小中連携授業 数学の巻(遙堪小)

大社中学校区保幼小中連携教育、授業・交流部会の活動として、小中交流授業を実施しています。これは、それぞれの小学校が希望する教科について、中学校教員が小学校に出かけて、小学校の先生と協力して授業を進めるというものです。2月12日(火)には、遙堪小学校の6年生教室で大社中学校の数学教師3人が授業を行いました。内容は、古代ローマの数学者にならい、三角形の作図を利用してピラミッドの高さを求める、数学的思考力を問う課題に挑戦するというものでした。6年生たちは真剣に問題に向かい、上手にコミュニケーションをとりながら正解に近づいていきました。次は荒木小で英語の授業です。(大社小は10月に音楽でした。)

遥堪小数学 (サイズ小 2).jpg 遥堪小数学 (サイズ小 1).jpg

2019年2月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

カテゴリ

ウェブページ

  • assets_c
  • 2016
  • 08
  • 09