2017年3月アーカイブ

 春休みに入り、合唱部と吹奏楽部は地域で演奏を披露する機会がありました。

 出雲フェスティバルは、出雲大社の神苑につくられた特設ステージで演奏しました。プロのサックス奏者 Gサックスの方や歌手の石野真子さんとの共演はとてもいい経験になったようです。Gサックスの方々には、大社中での前日練習では講習会もしていただきました。ありがとうございました。

 ハートフルコンサートはうらら館で開催し、お世話になった地域の方々に楽しんでもらう企画満載のステージでした。3月に卒業した3年生も参加し、ステージを共にする最後の機会を楽しみました。

 ともにたくさんの地域の方々にご来場いただいて応援してくださったことに感謝申しあげます。

出雲フェスティバル合唱 (160x88).jpgハートフル吹奏楽 (160x67).jpgハートフル合唱 (160x91).jpg

 春のあたたかい陽射しの中、卒業証書授与式を執り行いました。厳粛ながらもあたたかい雰囲気の中、送辞、答辞に込められた思いに涙する卒業生も多数いました。全校生徒と多くの保護者、教職員の見守られ、卒業生は明るく巣立っていきました。来賓の皆様、保護者の皆様、お世話になった地域の皆様、ありがとうございました。

卒業式1.jpg卒業式2.jpg

卒業生会入会式&予餞会 3/9

 4時間目に、北島会長をお招きし、3年生は卒業生会入会式を行いました。代表生徒の決意表明に続き、校歌を歌いました。大きい声で歌う3年生に、会長は感心されました。

 6時間目は生徒会が企画を進めてきた予餞会がありました。3年間の思い出スライドショーや3年生がクラスごとにつくるパズルゲーム、部活動ごとのメッセージビデオなど、心あたたまる企画が次々とあり、3年生は感動の涙、涙でした。3年生退場の間際に、教職員からのサプライズビデオも登場しました。教職員全員による「恋ダンス」でした。3年生もとても喜んでくれました。

予餞会1.jpg予餞会2.jpg予餞会3.jpg

出雲大社前勢溜から大鳥居までの神門通り(神門通り線1工区)は、大規模な改修によって数年をかけて新しくなり、今やたくさんの観光客で活気に満ちています。この改修は、平成22年からの「神門通りの整備を考えるワークショップ」によって多くの人々のアイディアが結集され、それらが活かされて実現したものです。今年から、大鳥居から宇迦橋、吉兆館前を結ぶ2工区のワークショップが始まり、1工区同様、大社中学校生徒も関わらせてもらっています。その第1回ワークショップが、6日夜に開催されました。参加した生徒たちにとって、自分たちのアイディアを伝える機会になったとともに、神門通りにかけた人々の思いや工夫された最新の技法などを聞く貴重な学びとなりました。

神門ワークショップ.jpg

想定:不審者侵入対応訓練&防犯教室 3/2

 「刃物を持った不審な人が校庭にいます。」と職員が発見することから訓練を開始しました。1階をすべて施錠するために何人かの教職員が走り、教室には放送を使わずインターホンによって連絡するなどの訓練をしました。危機に備えて、さすまたも用意し数名が待機しました。やがて、不審者の身柄は確保されたとし、次は避難訓練。全校生徒が体育館に集まったあとは、大社広域交番の勝原所長から訓練の講評と防犯のための心構えについてお話いただきました。不審者に出会ったら果敢に対峙などはせず逃げること、手を捕まれたときの振りはらう技なども教えていただきました。

防犯教室.JPG

同和問題学習スタート 1の1で研究授業 2/28

1、2年期末テスト後から1年生を中心とした同和問題学習をスタートしました。全6回の道徳と社会科の授業により生徒たちは学びます。第1時、道徳の研究(公開)授業を、本校の全教員に校区の教員や地域の方、指導員の先生を交え、実施しました。1年1組は大勢の教員が見ているにもかかわらず、積極的に発表し、しっかり考え、とてもよい学びをしたと思います。

同和問題学習.jpg

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリ

  • 学校行事

ウェブページ

  • assets_c
  • 2016
  • 08
  • 09