H30学校だよりの最近のブログ記事

 毎月、学校での様子をお知らせしています。今回は、「子ども達の「今」をどうみるかということ~子どもの未発達性と可能性との狭間での教育~」についてお知らせしています。子育ての中での大人の責任、それは子供に「自信をもたせる」働きかけではないでしょうか。子供に自信をもたせるための「言葉の環境」について考えてみました。

H30学校だより11月号.pdf

【▼学習発表会「荘原っ子フェスティバル2018」の様子から】

suda310577.JPG

 毎月、学校での様子をお知らせしています。今回は、「宝塚歌劇団に伝わる「25ケ条」とは...~「清く正しく美しく」生きるためのヒント~」についてお知らせしています。私たちは、毎日様々な人とかかわりをもちながら生活しています。また、そうでないとよりよく生きていくことは難しくなります。そんな中で考えてみたい自分の生き方についての話題です。

H30学校だより10月号.pdf

【▼ 色別ペア遊びの様子から】

suda310482.JPG

 毎月、学校での様子をお知らせしています。今回は、「一人一人はみんな違う時間を生きている~ゾウの時間ネズミの時間人間の時間~」についてお知らせしています。みんなが同じ時間を過ごしているようであっても、案外それぞれが違う世界・時間を生きているのでは...?。そんなことを考えさせられたお話です。

H30学校だより9月号.pdf

【▼ 荘原っ子大運動会2018振り返りの場面の様子から】

suda310387.JPG

 荘原地区全戸配布の校報「荘原の教育」を発行しました。

 今年度も年間3回、学期ごとに発行予定です。巻頭ページのみ掲載させていただきました。

 今回は、「「さびない鍬でありたい」と願う日々の生活」のタイトルで、日常の生活についての所感をまとめてみました。

荘原の教育219号.pdf

suda310242.JPG

毎月、学校での様子をお知らせしています。今回は、「「友だち」「家族」とは何だろう...~同じ空間と時間をともにする意味を考える~」についてお知らせしています。ともに生活する上で大切な2つの時間について考えました。

H30学校だより7月号.pdf

suda310235.JPG

 毎月、学校での様子をお知らせしています。今回は、「23年前の阪神淡路大震災からの教訓~「人権文化」豊かなまちづくりとは~」についてお知らせしています。6月16日(土)、荘原・出東地区人権同和教育推進協議会、荘原・出東コミセンが主催して開催された人権同和教育講演会が開催されました。その講演内容から、人と人とが出会い、触れ合うことの大切について考えてみたいと思います。

H30学校だより6月号.pdf

【▼ 給食試食会の様子から】

suda310178.JPG

 毎月、学校での様子をお知らせしています。今回は、「子どもの最高の時を共有できる喜び~「教育」することと「共育」することを考える~」についてお知らせしています。基本的な「子育て」「教育」について、新しい年度が始まるこの頃にもう一度考えたい大人の姿勢です。

H30学校だより5月号.pdf

suda310103.JPG

 毎月、学校での様子をお知らせしています。今回は、「登下校の通学路は「哲学する道・時間」でありたい~ 新しい一年の始まりに当たり思う「学校での学び」の意味~」についてお知らせしています。基本的な「学校とは」について新しい年度が始まるこの頃にいつも考えることです。子どもたちにとって大切な「仲間・時間・空間」を共有できる場としての学校の役割を考えていきたいと思います。

H30学校だより4月号.pdf

【▼ 1・2年生学校探検の様子から】

suda310045.JPG