3・4年生の最近のブログ記事

アサギマダラの旅~今度は鹿児島へ~

鰐淵小の3,4年生は総合的な学習の時間にアサギマダラという渡りをする蝶の観察と研究をしています。春から夏にかけて日本列島を南から北へ移動し,秋には逆に北から南へ移動します。鰐淵にはそのアサギマダラが飛来します。海岸に生息するスナビキソウやフジバカマの蜜がえさになるからです。飛来したアサギマダラを捕獲しては,はねに場所と日付けをかいてまた放します。「マーキング」です。そのアサギマダラが別の地で発見されることでアサギマダラの渡りの生態を研究します。こうした研究のネットワークが全国にあります。今年度10月に鰐淵小でマーキングしたアサギマダラが大分県の湯布院で発見されたという情報が入り,大喜びしていたところですが,最近になって11月に鹿児島県でも発見されていたことがわかりました。発見されたのは11月2日,鹿児島県の奄美大島の近くの鬼界島というところです。はねのマーキングを見ると10月15日に子どもたちがマーキングしたものでした。17日間で831㎞をとんだことになります。マーキングしたアサギマダラが再捕獲される確率はとても少なく,1%未満と言われていますが,今年度は2度も再捕獲情報があり,驚きです。

3,4年生お茶づくり

5月7日,3,4年生12名が毎年恒例のお茶つみを行いました。

地域の特産であるお茶づくりを総合的な学習に取り入れたこの活動は,鰐淵小学校で20年以上長く取り組んでいるふるさと学習のひとつです。

当日は猪目町にある茶畑にでかけ,お茶づくりの専門家である荒木利朗さんの方のご指導をいただきながら茶摘みをしました。茶摘みのこつは「一芯三葉」…新しくのびた一つの芯を中心に三つの新葉を摘み取ります。

摘み取ったお茶の葉を学校に持ち帰り,さっそくお茶づくりに取りかかりました。5月25日の日曜日にお茶の里唐川館で行われる「唐川新茶まつり」に子どもたちも参加し,このお茶をふるまう予定です。

アサギマダラの旅を追いかけよう

日本で唯一「渡り」をする蝶として知られるアサギマダラ。海岸に自生するスナビキソウの蜜をもとめて、5月上旬から6月上旬にかけて、南の地から飛来し、休息した後、涼しい北の地に向かって飛び立ちます。この小さな蝶が日本列島を縦断、さらに南の沖縄や台湾まで延べ2000キロメートル以上を飛んでいくといわれています。

 鰐淵小では,平成18年より,総合的な学習の時間にこのアサギマダラの研究をしています。現在3,4年生が取り組んでいます。近くの海岸にあるスナビキソウを求めてやって来るアサギマダラの羽根に「場所,番号,日付」をマーキングして放します。このアサギマダラが別の日に別の場所で見つかることで,長い旅の動きがわかります。蝶の旅の謎を解こうと、日本各地に調査の輪が広がっています。

わにっ子お茶づくり

5月7日,3,4年生11名が毎年恒例のお茶つみを行いました。

地域の特産であるお茶づくりを総合的な学習に取り入れた「わにっ子お茶づくり」…鰐淵小学校で長く取り組んでいるふるさと学習のひとつです。

当日は猪目町のお茶畑にでかけ,唐川町のお茶づくり専門の方のご指導をいただきました。お茶摘みのこつは「一芯三葉」…新しくのびた一つの芯を中心に三つの新葉を摘み取ります。

摘み取ったお茶の葉を学校に持ち帰り,さっそくお茶づくりに取りかかりました。「わにっ子お茶工場」にお茶の香りが立ちこめました。5月26日日曜日にお茶の里唐川館で行われる「唐川新茶まつり」に子どもたちも参加し,このお茶をふるまう予定です。

  

 私たちの鰐淵小学校は,全国こどもエコクラブに加入して活動を行っています。

 クラブ名は,「わにっ子わくわくにこにこクラブ」です。

 今年度の各学年の環境学習の様子は,主な活動ごとに全国事務局へレポート報告していました。

 その活動を,全国こどもエコクラブ情報誌「JECプレス3月号」で紹介していただきました。

 学習発表会「わにっ子大フェスタ2012」で,3・4年生が発表したアサギマダラの劇発表の様子です。

 

「おやき」づくりに挑戦しました

 地域のみなさん(クッキングクラブ・寿朗会のみなさん)11名と,中学年の子ども達11名とが,鰐淵コミセンで「おやき」づくりを体験しました。

 4つのグループに分かれて自己紹介をした後,さっそく「おやき」づくりの開始です。

 楽しくお話をしながら,団子の粉にヨモギを加えながらこね,ゆで,あんこを入れてホットプレートで焼きます。

 これを機会に,もっともっと地域の方とお話ができるといいです。

グループごとに自己紹介をしました。 

 

 

 

 

 

団子をこねたり,ヨモギを刻んだりしました。

 3時間目は,中学年のブックトークの時間です。

 中学年の子ども達には,7冊の本を紹介していただきました。

 ○『雪の写真家ベントレー』(ブリッグズ・マーティンジャクリーン BL出版)

 ○『雪の結晶ノート』(ジョン・ネルソン あすなろ出版)

 ○『雪国のくらし』 (遠藤一夫 岩崎書店)

 ○『雪女』(小泉八雲 偕成社)

 ○『ふしぎな木の実の料理法』(岡田淳 理論社)

 ○『つるばら村の三日月屋さん』(茂市久美子 講談社)

 ○『大雲払いの夜』(安富陽子 偕成社)

どの本も,雪にかかわるお話で,読んでみたくなる本ばかりでした。

終了後,さっそく紹介された本を手に取ってみる子ども達でした。

 

 

 

 中学年の子ども達は,アサギマダラを今も追っています。

 今日は,昆虫博士の三島さんがいらっしゃって,キジョランにいる幼虫を見せていただきました。

 「三齢虫なので,このままだとサナギになって冬を越しそうだ」ということです。

 そうなると成虫になるのはなかなか難しいのだそうです。

 自然界の虫にとっても,厳しい冬になりそうです。

 

 

 

 

中学年の書き初め会を行いました

 今日の3・4時間目は中学年書き初め会です。

 3年生は,初めての書き初め会でした。

 先月から練習を続けていました。全員が,自分のお手本に向かって真剣に筆を走らせています。

 そして,元気のよい黒々とした文字が,紙いっぱいに生まれました。

 それぞれが選んだ題は次のとおりです。

●春を待つ ●平和の光 ●空高く ●お正月 ●元気よく ●大空高く

●山河春風 ●明るい心 ●少年大志 ●元気な子 ●強い意志

 

昆虫博士に見せてもらったものとは...

 

 

 

 

 

 

 

  さて,この写真に写っているものは何かわかりますか?

 これは,アサギマダラの幼虫です。

 今日,昆虫博士の三島さんが3・4年生の子ども達に見せてくださったものです。

 三島さんは鰐淵地区を探されたようですが,今年の異常気象の影響か,ついに発見できなかったと言うことです。

 この幼虫は,静岡県にいた幼虫だそうです。この島根県で冬越しです。

 3・4年生の子ども達は,今日も総合の学習で昆虫博士とアサちゃんの勉強をしました。

 

 

 11月26日(月)5校時,3・4年生の国語「ごんぎつね」の授業を公開し,光中校区小中一貫教育公開授業研究会を開催しました。

 物語文の表現を手がかりに,自分の読みを深める。そのために有効な学習方法や学習の場の設定のあり方について,今日の授業を通して検討しました。

 子ども達一人ひとりが,真剣にごんの気持ちを考えることができていました。

ブロッコリーづくりの様子を見学しました

 11月19日(月),中学年の社会科「田や畑ではたらく人々の仕事」の学習で,社会見学を行いました。

 平田でブロッコリー作りをしていらっしゃる,石川さんのお仕事の様子を見学させていただきました。

 とても広いブロッコリー畑にびっくり。そして野菜づくりは自然相手のとても難しい仕事であることも学びました。

 その後,集荷場へも出かけ,畑で収穫されたブロッコリーがどのようにして出荷されるのか見学しました。

今年の秋は現在5頭目です

 アサギマダラは,春と秋に渡りをする蝶です。

 すでに秋の渡りの季節も後半になっているのですが,なかなか姿を現してくれません。

 この秋は現在まで,わずか5頭です。去年に比べると,その数はずいぶん少ないです。

 今日の昼休み,昨日に続いて1頭のアサギマダラが後庭のフジバカマの所に姿を現し,捕獲大作戦が繰り広げられました。

 3・4年生が捕まえて,マーキングして放しました。

 

お店の仕事を見学しました~3・4年社会見学

 3・4年生が、社会科の学習「お店の仕事と私たちのくらし」で、平田のビバに社会見学に出かけました。

 お店の中やバックヤードを店長さんに案内・説明していただいたり、準備してきた質問に答えていただいたりしました。

 私たちの生活とお店の仕事は、とても関わりの深いものであることが分かりました。

 

お店の中を見学しました

 

 

 

 

バックヤードを見学しました

地区敬老会のプレゼント④~4年生編

 4年生も3年生同様に,夏のくらしにかかわる題材を選びました。

 扇子や団扇,七夕飾り,スイカやヒマワリ,なすびを描きました。

 色づかいがすてきです。

地区敬老会のプレゼン③~3年生編

 敬老会のメッセージカードの準備は,1学期の終わりからはじめます。制作期間の季節は夏ですので,子ども達の作品にも夏のイメージが多くうかがえます。3年生は,スイカやメロン,風鈴を題材に描きました。

出雲市めぐりをしました

 3・4年生が社会見学に出かけました。

 出雲市内の建物や工場、田畑が集まっている場所を見学して、出雲市の地形とその利用について確かめました。

 見学先は、

①県立中央病院…屋上から市内を展望しました

②出雲市役所…庁舎内を見学させていただきました

③中酪牛乳…工場でものができる様子を見学しました

バイパス道路や北部農道等を通って、それぞれの場所の特徴を学びました。

 

中酪牛乳で見学したよ

牛乳からいろいろな製品ができるんだね 

七夕を前に,ささ飾りができあがりました

 3階のパソコン室の前に,3・4年生のささ飾りができあがっていました。

 短冊を見ると,いろいろな願い事が書き込まれています。

 自分のこと,大切な人のこと,みんなのこと…。

 全部叶うといいです。

3・4年生がミニコンサート

 7月2日(月)の昼休み,3・4年生11名による「ミニコンサート」が音楽室で開かれました。

 呼びかけに全校の子ども達が音楽室に集合。これまで音楽の時間などで練習してきたリコーダーや歌の発表がありました。

 最後には,拍手に応えて,アンコール曲も披露してくれました。

唐川のお茶づくりについてお話を聞きました

 3・4年生のわにっ子タイムでは,「唐川のお茶づくり」について勉強を進めています。

 6月21日,農協製茶工場の荒木正男さんにおいでいただき,お茶やお茶づくりの仕事,おいしいお茶の入れ方などについて,たくさんの質問にひとつひとつ細かく答えていただきました。

 水はけよい土地で,日があまり当たりすぎない場所でおいしいお茶ができます。

 以前は鰐淵に9軒のお茶工場がありましたが,現在は4軒になりました。

など,私たちの知らないことをたくさん教えていただき,唐川のお茶づくりについて新しい発見がたくさんありました。

アサギマダラ研究

 みなさんは、このチョウを見かけたことはありませんか?

 3・4年生は、このアサギマダラというチョウの研究を続けています。このチョウは、何千キロも「わたり」をする不思議なチョウなのです。私達の鰐淵小学校や近くの垂水海岸にも春と秋に飛んできています。

 これまでに、私達は20頭以上、マーキング(羽にマジックで標識を書き込むこと)をして放しています。もし見かけたら、ぜひ鰐淵小学校3・4年生にお知らせください。できれば次のことを教えていただければ助かります。なお、島根県内の目撃情報を求めています。羽にマジックで標識が書かれている場合があります。

①みつけた日 ②時間 ③場所 ④様子 ⑤羽の標識の有無 ⑥写真があれば写真も

 学校のメールは、「wbs-school@izumo.ed.jp」です。電話番号は0853-66-0019です。

 また、鰐淵小の私達がマーキングしたアサギマダラは、羽に「ワニ○○」(○には数字が入っています)の標識です。このチョウをみつけた方は、県の内外を問わずお知らせください。よろしくお願いします。

 

3・4年生が垂水海岸清掃を行いました

6月6日,3・4年生11名で,学校近くの垂水海岸の清掃活動を行いました。

垂水海岸には,アサギマダラ蝶の好きなスナビキソウという植物があるからです。

渡りをするアサギマダラという蝶のことを私たちは研究しています。

きれいな垂水海岸に今年もたくさんのアサギマダラが飛んできてほしいです。

清掃活動の様子ゴミがたくさん回収できました

2017年6月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ウェブページ

  • assets_c
  • 2012
  • 10
  • 11
  • 12
  • 2013
  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 2016
  • 04
  • 06
  • 07
  • 09