6年生・・・いのちの授業

斐川町在住の江角由利子さんを講師に招き、『いのちの授業』をしました。

江角さんは、1999年当時大学生だった娘、真理子さんを交通事故で突然亡くされました。それ以来、命の尊さを伝える活動を全国各地で行っておられます。

生前の真理子さんのこと、当時の状況、遺族の思いなどを聞かせてくださいました。

真理子さんと同じように若くして交通事故等で亡くなられた方の 等身大パネル(オブジェ)や遺品もたくさん並べて見せてくださいました。

お話の最後には、「あたりまえ」という詩を読んでくださいました。

毎日あたりまえに生活ができることに感謝し、自分の命や周りの人の命を大切にしてほしいと話されました。

用意してくださったパネルや遺品などは、しばらくの間、廊下に展示されることになりました。

命の大切さについて考える機会になりました。

3.jpg

2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ウェブページ

  • assets_c
  • 2016
  • 05
  • 06
  • 09
  • 07
  • 08
  • 09