3.10 卒業証書授与式

IMG_1559.JPGIMG_1662.JPGIMG_1668.JPG卒業式(送辞).jpg卒業式(答辞).jpgIMG_1674.JPG「美しい花には適度な雨が欠かせません。本日の天候は、きっとみなさんに祝福の花を贈るためのものでしょう。」、これは在校生代表の市川結さんの冒頭の言葉だ。
 体育館の中は、例年と異なり椅子はゆとりの配列である。新型ウイルスの感染対策で来賓の臨席を取りやめ、在校生も臨時休業とした。卒業生と保護者、そして教職員による式である。時間短縮の要請もあって、卒業生が整列した状態からの式の開始としていたが、卒業生の入場とともに拍手が沸き起こり、会場は温かな雰囲気に包まれた。
 9時53分、予定よりも早い開会である。「君が代」はマスク着用のため歌詞付き演奏となった。卒業証書授与では、いつも以上に担任の呼名が力強く、それに応える卒業生の声が体育館に響いた。そして、卒業生を代表した本田実怜さんが卒業証書を受け取った。
 校長式辞では、「みなさんは今この場で見せる姿そのものに、あらゆる場面で精一杯の頑張りとパフォーマンスを見せてくれました。...。みなさんの頑張りの一つ一つがこの汗(3つの汗)であり、『自分株』や『学校株』につながっています。汗は信用を勝ち取る最大の武器といえます。...卒業生のみなさんが「感謝」という二文字を胸に刻んで、4月から始まる新たな挑戦に力強く踏み出してくれることを期待して、式辞といたします。」とはなむけの言葉を述べた。
 送辞を務めた市川さんは、「不安と戸惑いでいっぱいだった私たちを温かく迎えてくださいました。...。常に私たちのお手本として何事にも一生懸命に取り組んでこられたみなさんは、私たちにかけがえのないものを残してくださいました。...。ひたむきに努力することの大切さ、そして仲間を思いやることの大切さなどたくさんのことを教えてくださいました。」と一緒に過ごしお世話になった2年間を振り返った。
 卒業生を代表したのは高橋幸村さん。一年生の松江自主研修、二年生の修学旅行を通しての学びと成長していく個と集団を言葉にした。特に修学旅行は台風に見舞われ日程変更やコース変更を余儀なくされた。「この時もおかれた状況の中でやれることを精一杯やる、その中で楽しむということをしていた。」と告げた。そして、リーダーとなって学校を引っ張っていく三年生。体育祭では「僕自身、始めは「勝利」することにこだわり過ぎていました。しかし、準備を重ねるにつれて、勝利することよりも、「この仲間で体育祭を楽しみたい」という気持ちの方が強くなりました。」と話した。さらに、文化祭や部活動を振り返りながら仲間や在校生、いつも近くで支えてくれた家族への感謝へと続き、「それぞれの夢の実現に向かって頑張り続けることを誓います。」と答辞を締めくくった。
 最後の校歌もマスク着用である。ここだけは寂しさをひしと感じたが、「卒業生退場」では教職員がステージ下や花道に整列して卒業生を温かく見送った。参加者全ての心に感動的な卒業式のページが刻まれたと思う。
 式後は、教室に戻っての最終学活である。担任から一人一人に卒業証書が手渡され、その度に大きな拍手が沸き起こった。卒業生が新たなステージで頑張ってくれることを大いに期待したい。

IMG_1737.JPGIMG_1745.JPGIMG_1744.JPGIMG_1742.JPGIMG_1764.JPG

3.3 コロナウイルス対応について

R2.3.3コロナ対応(保護者宛)_page-0001.jpg

<裏面>

R2.3.3コロナ対応(保護者宛)_page-0002.jpg

2.13 人権・同和教育授業研究会

IMG_1190.JPG 2月13日(木)、出雲市同和教育啓発指導員の林先生の学校訪問にあわせて、人権・同和教育授業研究会を開催した。
 この日は、授業対象クラスとなった1年2組を除く全ての生徒が5時間授業で下校し、6時間目に全教員参加による研究授業、その後授業研究を行った。
 主題を「差別のない社会の実現をめざして~教科書無償化運動を通して~」として、担任の佐藤先生が授業を公開した。指導案と授業実践は、一年部及び社会科部の教員がチームで練り上げ、全てのクラスで授業実践、その総仕上げがこの日の授業となった。IMG_1212.JPG林指導員からは、まず指導案の質の高さが好評価された。
 授業は小学校での既習内容の想起から始まった。佐藤先生は、吉田一子さんの「ひらがな日記」を示しながら差別の不合理さを確認した。最初はきょとんとした表情の生徒が多かったが、記憶をたどって「思い出した」と言わんばかりに表情が和らいだ。これで本時の学習目的が明確化された。
 今では当たり前のように思える「教科書の無償配付」である。しかし、かつては教科書をそれぞれの家庭が買っていて、兄弟姉妹も多くて家計を圧迫し、買ってもらえなかったりお古で我慢したりする子どもも多かった。IMG_1225.JPGそこで、「新しい教科書をもたせてやりたい」「学校で勉強させてやりたい」という親の切なる願いから、教科書無償化運動が始まった。この運動の推進役となったメンバーやそれを支えた多くの市民の思いと葛藤、さらには行政との折衝など、その紆余曲折に学ぶべきところは多い。今も生徒が持つ全ての教科書には「この教科書は、これからの日本を担う皆さんへの期待をこめ、税金によって無償で支給されています。大切に使いましょう。」と記されている。本授業は生徒も本当によく考え、たくさんの意見を発表した。
 授業後は、教員が6つのグループに分かれて授業研究を行った。林指導員からは、「全教員が参加しての研修に大きな意義がある。組織的に授業が計画・実施されていて、大変有意義な研修となった。」と評価いただいた。

2.16 新聞コンクール『学校賞』を受賞

新聞コンクール学校賞.jpg 2月16日(日)、山陰中央新報製作センター「しんぶん学聞館」(斐川町)において、『第8回しまね小中学生新聞コンクール表彰式』が開催された。本校は『学校賞』を受賞した。

 8回目を迎えた新聞コンクールは、参加校196校、応募数10,136点を数える。本校は、学年ごとに1年生「松江研修」、2年生「修学旅行」、3年生「職場体験学習」をテーマに新聞作成を行った(文化祭で展示)。特に初めての製作となる1年生は、事前に新報社から講師を招いて記事の書き方について学習した。新聞製作への取組は、取材活動(情報の収集)から始まり、レイアウト、校正と生徒にとっても学習場面が多く、新聞の読み方と活用へとつながる。今回、個人賞は逃したが、学校全体での取り組みが『学校賞』をもたらした。実に嬉しい。次年度のさらなる取組を期待したい。

12.04 R2年生徒会長選に5名が立候補

DSC_0708.JPG 11月27日(水)、R2年生徒会長を決める選挙活動が始まった。今回立候補したのは届け出順に、吉木郁矢さん、西尾美憂さん、勝部心響さん、山根 翔さん、馬庭圭佑さんの5名。
 毎朝、生徒昇降口前では、選挙管理委員が見守る中、5人の立候補者とその応援者が、「おはようございます。清き一票をお願いします。」と元気のいい声を響かせた。DSC_0733.JPGそして、朝・終礼の時間には各クラスに足を運び、給食時間には放送で自分の考えを伝えた。
 そして、12月4日(水)6校時は立会演説会と投票である。全校生徒が見守る中、選挙管理委員長の尾原さんが「皆さんには生徒会長という生徒会の代表を選ぶ責任があります。しっかり聞いて投票してください。」と挨拶し、立候補者とそれぞれの応援者が登壇した。それぞれの応援演説を私の勝手要約により紹介する。

吉木さん:ステップアップを掲げ、自分自身への挑戦でもある。積極的に意見を出し合い、より良い生徒会をつくろう。
西尾さん:二中の良い点は団結力、課題は挨拶。スマイル&ピースで笑顔の交流を増やしたい。
勝部さん:何事にも全力と笑顔の「一笑懸命」がスローガン。当たり前のことが当たり前にできる二中生徒会を目ざす。
山根さん:今の生徒会長に憧れて立候補した。人前で話すのが苦手な自分への挑戦。挨拶を極めたい。DSC_0736.JPG「切り拓く新時代」をキャッチコピーにして頑張る。
馬庭さん:目指すは「仲良く楽しい学校」。誰とでも話して相手の良さを知り、つながり合って仲間をどんどん増やしたい。そんな仕掛けに挑戦したい。

そして、選挙の投票が行われた。選挙結果はこれからだが、誰が当選したとしても、立候補した5人が生徒会の中核を担って、より良い二中生徒会を創造してくれることだろう。DSC_0726.JPGDSC_0731.JPGDSC_0723.JPGDSC_0729.JPGDSC_0727.JPG

11.16 心を磨く 清掃ボランティア

DSC_0707.JPG 11月16日(土)、ボランティアウイークにあわせて部活動を単位とする清掃ボランティアを行った。これは、10月12日(土)に「出雲市18万人ポイ捨て一掃大作戦」にあわせて行う予定だったが、悪天候により延期したボランティア活動である。
 集合時刻の8時30分には、ボランティア登録を行った野球部、サッカー部、DSC_0698.JPGソフトテニス部、卓球部、女子バスケット部、体操部、吹奏楽部、合唱部の各部員が集結、150人ほどのボランティアが組織された。開会式では、校長から「地域への日頃の感謝を伝えよう。」と話し、地域学校運営理事会の小田川理事長からは「皆さんのキャッチフレーズである"『自分株』を磨き、『学校株』を高める"絶好の機会です。DSCN0140.JPG特に今回は『3つの汗』の心の汗をしっかりかいてください。」とご挨拶をいただいた。
 今にも泣き出しそうな空模様であるが、部員たちは体操服やそれぞれのユニホームを身にまとって元気に出陣していった。部員の軍手に包まれ手には、火バサミや手鍬、バリン、ごみ袋が握られている。学校から決められたエリアへと四方八方に広がっていく。単なる道路や歩道のゴミ拾いかと思いきや、部員は汚れているところを見つけると集中的に清掃活動を始めた。DSCN0153.JPG歩道に生えた草を退治する者、土手を降りて空き缶やごみを拾い集める者、道路上にたまった落ち葉を集める者などその活動は多岐にわたった。予定の時間は30分だったが、部員には到底納得はいかない。綺麗になるまでと、大幅な時間延長の結果、大いに満足のいく出来栄えとなった。学校に持ち帰ったゴミは、実に2トントラックを山積みとした。任されたエリアが綺麗になり、参加したそれぞれの部員の心もすがすがしい。小田川会長に伝えていただいた『心にかく汗』が実に気持ちいい。DSCN0136.JPG
※今回、対外試合等により参加できなかった部活動は、日にちを替えてボランティア活動を実施する予定である。DSCN0166.JPG

10.30 芸術の薫り漂う文化祭(その2)

2文化祭.pngpage002.jpg

10.30 芸術の薫り漂う文化祭(その1)

文化祭1.png

(その2)に続く。

10.31 島根県駅伝競走大会

 女子駅伝メンバー.png10月31日(木)、10月下旬とは思えないほどに温かく爽やかな秋晴れ。背丈ほどに伸びたススキ、その先端の赤みかかった白い花穂が風に誘われる。駅伝会場は、三瓶山西の原、その裾野に広がるカントリーコース。ここで全国大会の切符をかけて健脚を競う。
 28チーム(郡市対抗1を含む)の女子選手がスタートラインについた。10時30分、号砲とともに飛び出した。1区と5区は3Km、2区~4区は2Kmの周回コース。最初の800mは少し下るもののほぼ平坦、1キロを過ぎたころから上り坂、それから2Kmコースは500m上って500m下り、3Kmコースは、1Km上って1km下る。実にペース配分が難しい。男子駅伝メンバー.png特に上りをどう攻略するかが各チームの見せ場である。
 1区3Kmには各チームのエースが集う、ここで離されては上位入賞は難しい。本校は、妹尾さん(1年)がこの厳しい区間を見事に走り、7位でタスキを渡した。タスキを受けた布野さん(1年)、吾郷さん(1年)、そして大賀さん(3年)がとにかく精一杯に走り、6位でタスキを最終区(エース区間3Km)の山根さん(3年)につないだ。山根さんは、粘り強い期待通りの走り、1人を抜いて5位でゴールに飛び込んだ。出雲地区駅伝6位からの堂々たる5位入賞である。
 続いて、12時30分、男子32チームによるレースが始まった。男子は6区間、全てが3Kmの周回である。1Km付近からの1Kmの上りがエネルギーを奪う。走者の姿は斜面やススキに隠れ、皆がかたずを飲んで選手の頭が見えるのを静かに待つ。私は双眼鏡で二中走者を必死で追った。
 エース区間の1区を任されたのは川本君(3年)、3Kmのカントリーコースを9分台で走り切った。区間5位は立派である。タスキを受けた妹尾君(3年)、杉原君(2年)、三島君(3年)、矢田君(1年)も、それぞれ区間一ケタの走りで、最終区三島君(2年)に8番目でタスキをつないだ。三島君は期待に応える走りだ。2キロ地点で前の走者に追いついている。二中応援団の「待ってましたコール」が響く。三島君の姿は見えないが、間違いなく声援は届いて、勇気を得たはずだ。姿が見えた。なんと三島君は4番目に姿を現した。下りで一気に4人を抜き去った。残り100m、さすがに消耗は激しい。しかし、最後の力を振り絞る。応援団もゴールに向かって走る。三島君は区間賞の走りを見せ、チームを総合4位に引き上げた。
 目標は男女アベック6位以内の入賞。県駅伝.JPGそれを上回る女子5位、男子4位である。控え選手もしっかりと選手のサポートにあたり役割りを果たした。すべての選手がチームのために1秒を惜しんで走った。最高潮に盛り上がる。私はその走りと気持ちに大いに感動し、目が潤んだ。来年の目標はアベック優勝。今年はそのための大きな布石を得た。

10.26 文化・芸術の秋 受賞者続出

 英語スピコン2.JPG10月26日(土)、『第36回 サンタクララ市長杯中学生英語スピーチコンテスト』が大津コミュニティセンターで開催された。参加者は、出雲一中、出雲二中、平田中、島大付属義務教育学校からの10名である。それぞれが、今思っていることを自らの英語力でまとめ、発表した。本校からの出場者は2名、英語スピコン1.JPGTanaka Ameriさんは「Through My Experience(私の経験を通して)」と題して発表し、Konishi Moyuさんは「My Dream(私の夢)」と題して発表した。私は10人の発表を真剣に視聴したが、論旨の評価には程遠く、態度と論調にうなづいた。英語社会に取り残された私には、流ちょうに英語で話す出場者がとてもうらやましくてまぶしく見えた。審査結果は、小西萌由さんが見事優勝を勝ち取り、優勝盾に名を刻んだ。
 ここからは各種作品展やコンクールでの入賞者を紹介する。「個人株」とともに「二中株」が急上昇。
◎『島根県科学作品展』 *出雲市科学作品展からの出品
  ・島根県教育研究会長賞 宮嵜結愛さん(1年)
     「植物の力を調べる1~植物の力を実際に測定できるか?~」
  ・読売新聞社賞 宮嵜夢太さん(3年)
     「自宅庭の雑草のアレロパシー調査への挑戦4
      ~植物以外へのアレロパシー効果について~」 ※全国展に出品
◎『JA共済小・中学生書道コンクール』
  ・条幅金賞    川谷実優(2年)    ※表彰式:11/16(土)ホテル玉泉
◎『中学生の税についての作品・習字』 〔作文〕
  ・広島国税局局長賞    三谷紘平さん(3年)
  ・島根県知事賞      林那菜子さん(3年) ※表彰式:後日県庁にて
  ・出雲税務署長賞           草竹そらさん(3年)
  ・出雲地区納税貯蓄組合連合会会長賞  大賀るるさん(3年)
  ・公益社団法人出雲法人会会長賞    石原綾乃さん(3年)
  ・出雲地区納税貯蓄組合連合会優秀賞  広田侑斗さん(3年)
  ・全国納税貯蓄組合連合会に審査上申中 小西萌由さん(3年) ※全国審査
  ※ 全国納税貯蓄組合連合会感謝状   出雲市立第二中学校
◎『愛鳥週間用ポスター図案コンクール』
   ・佳 作 小西萌由さん(3年)   
   ・奨励賞 荒木華那さん(3年)
◎『島根県緑化ポスター原画コンクール』
 ・優秀賞 「植樹で広がる未来の森林」  小西萌由さん(3年)

2020年3月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリ

ウェブページ