0115 ナッジ理論!!小さなきっかけ!

ナッジ理論!!はじめて聞いたとき、浅学の私はさてはて!本校にもスクールカウンセラーさんに毎月3日程度勤務していただいています。毎月「スクールカウンセラー便り」を発行されます。「なるほど、そうなのか」と、いままでにこびりついた古い感覚をアップデイトすることができています。その中で「ナッジ理論」の記事を紹介します。

「this is just the NUDGE」

写真を見てほしい。とある中学校の廊下である。「右側通行を心がけましょう」と書かれた紙が、天井から吊るされている。この仕掛けを思いついた人は、天才と言わざるを得ない。2017年にノーベル経済学賞を受賞したリチャード・セイラ―は、「ナッジ理論」を提唱した1人だ。「ナッジ理論」とは、小さなきっかけを与えることで人々の行動を変えること。ナッジを一躍有名にしたのは、オランダの空港内にある男性トイレの、小便器に描かれたハエのマークだ。男性トイレを普段利用しない人にはわかりにくいが。。。もう1度、写真を見てほしい。これはまさしくナッジだ。この紙は、言葉ではなく、視覚的に、かつ、感覚的に、私たちに働きかけてくる。壁に貼られているのではなく、廊下の真ん中にぶら下がっているのが肝だ。目に入らないわけにはいかないし、目に入ったら最後、自然と足が右側へ吸い寄せられていく。この仕掛けを思いついた人は、ノーベル賞もの、天才と言わざるを得ない。

※昨年末からの生徒会の取組です。私自身も、目に入ったら最後、自然と足が右側へ吸い寄せられていきます。他のことにも活用できそうです。頭の中で、想像の真っ最中です。これからも「スクールカウンセラー便り」の内容を紹介します。学べますよ!!右の写真スクールカウンセラーさんです。

IMG_0083.JPG牛.jpg

2021年1月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリ