愛唱歌「檜山の子ならだいじょうぶ」

本校の愛唱歌「檜山の子ならだいじょうぶ」には「優しい心」「やる気」など目指す子ども像につながる歌詞があります。数年前の6年生が作詞し、当時の担任が作曲しました。それ以来、ずっと歌い続けられています。子どもや教職員にとって、心の歌です。今日の体育の時間にも、苦手なことに頑張る子どもの姿がありました。

DSC_0001.JPG DSC_0005.JPG
DSC_0006.JPG 20210115_110042.jpg

2021年1月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリ