1216 余韻のある授業・・・! 2年保健体育科「フットサル」

昨日、県教育委員会指導主事の先生と出雲市内中学校体育科の先生をお招きして、2年生の保健体育科の授業を公開しました。内容は「フットサル」です。チームでデータを基に課題を分析し、相手のゾーンを突破し得点を奪っていく授業です。指導主事の先生からは、作戦用ホワイトボードを活用し、新学習指導要領のめざす「主体的で対話的で深い学び」が展開されていた、また授業の号令が終わった後も、生徒たちが名残惜しそうに授業のことを語っていて、余韻があったとお褒めのことばをいただきました。ありがとうございました。

私が嬉しかったことは、体調の関係で見学をしていた2人の生徒もグループ活動に、いつもと同じように違和感なく安心して話し合い活動をしていたことです。クラスの一人一人が大切にされていると感じました。

授業者は、県外の教員経験を経て本年採用された若手教諭です。本クラスの担任で専門はサッカーです。私の息子と中学校の同級生で部活も同じサッカー部でした。中学校時代キャプテンで県優勝、そして全国大会出場の立役者でした。まさか一緒に勤務するとは思いませんでした。まさに息子世代です。そして、これまた縁を感じます。

授業・学級経営とも光るものがたくさんありました。将来の島根の教育を担ってくれる人材です。頑張っています東中生、そして東中教職員!

IMG_0275.JPGIMG_0280.JPGIMG_0287.JPGIMG_0295.JPG

2020年12月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリ