「彩雲」が出ていました

お昼頃、南の空を見上げると薄い虹のような雲が出ていました。

saiun.jpg ※クリックすると大きく表示されます。

丸で囲ったあたりにうっすらと虹色の雲が出ています(わかりにくいかもしれません)。

調べてみると「彩雲」だと思われます。

気象庁のホームページには次のように表記されています。

「彩雲は、上空の比較的薄い雲がその縁に沿うように赤、黄、緑などの色に分かれて見える現象です。この現象は、太陽の光が雲の粒を回り込んで進む(これを回折といいます)ことにより発生します。この際に波長が長い赤い光は波長の短い青い光より大きな角度で雲の粒を回り込むため、光の色によって進行方向が変わり、色が分かれて見えるようになります。また、雲の粒の大きさにより光の回り込み方が異なることから、雲の粒の大きさで雲の色が違って見えます。一般に雲の縁で雲の粒が最も小さく、中心に向かって雲の粒が大きくなりますので、雲の縁から中心に向かって色が変わって見えるわけです。」

「彩雲」で検索すると、きれいな彩雲の写真がたくさん表示されました。

興味のある人は調べてみてください。

2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリ

ウェブページ