学力向上のための取組「外国語」

 学校では、児童の学力の向上を目指し、様々な教科等の授業の進め方について、教職員で日々授業研究を行っています。

 9月29日(木)は、出雲市教育委員会から、お二人の教育指導員の先生方をお招きし、5年生の「外国語」の授業・指導について研究・ご指導をいただきました。

 IMG_5678.JPG

 「いやぁ・・・もっと最初に、今日はこんな学習をするよということをしっかり伝えとけば良かったかな・・・」

 「この授業で子供達にどんな力をつけたいか、目標を明確にしないといけないよね・・・」

 「授業のゴール(授業最後の子供の姿)をはっきりイメージしておくといいね・・・」

 「目標や授業のゴールが見えてると学習展開がおのずから見えてくるよね・・・」

 IMG_5690.JPG
 「外国語」の学習を通して、「言語活動の充実」をねらった今回の授業研究、授業途中の「言語活動の取組」と「取組に対する中間評価・指導(軌道修正)」の組み入れ方について、しっかりと教職員で話し合うことができました。そして、指導員のお二人の先生からも、授業の考え方や授業の取り組み方についてご指導いただき勉強させていただきました。

 「言語活動の充実」は外国語や国語だけでなく、算数や理科、社会をはじめいろいろな教科等の学習でも取り組むことが可能ですし、取り組まなければなりません。
 
 今後も、「言語活動の充実」から「対話的で深い学び」の実現をはかり、児童の学力の向上に向けて、教職員同士授業を見せ合い、考え合いながら授業の研究に取り組んでまいります。

 今回、お忙しい中ご指導いただきました、出雲市教育委員会教育指導員の先生方、ありがとうございました。

 IMG_5693.JPG

2学期が始まりました

 IMG_3345.JPG
 8月30日(火)令和4年度2学期が始まりました。
 

 新型コロナ感染症の感染が拡大している状況ではありますが、子供達や教職員とともに2学期を迎えることができたこと、ありがたく思いました。子供達は、また学校でたくさんの友達と会えたこと、一緒に学習や生活ができることに喜びを感じている様子でした。

 始業式では、布野校長より、2学期に頑張って欲しいこととして、「挑戦しよう」と「人を大切にしよう」という2つについてお話がありました。子供達は皆、静かにじっくりと話を聴いており、それぞれに「よし、2学期も頑張ろう。」という気持ちを高めているように思えました。

 そして、「人を大切にしよう」に関連して、"神西地区 人権キャラクター"の「かっく」と「まある」の紹介がありました。「明るい笑顔がつなぐ 住みよいわが郷 神西に(一人一人認め合い尊重しあえる心豊かなまちづくり)」をテーマとして、出雲市立河南中学校の生徒さんがデザインしたもので、神西地区が出雲市から人権・同和教育の研究指定を受けていることから誕生したキャラクターです。

 IMG_3350.JPG
 「かっくは四角くて青色、まあるは丸くてピンク色。みんな違っていていいんです。」

 神西小学校も、人権・同和教育に力を入れています。道徳科をはじめ、社会科、学級指導等の授業において、人権・同和教育にしっかりと取り組み、自分や他の人を大切にすることについて子供達と教職員が一緒に考え合っています。2学期も引き続き取組を進めていきます。
 
 保護者そして地域の皆様、2学期もどうぞお支えをお願いいたします。

スプリンクラーが大活躍!

 夏休みに入りました。
 子供達の姿が見られない学校は、とても静かで、やはり寂しい感じがします。

 そんな中、当たり前ではありますが、教職員は毎日出勤し、研修や打合せ、1学期の振り返りと2学期の準備、出張等、忙しい日々を過ごしています。
 この他にも、各学年で栽培している作物の水やりというう大事な仕事もあり、朝方と夕方、場合によっては土日や祝日の休日にも、学校に来て畑の水やりをすることもあります。

 そこで、昨年度の夏休みからタイマー付きのスプリンクラーを導入してみました。タイマー付きですので、例えば「毎朝7時から10分間噴水」にセットをしておくと、毎日、自動でその通りに噴水をしてくれます。これにより、毎日の畑の水やりのお仕事がなくなり、その分違う仕事ができるのです。

IMG_3342.JPG

 神西小学校では今年度も4台のタイマー付きスプリンクラーが大活躍です。
 これも一つの「働き方改革」と思っています。小さなことではありますが、教職員の負担が少しでも減るように取り組んでまいります。そして、教職員が皆元気で、また2学期からしっかりと子供達と向き合えるように努めてまいります。

 保護者の皆様、地域の皆様、1学期間お支えいただきまして、ありがとうございました、どうぞ2学期も、よろしくお願いいたします。

 新型コロナウイルスの感染が再度拡大しており、安心できない状況が続いています。そして、ウクライナとロシアの問題も解決が見えない状況です。さらに「サル痘」の脅威も・・・。安心できる世の中が早く来ますように・・・。

学校探検

5月12日(木)

IMG_3307.JPG

 令和4年度に入学した28名1年生が、2年生の案内のもと「学校探検」をしました。

「うわ~。ひろ~い。」と言いながら、まだ入ったことのない特別教室に・・・。

「ここは校長室です。学年と名前を言って、しつれいしますと言ってから入ります!」
2年生も張り切って紹介です。

今年度は、全校178名の児童と27名の教職員の神西小学校。みんなで学び合い、支え合いながら成長していきます。保護者の皆様、地域の皆様、ご声援をよろしくお願いいたします。

今年度の入学式も、新型コロナウイルスの感染防止のため、児童及び教職員、1年生の保護者様のみでの実施とさせていただきました。
また、多くの皆様方をお迎えして行事か開催できる日が早く来ること、全世界に安心と平和が1日でも早く実現することを願います。

卒業

IMG_3078.JPG

 3月18日(金)、31名の6年生が卒業しました。

 今年度、最高学年として神西小学校を引っ張ってくれた6年生。行動力のあるとても立派な、そしてとても素敵な6年生でした。
 おめでとう、6年生。
 ありがとう、6年生。
IMG_3074.JPG

IMG_3270.JPG
 中学校でも、きっと頑張ってくれると信じています。
 これからもずっと、ずっと応援しています。

 これまで6年生の成長を支えていただきました地域の皆様、先生方、ご協力いただきました保護者の皆様、本当にありがとうございました。

 本来ですと、皆様方をお迎えしての卒業式とするところでしたが、新型コロナウイルスの感染防止のため、今年度も児童及び教職員、6年生の保護者のみでの実施とさせていただきました。

 また、多くの皆様方をお迎えして行事か開催できる日が早く来ること、安心と平和が1日でも早く実現することを願います。

バトンタッチ・・・

 3月です。学校では、6年生の卒業にあわせ、様々なことについての引継ぎ、いわゆる「バトンタッチ」が行われます。
 11日(金)にはまさしく「バトンタッチ集会」があり、児童会活動をはじめとして学校生活に関わることについて、これまで最高学年として引っ張ってくれていた6年生から5年生以下の児童へとバトンタッチが行われます。
 また、登校班についても、新しい登校班・班長へとバトンが渡され、14日(月)からは新登校班での登下校が始まります。この登校班に、4月からは新1年生が加わります。

 今までリーダーとして、先頭に立って活動してくれた6年生31名・・・。感謝の気持ちを「ありがとうさようなら集会」で1年生から5年生が表します。この「ありがとうさようなら集会」を主催するのは5年生。新リーダーとしてのスタートです。

 IMG_3196.JPG

 3月1日(火)とても温かく「ホワ~!」とした集会、時間でした。5年生の皆さん、ありがとう。

 IMG_3201.JPG IMG_3204.JPG

 1年「6年生に金メダル」2年「かさこじぞう」

 IMG_3208.JPG IMG_3210.JPG

 3年「BTSの歌に合わせて出雲市クイズに挑戦!」

 4年「あなたは神小6年生よりくわしいの?」

    

 IMG_3217.JPG IMG_3233.JPG

 5年「6年生やないかい!」6年「三原色」

 IMG_3238.JPG IMG_3241.JPG

  1~5年生のダンス

 この感謝の気持ちは、6年生も同じです。3月4日(金)の5時間目、ともに過ごした1~5年生への感謝の気持ちを「ふれあい商店街」で表します。6年生が体育館にお店を出し、1~5年生に楽しんでもらうという企画です。神西小ならではの催しです。

 そして、3月18日(金)6年生は卒業です。

 「感謝」、「別れ」の3月・・・。ありがとうの気持ちをしっかりと伝え合い、さようならの寂しさをしっかりと味わい、4月の「出会い」、「出発」への期待へと繋げます。
 
 

 例年は、「ありがとうさようなら集会」をはじめとした感動的な学校行事などの様子を、保護者の皆様や地域の皆様にご覧いただいております。しかしながら、今年度は新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から公開しないこととさせていただきました。学校として、動画配信を中心にご覧いただく方法について検討・実験等を重ねましたが、個人情報の取り扱いについて等を考慮し、このホームページやブログでのお知らせとさせていただきます。大変申し訳ございません。ご理解をお願いいたします。

 誰もが、周囲への「感謝」や「協力」の気持ちを強め、争いにより罪のない人たちの命が奪われることがない世界、不必要な自己表現による飛翔物体への脅威・不安のない世界が、一日でも早く実現することを願います。

いつもの生活に・・・

「やっぱり主役がいないと・・・」

 IMG_0506.JPG2月に入り、1日(火)から学校を再開しました。教室には、子供達の元気な声が響いています。
 臨時休業中・・・すっかり静まりかえっていた教室。
 「やっぱり主役がいないと・・・」

 そう言いながら、とても喜んでいるように見えました。

 そして、友達に会えたこと、一緒に勉強できること、一緒に遊べること・・・子供達も教職員も喜びにあふれています。

 ただ、この臨時休業に伴う授業時間数の確保や、まん延防止等重点措置の適用などにより、予定していた学校行事のほとんどを中止または延期・変更をしなければならなくなりました。

 子供達には楽しみや活躍の場、保護者の皆様や地域の皆様には子供達の学校での様子のお伝えの場が、十分に設けられないことがとても残念です。子供達の安全、保護者やご家族、そして地域の皆様方の安心を第一に考えながら、精一杯取り組んでまいります。

「まずは我々大人が・・・」

 神西小学校は、令和3年度から4年度に、出雲市から「同和教育研究指定事業」の指定を受けています。
 これを受け、今年度は特に「特別の教科「道徳」」を中心に、「子供達の心に響く効果的な授業方法」を学校の研究テーマに掲げ、人権教育に力を入れた取組を進めていまます。
 これまでに、5年生の「道徳」、こだま学級とやまびこ学級の「自立活動」、6年生の「社会(同和問題学習)」の授業について、教員同士で考え・見合いながら研究を進めてきました。

 2月は1年生、2年生、3年生、そして4年生の「道徳」の授業により研究を深めます。

 IMG_0515.JPG

 IMG_0514.JPG
 この人権教育を進める上で、まずは子供達を育てる我々教職員が、大人が、「人権」を守り差別などしないということや、「道徳心」を持ち相手の気持ち・心情を考えた言動・行動をとること、いわゆる「常識」や「人として」ということに大きく逸脱せず、あたりまえのことをするということが大事だと感じています。
 まずは我々大人が・・・子供達の良きモデルになるよう生きなければ・・・。

 新型コロナウイルスの感染状況が毎日報道されています。若干減ってはきているものの、まだまだ多い状況です。
 学校では、教職員による校舎内の消毒をはじめ、これまで以上に感染予防対策に取り組んでいます。
 それと同時に、人権教育に関わり「コロナ差別」についても子供達と考え合っています。

 この感染症の拡大により、人命が奪われたり、色々と困ることや大きな影響が発生しているのですが、この感染症をもとに教えられること、学べることがたくさんあるとも・・・しっかりと学び合っていきたいと思います。

主役のいない教室・・・

 

 「主役のいない教室・・・」

 今日から、島根県に「まんえん防止等重点措置」が適用されました。
 現在、学校も臨時休業中・・・。主役のいない教室は、静まりかえっています。
 IMG_3186.JPG

 教室は・・・、学校は・・・、やはり子供達の元気な声が響き合う場所でないと・・・と改めて感じます。
 2月1日(火)より無事に学校が再開し、また、子供達の声が聞こえるのを楽しみに待っています。

 「いろいろな行事や活動を中止せざるを得ない状況だけど・・・子供達のためになる活動や子供達が伸びる
  活動、子供達が楽しみにしている活動はなんとか工夫してやろう!」

 と、天野校長先生。

 子供達の命・健康を守ることを第一に考え、精一杯の感染防止対策に取り組みながら、今後も質の高い教育活動に取り組んでまいります。

 「元気で過ごしているかな・・・」

 臨時休業中の子供達の家庭での様子・・・学校では心配をしています。
 今日は、地域の方から、
 「道路で遊んでいる子がいたよ、危ないよ。」
 「臨時休業中だから家で過ごしてね。」

 といったありがたいお言葉をいただいたところです。
 
 「先生たちもお休みでしょ?」 
 
 子供達からよく聞かれます。
 実は、臨時休業中も教職員は通常勤務です。
 この休業中は、教職員みんなで、校舎内の消毒をしたり、今後の学校での活動についてなどを話し合う会議をしたり、お休みが増えた分より効率的・効果的に学習を進めるための研究や準備をしたりしています。

 出雲市内でも感染が拡がっています。
 感染された方々の1日でも早いご回復やご家族の皆様のご安心、医療従事者の皆様のご負担の軽減など・・・心からお祈りをいたします。

いつもどおり・・・

IMG_3169.JPG 本日は、2学期の終業式でした。
 
 8月の終わりの始業式は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、児童は各教室、集まることを避けて、全校放送により行いましたが、終業式は、「いつもどおり」に体育館に集まって行うことができました。

 この「いつもどおり」の言葉・・・昨年から今年にかけてあまり使わなかった気がします。
「いつもどおり」の日常・・・「いつもどおり」の暮らしが戻りつつあります。
とてもありがたいことだと思っています。
しかしながら、今、また新種の株の感染症の恐怖も・・・。

 「明日から、学校は冬休みに入ります。・・・今度みなさんに会えるのは令和4年の1月11日です。みなさん元気に会いましょう。」
という全校児童に向けた天野校長先生のお言葉。

 また「いつもどおり」児童のみなさんや先生方に会えるのを楽しみにしています。

 終業式のあと、冬休み中の生活について、担当の田中先生から話がありました。IMG_3179.JPG
 そして休み中に気をつけることについて、各学年ごとに、伝言ゲーム式に伝え合い、全校で確認をしました。
 ①「いかのおすし」で身を守ろう
 ②手洗いうがいを忘れずに
 ③遊びから帰る時間は5時までに
 ④お金のむだ遣いはしません
 ⑤自転車は雪がつもっているときには乗りません
 ⑥メディアは夜9時以降はスイッチOFF
 

 保護者の皆様、地域の皆様、そしてお支えをいただきました全ての皆様、2学期・今年1年、本当にありがとうございました。おかげさまで無事に終えることができました。
 新年も、どうぞよろしくお願いいたします。

人権について考える取組を・・・

IMG_3147.JPG

全校児童に「おもいやりやさしさ列車つなぎ」について説明する生活環境委員会の児童たち

 いよいよ師走です。朝の冷え込みも、ずいぶんと厳しくなってきました。
さて、12月4日(土)から12月10日(金)の間は、国(法務省)が設ける「人権週間」です。そして12月10日(金)は、国連において「世界人権宣言」が採択された日、「世界人権デー」です。

 学校でも、12月は「人権」について考える取組を進めます。

 まずは、3日(金)「生活環境委員会」(4・5・6年生の児童)が中心になって開催する「人権集会」です。

【テーマ】自分も人も大切に ~思いやり・やさしさつなごう、どこまでも~
 

 11月29日(月)~12月3日(金)を、学校が設定する人権週間とし、「おもいやりやさしさ列車つなぎ」をはじめとする学級の取組の発表や、全校縦割り班でクイズを通して人権について考える活動、そして、6年生の児童の人権作文の発表と、人権についてみんなで考え合います。

 また、10日(金)には、出雲市人権同和政策課より指導員の先生をお迎えして、6年生社会科の「同和問題学習」の授業をもとにした「同和教育校内研修会」を行います。児童に対する部落差別にかかわる指導の在り方について、教員の研修を深めます。令和3年度と4年度の2年間、出雲市から同和教育の研究指定を受けていることもあり、この研究の一貫としての取組でもあります。

 そして、21日(火)は「全校道徳」、全校児童で道徳の学習をします。今回は、1月期に続く2回目、障がいの意味や、障がいを軽減するために自分にできることは何かについて考えたり、障がいを理由とする差別はいけないことについて考え合ったりします。

 すてきなあなた 自分を大切に・・・
 大事なみんな  人を大切に・・・

 人生を、自分らしく豊かに生きる権利について、みんなで考え合っていきます。

2022年10月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリ

  • 神西小だより
  • 学年のページ
    • 5年生
    • 6年生
    • 1年生
    • 2年生
    • 3年生
    • 4年生

ウェブページ