地域の方から学ぶ地元の生活史

 12月7日(金)、2年生の社会科で、昭和初期の暮らしを地域講師さんから学びました。ご来校いただいたのは、高松地区の吾郷満さん、錦織務さん、長浜地区の原一正さん、布野敏次さんです。生徒たちは、当時の学校や家庭の生活、地域の暮らしなどについて質問しました。当時盛んだった養蚕を子どもも手伝っていた話や、ざくりや糸巻き、斤量など当時使われていた道具の紹介、祭りの神楽や屋台などが最高の楽しみだったという話など、講師さんから直接窺う体験談はとても勉強になりました。この話を受けて、生徒たちは、これから各自のテーマについてレポートを書くことになります。講師の皆さんのおかげで、興味深い、貴重な学習をさせていただきました。

CIMG5334.JPG_1.jpgCIMG5326.JPGCIMG5320.JPGCIMG5317.JPG

2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリ

ウェブページ