1114 初心忘れるべからず!頑張り抜く生徒の育成!

遂に咲き始めました。1028本ブログで紹介しました皇帝ダリアです。道々では見頃ですが、本校畑の皇帝ダリアは日当たりが少し悪くこれからです。ピンクの大輪が澄んだ青空に咲き誇る姿は見事です。もうしばらくの辛抱です。本校の畑の反対側では、正月おせち料理の定番"黒いダイア"(ダリアではありません)こと黒豆の収穫が始まっていました。「出来はいかがですか。」とお聞きすると、「大豊作です。でも価格が下がるのが心配です。」とのお答えでした。令和2年もカウントダウンです。

さて、昨日は松江の県教育センターで1日研修でした。90分の講義・演習が4つでした。頭と心でしっかり考えることができました。講師の皆様の話術にはまりました。若い頃、ある校長先生が「研修は教職員の命」とおっしゃったことを思い出しました。

研修の中で、講師の方から「校長試験の面接の中で、どんな生徒になってほしいですか?という質問はなかったですか。」と聞かれました。確か「頑張り抜く子を育てたい。」と答え、その後「どうしてですか。」問い返され、「生徒たちは目標をもち取り組んでいますが、壁や困難にぶつかった時に、それを乗り越えやり抜く子より、自分で決めつけて諦めてしまう生徒が多いと感じているからです...」と述べました。今はどうかと自問自答し、今もめざす姿は同じだと確認することができました。"初心忘れるべからず"、私の好きなことばです。

※昇降口前に咲き誇る皇帝ダリアは、生徒と自然を愛する本校教諭自宅の花を飾っていただいています。ありがとうございます。

IMG_0207.JPGIMG_0219.JPGIMG_0211.JPGIMG_0220.JPG

2020年11月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリ