2019年12月アーカイブ

2学期終業式

12月25日に2学期の終業式を行いました。心配していたインフルエンザの流行もなく全学級がそろっての終業式ができました。登校日82日間の2学期...体育会や学習発表会をはじめ、大きな行事が続いた2学期でしたが、子どもたちは互いに力を合わせ、仲間と思い合いながら取り組んできました。終業式ではそんな2学期のがんばりを振り返りました。冬休みは「ありがとう」を大切にし「ありがとうと言われるくらし」ができるよう願っています。今学期間、保護者や地域の皆様には様々なご支援、ご協力をいただきありがとうございました。

CIMG6372.jpgCIMG6380.jpgCIMG6382.jpgCIMG6381.jpg

学校に一日郵便局

 校区の古志郵便局の企画である「サンキュー年賀」に参加し、全校の子どもたちが子どもたちが年賀状を書くという体験をしました。子どもたちの中には、初めて実際にはがきを書いたという子どももありました。また年賀状という日本の文化にも触れることができました。今日は郵便局の方にポスト(模型)を持ってきていただき、子どもたちが実際にはがきを投函する体験をさせていただきました。SNSやメールが日常の連絡やコミュニケーションの中心となっている現代、生活の中ではがきを書いたり、ポストに投函したりすることは少なくなっています。これをきっかけに「手紙を書いて気持ちを伝える」ことのよさを感じてくれたらと思っています。

CIMG6369.jpgCIMG6364.jpgCIMG6365.jpgCIMG6361.jpg

寒さにまけずなわとび練習

市内にインフルエンザがはやっていますが、本校では今日もインフルエンザによる欠席は全校で1名と、流行には至っていません。日に日に寒くなりますが、休み時間には校庭で元気に長なわとびの練習をする姿が増えてきました。1月末のなわとび集会に向けての練習です。今学期もあと2日...最後まで元気に過ごしてほしいと願っています。

CIMG6344.jpgCIMG6328.jpgCIMG6327.jpgCIMG6329.jpg

人権出前教室

 人権週間の取組のひとつとして、12月9日(月)に出雲人権擁護委員のみなさんをお招きして2年生、5年生の「人権出前教室」を行いました。2年生の学習では,紙芝居「かっくん」を見て学年みんなで話し合いました。ひとりひとりの違いやよさをみとめ、友達を大切にすることの大切さを学びました。つい人の心を傷つけてしまう言動に子どもたち自身が気づき,日ごろの生活をふりかえるよい機会となりました。こうした学習を積み重ねることで、より高い人権意識を育てていきたいと思います。

CIMG6299.jpgCIMG6307.jpgCIMG6302.jpgCIMG6304.jpg

書初め練習

3年生以上の各学級では今、書写の時間に「書初め」の練習に取り組んでいます。大きな条幅紙に大筆を使って書くのは、いつもとは違い、緊張感も伴います。会場のランチルームでは、ほどよい緊張感で張り詰めた空気の中、子どもたちが真剣に取り組んでいました。

CIMG6264.jpgCIMG6294.jpgCIMG6261.jpgCIMG6293.jpg

笑顔の花咲く神戸川小集会

12月5日(木)に,児童会主催の人権集会「笑顔の花咲く神戸川小集会」を行いました。まず各学級の代表児童が,各クラスで話し合った「自分たちのクラスのよいところ」「居心地のよいクラスになるためにこれからがんばりたいところ」を発表しました。「あったか言葉を使う」「友達をさそいあう」などそれぞれの学級のめあてが紹介されました。続いて計画委員会が,みんながうれしくなる言葉を使おうと寸劇を通して呼びかけました。また図書委員会は図書「まっくろネリノ」の紹介をしました。最後に音楽委員会のリードで全校のみんなで「なかよし手遊び」を楽しみ,和やかな雰囲気の集会となりました。

CIMG6279.jpgCIMG6281.jpgCIMG6283.jpgCIMG6275.jpg

2020年1月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ウェブページ