出雲市ふるさと歴史学習

IMG_5460.JPGIMG_5462.JPG

出雲弥生の森博物館より三原先生をお招きして、6年生はふるさと歴史学習を行いました。「出雲に残る戦争のつめあと」というテーマでの学習でした。

IMG_5464.JPGIMG_5463.JPG

戦後78年が経った現在ですが「いつまでも戦後でありたい」というお話から、ふるさと出雲市に実際にあった戦争の跡について知り、そこから戦争と平和について考えるという学習でした。「旧海軍大社基地」について、作るのに当時の小学生も参加させられていたこと、そして1945年7月28日に出雲市にも空襲があって、亡くなった方もいたことなど学びました。子どもたちから「島根県は戦争の被害がなかったと思っていたけど、実際には大変なことがあったことを知りました。学んだことを下の子たちに教えたいと思いました」「授業もない、食べるものもないなど、今からじゃ考えられない生活だったんだと思いました」など感想がありました。三原先生より「7月28日に空襲があったけど、戦争がもっと長引いたら、この出雲も、もっと被害にあって、もっとたくさんの人が亡くなっていたかもしれない。そうなっていたらひょっとして自分たちも今、ここにいなかったかもしれない」「たまたま生き残ったから、今がある。そんなふうに、戦争について、もうひとつ踏み込んで考えてほしい」というお話をいただきました。

IMG_5465.JPGIMG_5466.JPG

11月も最終日となりました。とてもおいしいカレーでした。フルーティーな香りがしました。子どもたちも大喜びでした。11月もありがとうございました。

2023年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウェブページ

  • assets_c
  • 2014
  • 05
  • 28
  • 2016
  • 06
  • 09