0805 青春の1ページ!東中サウンドを響かせました!

本日、全日本吹奏楽コンクール島根県大会中学校小編成の部に出場しました。曲名は田村修平作曲「リベラ・アニマス」です。本自由曲は、市のさわやかコンサート、出雲地区吹奏楽祭、校内の壮行演奏会でも演奏しました。最初はぎこちなさもありましたが、場を重ねる度にうまくなり、コンクールはまさにベストパフォーマンスでした。練習の成果を出し尽くしました。

演奏後、楽器の輸送をしていだいた保護者の方とお話をしました。暑い中ありがとうございました。本校吹奏楽部出身の方も複数いらっしゃいます。皆さん「嬉しさいっぱい、満足!」という表情でした。そして、うまくなるのと比例して、「あいさつがよくなりました。行動が素早くなりました。」とのお褒めをいただきました。これこそ部活動のあるべき姿だと、私も嬉しさも倍増です。3年間の集大成の見事演奏でした。まさに東中サウンドです。

3年生は4人です。部長は生徒会役員も兼ねながら、誠実に部を牽引しました。アルトサックスの響きは、華やかな音色で心が惹かれました。クラリネットの二人は、低音はあたたかい音色、高音はきらびやかな音色を出していました。二人とも、とっても優しくこころあたたかな生徒です。演奏者の姿を表わしています。3人は、昨年末の県アンサンブルコンテストにも参加しました。その時の演奏を思い出しました。4人目は、打楽器担当です。吹奏楽では一番難しいとも言われるパートです。先日演奏の指導にいらっしゃった講師の先生が、「この曲は打楽器が難しいね!」とのコメントがあり、そのことばを意識しながら演奏を見ていました。3年生を中心に、打楽器は役割をしっかりと果たしていました。そして、落ち着いた見事な演奏でした。演奏後、私に話しかけてくれましたが、まさに演奏と同様、中3と思わせる話しぶりで感心しました。4人の皆さん、今までお疲れ様でした。そしてありがとう!

※写真撮影は禁止のため、壮行演奏のものです。

IMG_0171[1].JPGIMG_0174[1].JPGIMG_0172[1].JPGIMG_0173[1].JPG

2022年8月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリ