0927 向陽中学校に行って感じたこと!

昨日向陽中学校へ野球部の合同練習を見に行きました。駐車場に着くと3名の東中の保護者の方が見学されていました。2人は以前本校に勤務していた時の生徒で、もう一人の方は当時担任をした時の生徒の保護者の方です。

2人の方はご夫婦ですが、お父さんは野球部でした。私は野球部の顧問で、平成4年度"出雲ドーム"での県大会へ出場した時のレフトです。忘れもしません。当時はまだ簸川郡大会、準決勝の佐田中戦、0-1の劣勢の中、サインはヒットエンドラン、高めのボール球でしたが、左打者の彼は、ボールを引きつけミートをし、浜山球場のレフトフェンス直撃の2塁打でランナー二人を返し逆転勝利をもたらしてくれました。その後の決勝戦も勝ち優勝しました。

さて、合同チーム10名は試合形式の練習をしていました。顧問の教諭からは、「合同チームのお陰で、向陽中の生徒はいきいきと練習しています。感謝しています。」とのことばをいただき嬉しく思いました。

グランドの外野には男性の姿がありました。除草をされる校長先生です。向陽中は平成25年に完成した新しい学校です。校庭には草が全くなく美しい状態に保たれていますが、それは、校長先生の日々の努力の成果だと改めて感じるとともに頭のさがる思いになりました。学ばさせていただきました。

IMG_0311[1].JPGIMG_0309[1].JPG