5年生の最近のブログ記事

8月30日稲刈り

5年生は稲刈りに出かけました。
今年は米の生育が早く、8月中の稲刈りとなりました。
慣れない手つきですが、地域の方に教わりながら一生懸命に刈りました。

inekari1.jpg

inekari4.jpg

15株ずつ「より」で束ねていきました。
西田コミセンのセンター長さんも来ていただき教えてくださいました。

inekari2.jpg

inekari3.jpg

案山子さんたちも、子どもたちの作業を見守っていました。

kakasi2.jpg

kakasi.jpg

刈った稲は、「はでば」に干しました。
今では珍しい風景となりました。
日本の原風景だと思います。

hade.jpg

大変お世話になりました。

7月7日 案山子づくり

5年生が、西田コミュニティセンターへ行き、案山子を作りました。
竹の骨組みに、藁をくくりつけます。

家から持ってきた洋服を着せていきます。

顔を描いていきます。

約2時間で、自分たちの背より高い案山子が2体出来上がりました。

お世話になりました。

 

5月7日 田植え

今年も5年生は、小片さんにお世話になり米づくりを体験させていただくことになりました。
しろかきまで小片さんにやっていただき、連休明けのこの日、10m四方の面積に田植えを行いました。

最初は、泥の感触が良くなかったようですが、だんだん慣れてきて最後には上手に植えていました。

最後に看板を立てて、みんなで記念撮影をしました。
これから収穫まで、お世話になります。
小片さんよろしくお願いします。

 

9月9日(火)稲刈り

5年生が春に植えた稲が、小片さんのお世話により見事に実りました。

その田んぼに5年生と教頭先生が出かけて稲刈りをしました。
稲刈りはもちろん、鎌を使って稲刈りをすることは初めてでした。
小片さんに丁寧に刈り方を教えていただき、稲刈りスタートです。

3分の1ほど刈ると、のどが渇いたり、腰が痛くなってきました。

 

それでも1時間ほどで刈り終えることができました。

刈った稲を、みんなで集め、はでに干しました。

昔の人の手作業での農作業の大変さや、米一粒のありがたさが実感できました。
また、小片さんは機械ですべてやるより、はで場で干したほうがお米がおいしいので、今でも手作業で干しておられる事も分かりました。

小片さん、本当にお世話になりました。

キャンドルの集い

第1部は迎火の儀式
第2部は親睦の火 ゲームやスタンツで楽しく盛り上がりました。
第3部は送火の火 営火長から規律の火、友情の火、健康の火、希望の火、勇気の火、挑戦の火、協力の火、感謝の火、自立の火を一人一人に渡しました。

「今日の日はさようなら」を歌いながら退場しました。

教頭先生はじめ4人の先生方が駆けつけて、一緒にキャンドルの集いに参加してくれました。 

無事に帰って来ました

波が荒かったけど、みんなで力を合わせて漕ぎました。無事に帰って来ました。

いざ、宍道湖へ

サバニをします

幸運にも天気が回復しサバニができるようになりました。今から出発します。

スパイダー

直径5cmのリングに3mほどのひもがついた道具を使います。リングにテニスボールをのせます。5人で紐の端を持って、ボールを浮かせて3m離れた筒にのせます。まさに協力が必要になるゲームです。声を掛け合い、誰かがリーダーにならないと上手くいきません。

5年生はとても上手にクリアしました。

鬼ごっこ

指導者が言った条件に合う人が鬼になります。

例えば「女の子」「帽子をかぶっている人」「算数が嫌いな人」という条件です。目に見える条件は誰が鬼かすぐ分かりますが、見えない条件の時は分かりません。

仲間づくり

研修が始まりました。

まず、紙に丸を描きます。次にその中に魚を描きました。どんな絵になったでしょう?一人を除いてみんな写真のように描きました。

これを固定観念と言います。友達のこと自分のことをこういう人と決めつけていませんか?と問いかけられました。新しい友達、自分を見つけてほしいと思います。

サンレイク宿泊研修開始

5年生の宿泊研修が始まりました。

オリエンテーションをしています。

2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ウェブページ

  • assets_c
  • 2014
  • 05
  • 28
  • 2016
  • 06
  • 09