立久恵音頭 踊りの練習

 7月9日(火)2時間目に、体育館で今年度第1回目の立久恵音頭踊りの練習をしました。立久恵音頭は詩人野口雨情が昭和10年に作詞したもので、戦争を乗り越え、84年もの間、乙立地区で大切に守られてきた歴史のある歌と踊りです。今回は立久恵音頭保存会の方が講師として来られ、火曜日には幼稚園と1~3年生が、金曜日には4~6年生が指導をしていただくことになりました。練習では、若あゆがデザインされた立久恵音頭用の法被を着て、張り切って練習に取り組みました。2学期にも練習会を行い、練習の成果は、9月28日のなかよし運動会で披露することになっています。

DSCN9936.jpg DSCN9935.jpg
DSCN9937.jpg DSCN9939.jpg
CIMG8961.jpg CIMG8959.jpg
DSCN9951.jpg DSCN9952.jpg

2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリ

ウェブページ