H29校長室だよりの最近のブログ記事

新しい年2018年を迎えての決意

 校長室だより2018.01.09号を発行しました。今回のテーマは「新しい年2018年を迎えての決意~私たちが取り組むべき課題は何かについて~」です。

大雪や低温も峠を越して、校庭の雪もようやく解けました。後には、子ども達の雪の作品の名残があるのみです。

花咲く樹2018.01.09.pdf

【▼今日の校庭の様子から】

suda30586.JPG

「兆し」に「挑む」この一年間

 年末に校長室だより2017.12.25号を発行。新しい年となりましたが、ご紹介しておきます。今回のテーマは「「兆し」に「挑む」この一年間でした~荘原小2017年をまとめる漢字一文字とは...」です。四月からの日々を振り返ってみました。新年度に向けてさらに取組を進めていきたいと思います。

花咲く樹2017.12.25.pdf

suda30585.JPG【校長室だより「花咲く樹」とは】

このたよりは教職員に向けに校長が発行し、職員会議等配付したものです。それらの中から、保護者の皆さんにもブログを通じて、一部を参考資料として紹介しています。

 校長室だより2017.10.30号を発行しました。今回のテーマは「スイカのタネはなぜ散らばっているのか」...??~ひとつの疑問・不思議から始まる行動~」です。日々の授業の中で、子ども達に「?」と「!」をいかに生み出すか。校内研究授業を見ながら、教師と子ども達の「それぞれの学びの姿」が印象的でしたので、まとめてみましたので紹介します。

花咲く樹2017.10.30.pdf

suda30450.JPG【校長室だより「花咲く樹」とは】

このたよりは教職員に向けに校長が発行し、職員会議等配付したものです。それらの中から、保護者の皆さんにもブログを通じて、一部を参考資料として紹介しています。

読書の秋に『橋をかける』取組を

 校長室だより2017.10.07号を発行しました。今回のテーマは、「読書の秋に『橋をかける』取組を...~1998年国際児童図書評議会第26回世界大会基調講演から~」です。読書に適した季節になりました。この3連休には、ぜひ家族で「家読」をお願いします。

花咲く樹2017.10.07.pdf

2017poster4c.jpg

「さびない鍬でありたい」という願い

 校長室だより2017.09.04号を発行しました。今回のテーマは「「さびない鍬でありたい」と願う日々の生活~人は何を得て、何を失ってきたのでしょうか~」です。9月1日のNHK総合テレビで、石井哲代さんを取り上げた番組が放送されました。その生き方に学ぶことが多くありましたので紹介します。

花咲く樹2017.09.04.pdf

suda30306.JPG

教師の役割について

 発行月日の順番が逆になってしましましたが、6月26日に発行した「校長室だより2017.06.26号」を紹介します。今回のテーマは「「教師としての役割」を深く自覚すること~子どもの前に立ち、導く者としての義務と責任~」です。6月23日(金)は「沖縄慰霊の日」であり、新聞やテレビ等で関連番組や特集記事が報じられました。この日に関連して考えたことがらです。

花咲く樹2017.06.26.pdf

suda30293.JPG

戦争と人権について考える

校長室だより2017.08.23号を発行しました。

今回のテーマは「「戦争」こそ最大の「人権侵害」への気づき~市平和祈念式典での本校児童からのメッセージ~」です。市平和祈念式典でのメッセージについてあらためて考えてみました。

花咲く樹2017.08.23.pdf

suda30292.JPG

毎日の授業を支えるもの

校長室だより2017.05.22号を発行しました。

今回のテーマは「ブログ記事「ひとつの授業から学んだこと」 ~教師と子どもが向き合うときに大切にしたいこと~」です。日々の授業を支える教師の思いや願いについて考えてみました。

花咲く樹2017.05.22.pdf

IMG_3987.JPG

Boys be ambitious!少年よ大志を抱け

校長室だより2017.04.24号を発行しました。

今回のテーマは「「夢なき者に成功なし」の教えから~未来を生きる子供達の未来を育む職人として~」です。大人は、しばしば子どもに向けて「夢をもて、目標をもて」と言います。それでは、大人自身はどうでしょうか。子どもに「あなたの夢・目標は何?」と問われた時に、どんな返事が返せるのか。これは私たち「教師」だけでなく、大人の姿勢として大切なことなのかもしれません。

花咲く樹2017.04.24.pdf

【▼高瀬山山頂から荘原地区を望む】

suda30045.JPG

ふるさと荘原ブランドの教材化に向けて

校長室だより2017.04.17号です。

 今回のテーマは「荘原ブランドの教材化と実践の質的深まり~荘原を知り、出会い、そして感じ・考えてみる~」です。本年度の各学年の学習が本格的にスタートします。ふるさとのすばらしさに出会い、子どもが学習に興味・関心を寄せるのはもちろん、ふるさとへの思いを深める機会にしてほしいと思います。

 これまでに各学年で取り組んできたこと、これからの展開へのヒントなどなどをまとめました。

花咲く樹2017.04.17.pdf

【▼新川鉄橋に残る機銃掃射のつめ跡】 

suda30018.JPG

【校長室だより「花咲く樹」とは...】

このたよりは教職員向けに発行したものです。職員会議等に校長が発行しているたよりです。

その中から保護者の皆さんにもブログを通じて参考資料として公開しています

新年度のスタートの日にあたって

校長室だより2017.04.04号です。

 今回のテーマは「「置かれた場所で咲く」その力と心をもった教職員と~平成29年度教育課程の編成にあたって~」です。

4月4日月(火)、本年度の本校職員が一堂に会し、新年度をスタートさせました。その時に示した資料です。荘原教育で大切にされてきた柱はそのままに、本年度の子ども達と教職員とで教育活動の一層の充実を図っていきたいと思います。本年度もよろしくお願いします。

校長室だより2017.04.04.pdf

suda30001.JPG【校長室だより「花咲く樹」とは...】

このたよりは教職員向けに発行したものです。職員会議等に校長が発行しているたよりです。

その中から保護者の皆さんにもブログを通じて参考資料として公開しています。

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ウェブページ

  • 2015
  • 04
  • 26
  • assets_c
  • 2015
  • 04
  • 09
  • 12
  • 2016
  • 02
  • 05
  • 06
  • 07