「弥生の舞」発表会

 「弥生の舞」は、昭和58年荒神谷遺跡発見から5年目を記念して、平成元年に創作されたものです。踊りは韓国の民族舞踊と神楽の舞を組み合わせて作られました。5・6年有志の子どもたちが代々受け継いできています。例年、斐川銅剣の日のオープニングセレモニー、荘原地区夏祭り、荘原っ子フェスティバルで披露しています。しかし今年は新型コロナウイルス感染症のため、すべての発表機会がなくなりました。そこで、伝統を次につなぐためにも校内発表会行いました。12月16日、小雪の舞う寒い日でしたが、5・6年有志の子どもたちは精一杯の舞を披露してくれました。最初で最後の舞でしたが、この発表が次につながると確信しました。寒い中、とてもよく頑張りました。

IMG_2068.JPGIMG_2067.JPG

IMG_2073.JPGIMG_2106.JPG

2020年12月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ウェブページ

  • 2015
  • 04
  • 26
  • assets_c
  • 2015
  • 04
  • 09
  • 12
  • 2016
  • 02
  • 05
  • 06
  • 07