10月7日(火) 社会科見学「安食さんの『柿づくり』を見せていただこう」

社会科「農家のしごと」の学習が始まりました。

 万田町で、柿を育てておられる安食豊さんのハウスを見学させていただきました。

見学に行く前に、「おいしい柿づくり」のひみつを見つける手がかりとして、まず、「静岡県浜松市の三ケ日みかん」の栽培のようすを視聴し、ポイントを考えました。

 「『くだものどうし』なので、柿づくりにもつながることがあるかな?」と話し合い、

「工夫」を予想して出かけました。

予想以上に、共通点が多く、びっくりしました。

 安食さんのお宅のおねえさんが、3年生のために、何日も前から準備しておいてくださった「合わせ柿」は、ほんとうにおいしくて、たくさんたくさんいただきました。

 安食さんの、いろいろな工夫や、たいへんな仕事のようすや、べんりな道具があり、「おいしい柿ができるひみつ」を、いくつも見つけることができました。

 でも、「おいしい柿ができる一番のひみつ」は、安食さんが、いつも「柿さん、こんにちは。」と、柿に呼びかけてハウスに入られることかも知れません。

安食さんは、柿をとても大切に思って育てておられることが、よくわかりました。

2021年7月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ウェブページ

  • assets_c
  • 2014
  • 05
  • 28
  • 2016
  • 06
  • 09