シトラスリボン・プロジェクト

  湖陵地域同和教育推進協議会から「新型コロナウイルス感染症に関連した偏見や差別問題」に対して愛媛県の有志が立ち上げた「シトラスリボン・プロジェクト」の缶バッチが届きました。

 このプロジェクトはコロナ禍で生まれた差別や偏見に対し「ただいま」と「おかえり」を表す活動で、『地域』『家庭』『職場(学校)』を象徴する三つの輪を作ったリボンです。誰もが「ただいま」「おかえり」と言い合える明るい町では、検査や治療を安心して受けることができ、感染の拡大を防ぐことにつながるという願いが込められています。

 生徒には今年度中、名札と一緒に付けてもらおうと考えています。ご家庭でも話題にしていただけたらと思います。

DSCN2077.JPG DSC_5010.JPG

2021年3月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリ

ウェブページ