市弁論大会での堂々たる主張

 10日(月)出雲市立第三中学校にて、第14回少年の主張出雲市大会が開催されました。本校からは1年生の女子生徒が出場しました。演題は「私×(かける)祖父の二人三脚」でした。練習の成果でしょうか、校内大会の時よりも、さらに落ち着いて堂々と主張を述べました。しっかりと聴衆を見て、素晴らしい態度・論調でした。観る人に感動を与え続けている都大路での駅伝大会出場を目標に、現役ランナーの祖父との温かなやり取りの中から学び感じたことを、中学生らしい感性と分かりやすい言葉で伝えました。支えてくれる人に感謝の思いを伝え、前向きに夢に向かって頑張ろうとする強い意欲を感じました。ほのぼのとした気持ちと元気を観衆に与えてくれた弁論でした。15人の出場者の中で、金賞2名に次ぐ銀賞を獲得しました。おめでとうございます。

20180910 少年の主張 出雲市大会 129.JPG IMG_1064.JPG 

 本校出場者は1年生の女子でした。訂正し、お詫びします。

2022年10月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ウェブページ

  • assets_c
  • 2016
  • 06
  • 07
  • 08
  • 09