0724 青春の1ページ!陸上競技部!

0722~0724の3日間、浜山陸上競技場で県総体が開催されました。3日目だけの観戦でしたが、生徒たちのがんばりや思いを感じることができました。中国大会出場権を獲得した生徒、ファイナリストとして入賞した生徒、予選敗退した生徒、応援をする生徒等さまざまです。その中で、走り幅跳びで中国大会出場権を決めた大ジャンプ、その後の笑顔とガッツポーズは勝者のみにできる幸せです。また、県大会のファイナリストになった生徒も一生の思い出です。そして、競技終了後3年間の思いがこみ上げ号泣する生徒もいました。本気で取り組んだ証の涙です。予選敗退した生徒も練習の甲斐あっての県大会に出場です。応援の生徒もTシャツに書かれた部のモットーのもとに練習したことを糧にしてほしいです。思いをもってまっすぐに進んできた道です。

1女100mと1女リレーのファイナリストとして入賞した生徒の両親は教え子です。お母さんは本校陸上競技部の短距離選手として各種大会で大活躍でした。走り方はまさにDNA、フォームはそっくりです。

余談ですが、陸上競技の生徒は昼食の他に、マイミニクーラーボックスに入れて補食をたくさん持ってきています。ある生徒が、クーラーボックスからおにぎりを出して食べ始めました。「おいしそうだね。お母さんの手作りだね。」と話しかけると、満面の笑みで「はい!!」と頷きました。家族の愛を感じ、ほろっときました。生徒と同じスタンドでの観戦でしたが、結果以外の生徒の思いを感じました。今日のそれぞれの思いが人生の筋肉になるに違いありません。

IMG_0282[1].JPGIMG_0289[1].JPGIMG_0300[1].JPGIMG_0311[1].JPG

IMG_0298[1].JPGIMG_0296[1].JPG

2022年8月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリ