2018年2月アーカイブ

ありがとうさよなら集会の練習を行いました

 今日の昼の集会活動では、3月2日(金)開催の「ありがとうさよなら集会」の全校合唱の練習とフィナーレの動きの確認を行いました。5年生がリーダーとなって全校に指示を出し、限られた時間の中でしっかりと練習ができました。2日の本番での活躍が楽しみです。

【▼ありさよ集会の練習の様子から】

suda30803.JPGsuda30804.JPGsuda30805.JPGsuda30806.JPG

昇降口に、先日から「荘原1年 ケーキ屋さん」がオープンしました。いろどりがよくおいしそうなケーキがたくさん並んでいて、見るだけでとても楽しい気分にしてくれています。1年生一人一人が作ったケーキは、どれ一つとして同じものはなく、みんなそれぞれのお気に入りのケーキです。

【▼昇降口にあるケーキ屋さんの展示から】

suda30799.JPGsuda30800.JPGsuda30801.JPGsuda30802.JPG

一人一人の成長した姿を見ていただきました

 2月15日に予定していた学習公開日は、保護者の皆さんの駐車場を確保できないと判断し、中止としました。その時に予定していた保護者の皆さんにぜひ見ていただきたかった1年生の「できるよ!発表会」と4年生の「2分の1成人式」を本日の午後開きました。

 たくさんの保護者の皆さんの前で、1年生の子ども達はこの1年でできるようになった様々な技を披露しました。4年生は一人一人が将来の夢を熱く語りました。お出かけいただきました保護者の皆様ありがとうございました。

【▼発表会と2分の1成人式の様子から】

suda30793.JPGsuda30794.JPGsuda30795.JPGsuda30796.JPGsuda30797.JPGsuda30798.JPG

あいさつの輪を広げよう

 ここ数日は、計画生活委員会だけでなく、「あいさつボランティア」のみんながふれあい広場に立ち、登校してくる友達に元気のよいあいさつの声をかけてくれています。今朝もたくさんのボランティアのみんながあいさつの声をかけてくれました「あいさつは、まず自分から」もっともっと挨拶の輪が校内に広がっていけばいいと思います。

【▼あいさつ運動の様子から】

suda30792.JPGsuda30791.JPG

毎月、学校での様子をお知らせしています。

今回は、「学校の樹木観察園誕生の話~子ども達のための学習園~」についてお知らせしています。昭和60年3月に、三代目となる二宮金次郎像が建立されました。その際、「子ども達が花木に関心を寄せ、季節を楽しめるように」と樹木観察園が整備されました。その歴史について紹介しています。

H29学校だより2月号.pdf

【▼樹木観察園で学ぶ子ども達の姿から】

suda30789.JPGsuda30790.JPG

NIE冬季セミナーで実践報告を行いました

 県NIE冬季セミナーが、山陰中央新報社製作センターで開催されました。

本校は、実践指定校2年目を終えるため「新聞のある学校生活から広がる学び」のテーマで実践報告をしました。発表では、全校での取組や第5学年の社会科「情報化した社会と私たちのくらし」の実践を中心に報告をしました。来年度も実践指定校として内定しています。最終年度として、子ども達の学びの環境に新聞を生かす可能性を探っていきたいと思います。

【▼実践報告するNIE担当槇原教諭】

suda30788.JPG

6年生スケート教室

 卒業まであと3週間となった6年生は、小学校の思い出作りの一環として湖遊館でスケート教室を開きました。まず、用具の準備と準備体操を行い、指導員の方から基本の動きをご指導いただきました。その後、リンクに入って実際に氷の上を歩いたり、滑ったりしました。だんだんに氷上の感覚にも慣れ、大きなリンクへ移動してみんなで楽しくスケートを楽しみました。

【▼スケート教室の様子から】

suda30782.JPGsuda30783.JPGsuda30784.JPGsuda30785.JPGsuda30786.JPGsuda30787.JPG

 今日2月22日は、「竹島の日」です。2018(平成30)年は竹島の島根県告示から113周年。韓国による不法占拠から65年目です。県内では様々な行事が開催され、ニュース等で情報がたくさん流れることと思います。高学年の子ども達は、日本の領土について学習を終えていますので、家庭でも話題にしてみてください。

【竹島パンフレットから】

suda30781.jpg

今年度もあと一ケ月となりました

 2月もあとわずか。来週から3月に入ります。今年度も残すところ1ケ月余りとなりました。今年度の学校生活では、「こ・た・えのある学級・学校にしていこう」を目標に取り組んできました。

...声をかけ合う学級 ...たくさんの友達がいる学級 ...笑顔あふれる学級

です。12月の人権集会は「言葉について考えよう」をテーマにしました。各階の廊下には、子ども達が作った人権標語が掲示されています。さらに友達に対する思いやりと責任を果たそうとする強い心とが荘原の子ども達に育つよう取組を進めていきたいと思います。

【▼校舎内の人権にかかわる掲示の様子から】

suda30777.JPGsuda30778.JPGsuda30779.JPGsuda30780.JPG

卒業に向けた準備が進みます

 3月16日の卒業に向け、校内ではその準備が進んでいます。6年生は卒業プロジェクトで体育館の床磨きをしてくれました。そのあと、体育館のワックスがけを業者に依頼し、式場となる体育館も式当日に向けて整えられつつあります。卒業アルバムの撮影も順調に進み、児童委員会・クラブ・個人写真の撮影も終了。今日は、職員写真を撮影しました。

【▼卒業アルバム用職員写真の撮影の様子から】

suda30775.JPGsuda30776.JPG

研究会参加報告会を実施しました

 2月3日(土)、関西大学初等部研究発表会に13名の教職員が参加しました。参加者それぞれが研究会に参加して気づいたことを職員会議で報告しました。本校が取り組んでいる「情報を活用し、表現する力を育てる授業づくり」にとって、参考になる考え方や実践に出会うことができました。この研究は3年計画で来年度が最終年度になります。荘原小学校の教育活動のより一層の充実のため、全職員でさらに取組を進めていきたいと思います。今回の校長室だよりでは、研究会に参加して本校のこれからについて考えたことをまとめてみたものです。

花咲く樹2018.02.19.pdf

【研究会参加報告会の様子から】

suda30774.JPG

にこにこ班お別れ会を開きました

 6年生が卒業するまであと1ケ月となりました。今日は、これまで「にこにこ班(縦割り班)」でお世話になった6年生と一緒にゲームをしたりして、最後の楽しい思い出作りと感謝の気持ちを伝える機会を持ちました。5年生が会の進行やゲームを準備してくれました。3月2日(金)には、全校で「ありがとうさよなら集会」を開きます。6年生へのメッセージカードづくりも行いました。

【▼お別れ会の様子から】

suda30768.JPGsuda30769.JPGsuda30770.JPGsuda30771.JPGsuda30772.JPGsuda30773.JPG

人権出前教室を実施しました

 2月15日(木)、出雲市人権擁護委員さんと、斐川支所地域振興課からおいでいただき、「人権出前教室」を開催しました。「人権とは何だろう」のお話、大型紙芝居「いのちのまつり」とブラックライト紙芝居「花さき山」を鑑賞した後、今日の学習で考えたことや感じたことを発表しました。子ども達からは、「ふわふわ言葉をもっと大切にしたいな」「もっと優しくなりたいな」「友達ともっと仲良くなりたいな」という感想がたくさん出されました。最後に今日の学習の記念として「人権マスコット人形」を一人一人にいただきました。

【人権出前教室の様子から】

suda30764.JPGsuda30765.JPGsuda30766.JPGsuda30767.JPG

斐川ブロックお別れ発表会に参加しました

 アクティーひかわ多目的ホールで、斐川町内6小・中学校の合同学習「お別れ発表会」が開催され、荘原小学校からも参加しました。劇「荘原小・かさこじぞう」の発表や、担当する役割を立派にこなしていました。インフルエンザの流行や大雪による臨時休校のため、全員そろっての練習時間を十分確保することが難しかった中、全員が力を合わせてのすばらしい発表でした。

【お別れ発表会の様子から】

suda30763.JPGsuda30762.JPG

雪道の登校

 先週末からの好天や雨により、歩道の積雪もかなり少なくなり、児童の登校も可能になりました。今朝は、今月の挨拶運動と重なり、地域の皆さんやPTAの皆さんに久しぶりに登校する子ども達に、昇降口前で挨拶の声をかけていただきました。

 なお、校地内にはまだかなりの積雪があり、駐車場の確保が十分できないため、15日(木)に予定していた学習公開は中止としました。

【▼今朝の登校の様子から】

suda30761.JPGsuda30760.JPG

晴天となり厳しい冷え込みとなりました

 昨夕から快晴となり、今朝はかなりの冷え込みとなりました。昨日までの雪は固く締まり、雪の中を歩く時は、モモを高く上げて一歩一歩足を抜くように歩かないと前へ進めない状況でした。雪の表面が凍り付いて結晶となり、それが朝日を受けて輝いていました。新建川には川霧がかかり、幻想的な雰囲気でした。これから明日にかけて雨模様です。この雨で、しっかりと雪が解けることを祈っています。

【今朝の学校近くの様子から】

suda30757.JPGsuda30758.JPG

suda30759.JPG

9日(金)も引き続き臨時休校とします

 本日、職員で通学路点検を実施し、児童が安全に登校できるか確認しました。その結果、歩道にかなりの積雪(50cm以上)があり児童の通行が困難なこと、道幅の狭い車道を歩かなければならない箇所が多数あることなど、危険個所が多く、児童が安全に登校することは難しい状況にあると判断しました。なお、斐川町内の小学校は、いずれも臨時休校としています。

 大雪の峠は越したようですが、道路の状況や屋根からの落雪等が心配されます。十分安全に配慮をお願いいたします。ご来校の際は、児童クラブ前・100台駐車場校庭側をご利用ください。一部除雪してあります。

【今朝の小学校の様子から】

suda30755.JPGsuda30756.JPG

臨時休校の措置をとります

 2月8日(木)は、大雪のため斐川町内の小中学校は臨時休校の措置を取りました。

 本日の朝からの積雪が30cmを超え、本日は全校5校時で集団下校をしました。夕方18:00には、島根県東部の平野部に大雪警報が発令されました。今夜から明日未明にかけてさらに積雪が予想されます。通学路の安全が十分に確保できないことが予想されるため、町内の小中学校は臨時休校としました。安全に十分に気を付け、不要不急の外出はくれぐれも避けるようお願いいたします。

【今日の下校の様子から】

suda30754.JPGsuda30753.JPG

卒業まであと1ケ月あまりとなりました

 2月も1週間が過ぎて、6年生の卒業まであと1ケ月余りとなりました。卒業アルバムの写真撮影もスタートしています。これまでにクラブや委員会の写真撮影があり、今日は個人写真の撮影でした。一人一人がお気に入りの品を用意しての写真撮影でした。はじめは緊張気味の表情も、思い出に残る素敵な表情へと変化していました。

【卒業アルバム写真撮影の様子から】

suda30752.JPGsuda30751.JPG

雪の中の登校が続いています

 毎日低温が続き、日中も氷点下となる厳しい冷え込みが続いています。そんな寒さ厳しい中を子ども達は元気に登校してきます。この寒さは今週末にはいったん緩みそうですが、来週に再び寒気が流れ込む予報です。登下校はもちろん、お休みの日の過ごし方にも十分気を付けてほしいと思います。

【▼雪の日の登校の様子から】

suda30746.JPGsuda30747.JPG

suda30748.JPGsuda30749.JPG

一日入学を実施しました

 2月6日(火)、4月に本校に入学予定の55名の子ども達とその保護者の皆さんにご来校いただき、一日入学を実施しました。これまで、保幼小交流の日、就学前健康診断ですでに2回ご来校いただき、説明やお願い、子ども達は小学生との交流を行ってきました。

 今日は、1年生の子どもたちが新入生を迎える準備をし、1年教室で楽しいひと時を過ごしました。その間に、保護者の皆さんには入学までに準備していただきたい事柄について具体的に説明し、注文物品の受け取りもしていただきました。いよいよ入学まで2ケ月となりました。大変厳しい寒さが続きますが、厳しい冬を通り越したサクラほど美しい花をつけると言われています。今から4月の出会いが楽しみです。お迎えをした1年生もお兄さん・お姉さんらしさをぐっと増す姿が見られました。

【一日入学の様子から】

suda30746.JPGsuda39745.JPG

研究発表会参加の成果を生かして

 2月3日(土)、関西大学初等部研究発表会に13名の教職員が参加し、各学年の公開授業や研究協議から「子どもが主体的に考えるとは、どのような活動をすることなのか」について考える機会を得ました。また、あらためて荘原小学校で進めている研究活動の方向性についても振り返ることができました。

 参加者一人一人が参加報告書を作成しましたので、職員会議で全職員へ報告します。たくさんの学びと気づきが得られた研究会でした。新しい学習指導要領が2020年から本格的に実施されます。今回の研究会参加の最大の収穫は、本校が進める学校研究が新しい教育に求められている要点と軌を一にした内容であることを再確認できたことでした。複数の教職員で、同じ思いと取組への自信とを共有できたことは、荘原の教育を進めていくうえで大きな推進力となります。ありがとうございました。

【研究発表会の様子から】

suda30743.JPGsuda30744.JPG

冬の終わりを告げるしるし

 2月3日(土)は節分、そして4日(日)は立春。暦の上ではすでに春の最初の日を迎えます。

節気も「大寒」から「立春」へ移り変わるまさに節目の日です。実際は、まだまだ寒さの続く毎日ですが、春遠からじと思わせる自然界の変化にも気づかされます。4年生の教室に掲示されていた「わたしの樹観察カード」には、桜の木のつぼみの様子が記録されていました。「手で触ってみると少しふわふわしてきた」「少しずつ芽が大きくなってきているようだ」など、春の訪れのしるしを読み取っていました。学校では、3月16日に卒業を迎える6年生の旅立ちに向けた準備が本格化します。

【前庭樹木観察園の梅の芽とロウバイの花の様子から】

suda30741.JPGsuda30742.JPG

1月29日(月)から2月4日(日)の1週間は、「ノーメディア・チャレンジ週間」です。早寝、早起き、朝ごはん、学習開始時刻、メディア接触時間、学習時間の6項目についてめあて達成に向けて取組中です。今年度最後のチャレンジ週間となりました。これまでの取組結果も子どもたちに示しています。メリハリのある家庭生活の実現をめざし、日ごろの家庭での時間の過ごし方について、各ご家庭で大いに話題にしていただきたいと思います。

【▼昇降口・ふれあい広場の掲示から】

suda30739.JPGsuda30740.JPG

防犯教室を実施しました

 近年、荘原地区内においても不審者による声かけ事案等が発生しています。学校では、斐川交番・青色パトロール隊の皆さんのご協力も得て、パトロールや下校指導を実施しています。しかし、一番大切なことは、「自分の身は自分で守る力をもつこと」です。今日の防犯教室では、不審な人と出会った場合の対処の仕方を具体的に学びました。

【▼防犯教室の様子から】

suda30735.JPGsuda30736.JPGsuda30737.JPGsuda30738.JPG

6年生が「食の学習」を行いました

 6年生は、毎年この時期に給食センターの皆さんにお世話になり、バイキング給食を実施していただいています。昨日は、バイキング給食の実施前に、バランスのよい食事についての学習を行いました。インフルエンザでお休みの子ども達も多いため、バイキング給食は3月1日に延期しました。子ども達はとても楽しみにしています。全員そろってバイキング給食を迎えたいものです。

【▼食の学習の様子から】

suda30734.JPGsuda30733.JPG

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ウェブページ

  • 2015
  • 04
  • 26
  • assets_c
  • 2015
  • 04
  • 09
  • 12
  • 2016
  • 02
  • 05
  • 06
  • 07