5.25交通安全教室

安全教室5.jpg ドーン・ガッシャーン!! 時速40キロの乗用車が自転車に追突。自転車は衝突の衝撃で無残な姿に・・・。
 いつもとは違う交通安全教室が始まった。今回はJAしまねの主催、出雲警察署の協力による「自転車交通安全教室」だ。大阪からクラタプロモーションのみなさんもかけつけ、事故の再現を確認しながらの学習である。
 見通しの悪い路地から自転車に乗った男性が飛び出した。そこに乗用車が突っ込む。「危ない」、男性は車のボンネットの上に跳ね上げられ、男性がぶつかったフロントガラスは蜘蛛の巣状にひび割れた。さすがスタントマンのパフォーマンスではあるが、少しタイミングがずれたら大けがである。もし頭がフロントガラスに強打したら命に関わる重大事故である。その後も、命を張ったいろいろな事故の再現が行われた。事故は一瞬の不注意で起こる、しかし後悔は被害者も加害者も一生である。事故の恐ろしさを実体験に近いかたちで学んだ。最後に交通安全委員長の片寄君が、「勉強になりました。自転車事故の無い中学校になるよう、一人ひとりが気を付けていきたいです。」とお礼を述べて教室を終えた。
 校区内には、来春新しい大型商業施設が開業予定であり、これから工事車両が急増する。生徒はもちろん地域とともに交通安全の意識を一層高めていきたい。

安全教室2.jpg安全教室3.jpg

2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリ

ウェブページ