25年ぶりの家庭訪問!!

昨日、25年前本校で担任をしていた生徒の家庭訪問をしました。昔の記憶を辿りながら到着。突然の訪問でしたが、保護者の方がいらっしゃいました。私の名前を覚えていただいていました。嬉しかったです。

その生徒は25年前、中学2年生の時に"病魔"に命を奪われてしまいました。闘病9ヶ月、本人・ご家族の無念さを思うと今もいたたまれません。元気で運動が大好きな生徒でした。

ご両親からは、「今生きていたら39歳です。誰か分かりませんが、時々お墓に花を手向けてくれる人がいます。当時の同級生だと思います。〇〇くんは先日家に来てくれました。」とのお話でした。また、先日学校へ来校された業者の方が私が担任で、その生徒と同じクラスでした。「〇〇くん覚えている。」と聞くと、「スポ小が同じで仲良くしていました。当時病院にも行きました・・・。」と、まるで今もつきあいがあるかのように話してくれました。

卒業アルバムや卒業生台帳には、彼の写真や名前はありませんが、同級生の心の中では、彼は生きていることがわかりました。これからも、ずっと!!

※写真は、彼が汗を流したコートと在籍していた今の教室です。

IMG_0270.JPGIMG_0265.JPG

2020年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリ