2018年12月アーカイブ

全員そろってのリハーサル 雪の舞う中での立兆

28日の午後から、社中生吉兆に備えたリハーサルを行いました。この日はこの冬1番の寒波襲来。氷雨の降る中、中学生も支える大人たちも頑張って、ついに吉兆幡が昇降口前の広場に立ち上がりました。初めてのことでわからないことだらけの中学生でしたが、地域の方々の指導を受けながら、役割を果たしていきました。吉兆幡を背に聞く吉兆囃子や大社神謡からは、神々しい伝統の重みとお祭りのときの心躍るような喜びを感じました。本番がとても楽しみになりました。

リハーサル1.jpg リハーサル2.jpg

2学期終業式 E1グランプリ表彰など

本日2学期の終業式を行い、引き続いて、アンサンブルコンテスト島根県大会・ロボコン県大会&中四国大会の結果報告、数リンピック・図画コンクール等美術作品関係・生徒会E1グランプリの表彰を行いました。最後を飾るE1グランプリの表彰は、あらゆる行事の中でも最も大きなトロフィーが贈られ、現3年生中心の生徒会役員の最後の大仕事です。毎月行ってきた「当たり前のことを当たり前にできる」ためのクラス対抗の取組結果は、次のとおりでした。さすが3年生、上位を独占しました。

1位:3年3組 2位:3年1組 3位:3年2組 4位:3年4組 5位:1年1組 6位:2年3組 7位:1年2組 8位:1年3組

ブラス、科学部報告.jpg E1グランプリ表彰.jpg

アンサンブルコンテスト島根県大会の結果

昨日行われた全日本アンサンブルコンテスト島根県大会に出場した打楽器五重奏のバンドは全体の9位、金菅八重奏のバンドは3位の成績でともに金賞を受賞しました。金菅八重奏バンドは中国大会への出場を決めました。大社中の中国大会出場は4年連続です。両バンドともステージでは素晴らしい演奏を披露し、この大会に向けよく努力しました。本当におめでとうございます。

アンサンブルコンテスト県大会に向けて

18日(火)放課後に、全日本アンサンブルコンテスト島根県大会に出場する、打楽器五重奏バンドと金管八重奏バンドの壮行演奏会が音楽室でありました。3年生を含めた吹奏楽部と教職員数名が聴き入るなか、演奏が行われました。先輩が聴いていると普段より緊張したかと思いますが、見事な演奏を披露しました。本番は23日(日)石央文化ホールで行われます。

アンサンブル (打楽器).jpg アンサンブル (金管).jpg

社中生による「15番目の吉兆さん」に向けて

15日(土)の夜に社中生吉兆の練習会を見ました。そこには、当日に参加する16人の精鋭たちの勇姿と熱心に指導してくださる地域の方々の姿がありました。1月5日の立兆に向けて、28日のリハーサルを合わせると残すところ後2回の練習となりました。本番を前に、吉兆囃子を演奏しながら巡行練習する姿と大社神謡を歌う張りのある声を、とても凜々しく感じました。先般大社ロータリークラブから寄贈を受けた大太鼓も力強い音を響かせていました。地域の方々の伝統文化への熱い思いを受け、また、世の中に吉兆が訪れますようにと願い、当日は必ず成功させてほしいと強く願います。

吉兆練習1 ブログ用.jpg  吉兆練習2ブログ用.jpg

第19回全国中学生創造ものづくり教育フェア 全国中学生創造アイディアロボットコンテスト中国・四国大会が、9日(日)広島市立大学体育館で開催されました。島根県からは、基礎部門、活用部門、応用部門にそれぞれ4チームずつ(大社中4、大東中5、掛合中1、島大教育附中1)が出場しました。今年度から新しくルールが変更になり(3年間は同じルール)その1年目であったので、工夫と苦労がにじみでたマシーンがたくさん見られました。大社中の4チームは惜しい試合がたくさんありましたが、残念ながら4チームとも予選リーグで敗退し、決勝トーナメントに進むことができませんでした。結果は次のとおり。

【基礎部門】 神在月(1年1名)1勝1敗 岡山、鳥取のチームと対戦

【活用部門】 BDZ(2年4名)1勝1敗 愛媛、徳島のチームと対戦

       ローリングファイヤー(1年1名)2敗 香川、岡山のチームと対戦

【応用部門】 大神ヶ島(3年2名) 2敗 岡山、広島のチームと対戦

ロボコン 活用.jpg ロボコン応用.jpg 

人権集会 内田美智子氏をお迎えして

6日(木)、うらら館にて人権集会を行いました。第1部は人権作文コンクールの入賞者の表彰と受賞作文の朗読、第2部は講演会、第3部は生徒会からのメッセージと出雲市フレンドシップ宣言の唱和というプログラムでした。講演会は多くの聴衆が涙する心温まる内容でした。全体を通して、全校生徒が人権についてしっかり考えた2時間となりました。

講演 お礼.jpg  フレンドシップ宣言 唱和.jpg

1月5日(土)に立兆予定の「社中生吉兆」まで、あと1ヶ月となりました。実際に「吉兆さん」を実現させるには様々な用具が必要ですが、本日、大社ロータリークラブから、大太鼓を寄贈していただきましたので、生徒会長が受け取り、そのお披露目を兼ねたセレモニーを行いました。これまで、練習を重ねてきた2人の生徒の大太鼓演奏と保存会の方の笛・小太鼓によるお囃子、そして中学生が立てる「吉兆幡」と新しい法被も披露しました。支援保存会やロータリークラブの方々もたくさんお越しくださいました。「伝統の火を絶やしてはいけない」という思いを込めた生徒会副会長のお礼の言葉は、とても力強く感じました。

吉兆囃子演奏.jpg

イオンプレミアムライブで吹奏楽部演奏

30日(金)の夜、吹奏楽部はイオンモールのプレミアムライブで演奏しました。18時から30分間の演奏でしたが、イオンのお客様に加えて、保護者、家族、大社中の先輩や友だちなどがたくさん会場に詰めかけ、楽しく心温まるひとときを過ごしました。1、2年生の新バンドメンバーもすっかり板について、息の合った素敵な演奏を披露しました。

イオンプレミアムコンサート.jpg

2019年1月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリ

ウェブページ

  • assets_c
  • 2016
  • 08
  • 09