10.02~ 出雲市新人戦

 DSC_0502.JPG10月2日(水)、小雨交じりで少し肌寒さを感じながら、陸上競技の新人戦が浜山陸上競技場で開催された。陸上部が掲げる目標は総合3位以内の入賞である。それこそ『自分株』がチームの中で高まらなければ、目標は達成できない。ここ数年、『二中陸上株』は少しずつ上昇してきた。そして今回、念願の「女子総合3位」を手にした。DSC_0510.JPG男女総合では4位と届かなかったが、確実に目標に近づいている。
 10月8日(火)からは、サッカー、野球、バスケット、剣道、卓球、バレー、テニスの試合が行われた。結果の詳細は割愛するが、出雲地区大会にサッカー、バスケット、剣道、卓球、テニスがそれぞれ駒を進めた。惜しくも出雲地区大会を逃したのは、DSC_0513.JPG女子バレー部と野球部だが、これからに続くプレイが随所に見られた。2チームに焦点を当てる。
 女子バレー部は、2年生1人、1年生6人の新チームである。1年生のほとんどは中学校に入ってからバレーを始めたという。確かにサーブは力強いとは言えない、相手のコートに入れるのがやっとという場面も見られた。初戦の湖陵中戦には敗れたが、DSC_0518.JPG続く一中戦では公式戦初白星をつかんだ。二日目の向陽中戦では、接戦に持ち込もうと頑張ったがレシーブ力の敗戦となった。西尾キャプテンが1年生6人をまとめる若いチームである。今回の1勝と悔しい敗戦を、是非次につなげてほしい。
 野球部は河南中DSC_0507.JPGと対戦した。試合は5回までスコアボードに「0」が並ぶ。この「0」にこそ、新チームを伸ばす好材料があった。5回の内3回は、1アウトで3塁に走者を進められる苦しい展開。そこを踏ん張ったのが、飯塚・中野のバッテリーと守備陣である。相手のチャンスに三振やフライ、内野ゴロに打ち取った。ダブルプレイもあった。6回裏も1アウト3塁。打者が打つと同時に走者がDSC_0508.JPGホームに突っ込んだ。打球はキャッチャーの前で高くはねるピッチャーゴロ。飯塚君が捕球するがホームは間に合わない。そして、1点ビハインドで迎えた最終回、待ちに待ったチャンスがやってきた。1アウト3塁の得点チャンスである。1ストライク後の2球目、監督が選んだのはヒットエンドラン。しかし、大きく外されバットが空を切った。ホームに向かって挟まれたランナーは、DSC_0515.JPGタッチされまいと懸命に走った。5度6度とボールが行きかい、ついにタッチアウト。試合後、伊藤監督は「監督の差が出ました」と言うが、そんなことは決してない。今年も粘り強くていいチームができそうだ。選手にとって、チームにとって、次につながる好ゲームだったと私は思う。DSC_0520.JPG

2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリ

ウェブページ