力強く生きて 鮎の稚魚放流

 神戸川漁協乙立支部のみなさんのお世話になり、4年生が長良川(岐阜県産)鮎の稚魚、約3000匹(約10㎏)を旧乙立小学校下の神戸川河川敷で放流しました。児童たちは、鮎を放流した後、まずは上流に上り大きく成長し、夏からは徐々に下流へと下り、秋には河口付近で産卵し一生を終えるという説明を聞き、力強く生きて欲しいとの願いを込めて放流しました。この活動を通して、「豊な神戸川、宝の鮎」が維持できると良いと思います。

IMG_8549.JPG IMG_8563.JPG

IMG_8569.JPG IMG_8573.JPG

IMG_8581.JPG IMG_8578.JPG

IMG_8610.JPG IMG_8615.JPG

2022年10月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリ