3年生「つきあい」について学ぶ

 2月20日(水)、3年生の学級では、学級担任と養護教諭が「男女のつきあい」について考えさせていました。二人の先生が、カップルのある場面をロールプレイで見せた後、生徒は班別になり「つきあう時に大切なこと」を話し合いました。これは3年生の性教育の一環です。教材や授業の流れは、3年部の教員が何度も話し合って決めました。どの学級も担任と養護教諭がいっしょになって指導します。「つきあうときは相手を大切にする気持ちが一番大切である。」授業のまとめとして二人が強調したメッセージです。中学生らしい男女のつきあいについてしっかりと考えてほしいです。

CIMG5615.JPG

2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリ

ウェブページ