並べて見せてくださいました。

お話の最後には、「あたりまえ」という詩を読んでくださいました。

毎日あたりまえに生活ができることに感謝し、自分の命や周りの人の命を大切にしてほしいと話されました。

用意してくださったパネルや遺品などは、しばらくの間、廊下に展示されることになりました。

命の大切さについて考える機会になりました。

3.jpg

6年生・・・つるし雛作り

昨年度も6年生が参加しましたが、今年も「出雲つるし雛世界ギネス認定プロジェクト」に参加しました。

地域の方や友達に教えてもらいながら、可愛らしいうさぎのつるし雛を作りました。

着物を再利用した色とりどりの布を使ったり、自分たちで顔を描いたりして、個性あふれる作品ができました。

1つは持って帰ることができ、とても嬉しそうな子どもたちでした。

5.jpg

6年生・・・修学旅行

6月6日・7日に6年生は修学旅行に行きました。

天気を心配していましたが、すべての活動を予定通りに行うことができました。

平和都市である広島市での見聞を通して平和の尊さについて考えたり、厳島神社や自動車工場の見学をして文化遺産や産業についての理解を深めたりすることができました。

学びに遊びに、中身の詰まった2日間を過ごし、思い出いっぱいの修学旅行になりました。

5.jpg

6年生・・・「弥生の森博物館」出前授業

縄文時代・弥生時代の土器を触らせていただいたり、高松周辺の遺跡などについて教えていただいたりしました。

社会科の教科書に載っている本物の出土品を目の前にして、子どもたちは興味津々でした。

高松でも遺跡が見つかっていると聞いて、驚きの声が上がっていました。

6.jpg

陸上練習がスタートしました

5月15日(水)に開催される出雲市小学校陸上大会に6年生が参加します。それに向けた放課後練習が始まりました。

走り高跳びや走り幅跳び、ソフトボール投げ、長なわとびなどの練習に取り組んでいます。

練習の期間は短いですが、子どもたちは体力や運動の技能向上や学級の団結力を高めるためにがんばっています。

本番では、練習の成果をしっかりと発揮してほしいと思います。

1.jpg

1年生と6年生・・・交流会

1年間ペア学年として、交流を続けてきた1年生と6年生。

運動会のペア種目をはじめ、普段の休憩時間でも教室を行き来し、楽しく遊ぶ姿が見られました。

卒業を前にして、6年生が交流会を計画しました。

ゲームをしたり手紙を渡したり、たくさんふれあうことができました。

「新聞じゃんけん」ゲームでは、6年生におんぶや抱っこをしてもらい、にこにこ顔の1年生。

そんな1年生を優しいまなざしで見つめる6年生。

1年生は6年生が大好きでした。

image3.jpg

6年生・・・出前授業

浜山中学校の先生に数学の授業をしていただきました。

内容は「長さ」。

思考力が試される問題でしたが、誰もが必死に解こうとしていました。

グループで協力したり、思いを伝えあったりする素敵な学びができました。

image4.jpg

NPO法人日本つるし雛協会(京都市)が主催して、今年10月に大社町でギネス世界記録に挑戦されます。

つるし雛は、江戸時代から厄除けや子どもの成長を願って作られているそうです。

今回の挑戦では、出雲神話の白うさぎを題材にした人形を作ることになっていて、

高松小学校の6年生も、講師の方の指導を受け、夢や願いを込めてつるし雛を制作しました。

心がほっこりするとても可愛いつるし雛ができました。

image.jpg

6年生・・・ミニバイキング給食

いつもの給食とは違って、パンや果物は3種類から2個、ミニデザートは4種類から1個選ぶことができ、飲み物は牛乳ではなくりんごジュースでした。

大きなお盆に自分で盛り付けていくセルフ方式。

子どもたちは、自然の恵みや食生活を支える人に感謝し、選んで食べる楽しさを味わうことができました。

image1.jpg

6年生総合的な学習の時間 & 職員研修

 6年生は総合的な学習の時間に「出雲の未来を考えよう」という学習に取り組んでいます。9月26日には、山陰を走る観光列車「あめつち」のエンブレムを製作された𠮷川製作所の方に来ていただき、ものづくりの魅力や難しさ、ふるさと出雲のよさ、そして、やがては社会に羽ばたく子どもたちへのメッセージなど熱く分かりやすく語っていただきました。

「観光列車やF1の部品、コマなどみんなすごいと思いました。考えたら出雲にも未来があるんだなと思いました。出雲って素晴らしいなと思いました。」

「世界を相手に働いていらっしゃる会社が、出雲にあるなんてとても誇らしいと思いました。」

「『現状維持は後退の始まり、できないと言わない』という言葉を聞いて、これからは何かをやる前にできないと言わないようにがんばりたいです。」

など、子どもたちの感想からもうかがえるように、とても有意義なお話を聞くことができました。

1_7.jpg

 高松小学校では、こうした子どもたちの学習に先駆けて、夏季休業中に職員による「ふるさと教育研修会」を行いました。

 学年会を中心とした6つのグループに分かれて、校長先生のリードのもと、高松校区や出雲市内のお宝発見、ふるさとを知る活動に取り組みました。

 6年会中心のグループは、𠮷川製作所、長浜神社、フルカワフォトスタジオなどを訪問させていただきました。

2_4.jpg

3_2.jpg

 他には、ぶどう農家、石碑、旧電鉄の駅、線路跡、自然などの学年グループに分かれ、それぞれがテーマを決めて午前中はフィールドワークを行い、午後は模造紙にまとめて発表会をしました。

 子どもたちの学習にもつながる、貴重な体験ができた研修となりました。

4_1.jpg

プール掃除

6月4日(月)、6年生がプール掃除をしました。

プール内の床や壁をデッキブラシやたわしで磨いたり、

プールサイドのフロアや排水溝を磨いたり、

窓をワイパーできれいにしたり、

更衣室、洗面台、シャワーなどの汚れを落としたり、

プール物品の整理をしたりなど、

グループに分かれてそれぞれ分担した仕事を一生懸命しました。

6年生が頑張ってくれたおかげで、見違えるほどきれいになったプール。

5日朝から注水を開始し、14日から水泳学習が始まります。

1_4.jpg

陸上練習・・・スタート

5月16日(水)に開会される小体連の陸上大会には6年生が参加します。

4月12日(木)の放課後から本格的な練習が始まりました。

初日は、久しぶりに運動をした子供もいて、「疲れたぁ~。」という声も聞こえてきました。

誰もが自己の記録更新を目指して頑張ってくれると思います。

riku01.jpg riku02.jpg

riku03.jpg riku04.jpg

練習を通して、基礎体力の向上を図ることを大切に活動します。

陸上練習

 6年生は、5月17日の陸上大会に向けて、毎日放課後に一生懸命練習してい

ます。今年は天候にも恵まれ、外での練習も充実しています。チーム力を競う

長なわとび練習にも励んでいます。

 5月17日に浜山陸上競技場で開催される大会には、たくさんの皆様の応援

をお待ちしています。

陸上1.jpg陸上.3jpg.jpg

卒業記念制作

6年生は、図画工作で額縁作りをしました。

数センチ巾の木材に、6年間の思い出やお気に入りを表現しました。

浮彫りや線彫りなどを施したあと着色し、

留め金をつける大変な作業にも根気よく取り組めました。

それぞれが選んだ文字を色紙に書き、額縁に入れました。

手作りの名前印を押し、素敵な作品に仕上がりました。

卒業記念制作.jpg

卒業奉仕

卒業プロジェクトとしてさまざまな活動に取り組んでいる6年生。

今日は感謝の気持ちを込めて、奉仕活動を行いました。

手洗い場掃除、トイレ掃除、給食台の美化、体育館倉庫の整理整頓・掃除、

校庭整備、草取りなどの作業をしました。

卒業式当日を含め、登校日はあと8日となりました。

卒業奉仕.jpg

小中連携 出前授業

6年生は、5時間目の算数の時間に

浜山中学校の数学担当の先生方と一緒に学習をしました。

「中学校での座標の表し方を身につけよう」というめあてでした。

座標平面上の点の表し方、(-3,3)など負の数の座標や読み方などを教えていただき、

座標の表し方に慣れるようにと準備していただいた宝探しゲームは、とても盛り上がっていました。

どのクラスでも真剣に学習する姿が見られ、

「中学校の勉強が楽しみ」「中学校へ行くのが少し安心になった」などの声も聞こえました。

浜山中学校の先生方、準備、授業、たいへんありがとうございました。

出前授業.jpg

バイキング給食

今日は6年生がバイキング給食をしました。

フルーツやデザート、パンは自分で選ぶことができるとあって

子どもたちはとても楽しみにこの日を待っていました。

給食センターから4人の方が来て、準備をしてくださいました。

BGMを流す、クイズをする、歌を歌うなどそれぞれのクラスで

お楽しみタイムをしながら、楽しく会食できました。

給食センターのみなさん、ありがとうございました。

バイキング給食.jpg

感謝のつどい

今日は、6年生にとっては、小学校最後の授業公開日でした。

たくさんの保護者の方に参加していただき、

卒業プロジェクトのひとつ「感謝のつどい」を行うことができました。

○×クイズやジェスチャークイズ、じゃんけんゲーム、

感謝の手紙朗読、歌「だんだん」、ダンス「エイサー」など

子どもたちの進行でとても心温まる会となりました。

「エイサー」は学習発表会で披露したダンスです。

久しぶりの演技となるので、数日前から練習をして本番に備えました。

卒業式まで後わずかになりました。

一日一日が楽しく充実した時間となるよう、大切に過ごしてほしいです。

6年感謝のつどい.jpg

古代出雲歴史博物館 見学

6月10日(金)PM、6年生は古代出雲歴史博物館へ見学に行きました。

博物館の展示物を見学したり、風土記のシアターを観たり、和同開珎作りをしたりして、古代の人々の様子を知ることができました。

また、自分たちの住む出雲地方から数々の貴重な品が出土していることを再認識し、郷土を愛する気持ちを高めることもできました。

出雲こども観光大使

修学旅行では、平和公園や宮島で、観光客や地元の皆さんに、出雲の観光パンフレットを手渡し紹介する活動をしました。

英語での会話にも挑戦しました。

2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ウェブページ

  • assets_c
  • 2016
  • 05
  • 06
  • 09
  • 07
  • 08
  • 09