感謝です さくら小学校後援会

5月7日(木)さくら小学校後援会理事会を開催しました。本年度の予算を議決していただく必要があり、コロナ騒動の中ではありましたが、できる限りの対策をして行いました。
佐香地区、久多美地区の皆様には、各自治協会を通じて後援会費をご負担いただいております。貴重な財源は、子どもたちの学習や学校の維持・管理に活用させていただいております。本当にありがとうございます。本年度も、子どもたちのために、有効に活用していきます。

IMG_0921.JPG

意見交換では、常松会長がしみじみと話されました。
「コロナ騒ぎで、令和元年度の卒業式が行われるかどうかとても心配したが、何とか挙行され、本当に安心した。と同時に、卒業、卒業式の意義を考える機会ともなった。節目を迎える子どもたちにとって、卒業式は、やはりかけがえのないものだ 。大事にしていきたい。」
これからは、やることが当たり前と思っていた行事や活動も、その意義をよく考え、できることのありがたさを感じながら、大切に、ていねいに取り組んでいきたいと思うのでした。

【おまけ 】
5月7日付けブログ「山 笑う」の中で出題した「冬の山を表す表現は?」の答えは「③山 眠る (ねむる)」です。「①山 凍る(こおる)」「②山 老いる(おいる)」も、なかなか言い得て妙、だと思われませんか 。

2020年5月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリ

ウェブページ