1225 終業式 実・攻・礎!

大掃除(校長室掃除の二人は抜群の清掃態度です)を終え、終業式を行いました。終業式の前に、生徒会より出雲市社会福祉協議会への寄付贈呈式を行いました。寄付は、アルミ缶回収で集まった代金の一部です。社会福祉協議会事務局長様より、「市の福祉活動の一部として活用します。」とお話をいただきました。全校で行うことにより、社会福祉協議会の存在や活動を知る良い機会となりました。僅かな金額ですが、わざわざおいでいただきありがとうございました。

さて、終業式では2学期の振り返りをしました。最後に、各学年に来学期・新年に向け学年に1文字を送りました。3年は集大成の「実」、2年生は3年生を超えようという意味の「攻」、1年生は中学生の基礎をつくりあげようという意味の「礎」です。1月8日の始業式で聞いてみようと思います。覚えてくれているでしょうか!?

最後に生徒指導部から冬休みの生活についての話と新型コロナウィルス感染症についてのビデオを見ました。ビデオでは、"病気・不安・差別を広めない"というキーワードを再確認しました。

※アルミ缶4杯目の状況です。もう少しで満杯です。年末年始のアルミ缶はぜひ東中へ!

IMG_0476.JPGIMG_0479.JPGIMG_0489.JPGIMG_0483.JPGIMG_0487.JPGIMG_0488.JPG