2016年2月アーカイブ

 学校だより「花咲く樹~満開の笑顔と夢~」2月号を発行しました。

 毎月、学校での様子をお知らせしていきます。

 今回は、5年目を迎える東日本大震災の日を前に、再度考えてみたいことをまとめました。

学校だより2月号.pdf

【▼気仙沼市の風景から】

 

 

 

 

校長室だより2016.02.04号

校長室だより2016.02.04号です。
 今回のテーマは、
   「子育て四訓」に見る親育ちとは…
     ~子どもの成長と共に親も親となっていく~

 です。2月4日(木)の午後、来年度入学予定の保護者のみなさんを対象に、一日入学・保護者説明会を行いました。その時の資料です。

 花咲く樹2016.02.04.pdf

【▼一日入学の様子から】

 

 

校長室だより2015.12.25号

校長室だより2015.12.25号です。
 今回のテーマは、
   県学力調査実施から見えてきた課題
  ~本校児童の「不得意」「経験不足」は何かを探る~

 です。12月15日~16日、小学校3年生以上の児童生徒に対して実施した県学力調査についてです。

 調査問題から、問われている能力と、荘原の子ども達の実態についての内容です。

花咲く樹2015.12.25.pdf 

【▼調査問題にのぞむ子ども達】

 

 

 

 

 

春の確かな足音として

 学校の前庭には、数々の樹木が植えられています。

 春の訪れを知らせてくれるのが、梅の花です。

 地区内の梅の木と比べると、日の当たり具合からでしょうか。それとも、品種によるものでしょうか。

 少し遅い開花となっています。

 紅梅は、ずいぶんと花が開き、辺りに良い香りを漂わせています。

 シダレウメ(白梅)の方は、やっと蕾が膨らみ始めました。

 来週からはいよいよ3月。今年の桜の開花は3月末と伝えられています。

【▼学校前庭の紅梅と白梅の様子】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今週は、ピカ美化週間です

 今週は、ピカ美化環境委員会主催の「ピカ美化週間」です。

 年度末を迎え、掃除のあり方を一人一人が考えようと呼びかけられました。

  ① 遅れずにそうじ場所へ行く

  ② 時間いっぱいそうじに取り組む

  ③ そうじ以外の話をしない

  ④ 後片付けをきちんとする

の4つの項目について点検していきます。

【▼そうじを終え、点検項目のチェック】

 

 

 

 

3月を目前にして

いよいよ来週から3月になります。

月日の経つのは早いもので、今年度もあとひと月ばかりとなりました。

今日2月24日の午前中は、おはなしチューリップのみなさんによる今年度最後の環境整備活動の日でした。

卒業する6年生は「ひつじ」年生まれが多いことから、卒業生をイメージした壁面掲示を作製していただきました。

ボランティアのみなさんには、いつも子ども達のことを考えていただき、すてきな掲示物を作製していただきました。

今年一年間、本当にお世話になりました。ありがとうございました。

【▼完成した図書室前の壁面掲示】

 

 

 

 

「にこにこ班おわかれ会」を開きました

 2月23日(火)3時間目、この1年間の縦割り班「にこにこ班」活動のまとめと、活動をリードしてくれた6年生への感謝の気持ちを伝えるために「にこにこお別れ班会」を開きました。

 5年生が全体の司会進行を行い、4年生がゲームの企画進行を行いました。

 1年間の活動の感想発表を行った後、5年生以下全員で6年生への色紙作りを行いました。

【▼みんなでゲームを楽しみました】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【▼1年間の活動について感想を発表し合いました】

 

 

 

 

 

 

 

 

【▼5年生以下全員で色紙作りをしました】

 

 

 

 

 

 

 

今日は、『食べ物クイズラリー」最終日

 給食委員会企画の「食べ物クイズラリー」は、先週の17日(水)低学年、19日(金)中学年に続いて、今日は最終日の高学年の日でした。

 高学年になると、

 「ブドウをたくさん生産している国は次のうちどの国?」

 「トマトを一番生産している県は次のうちどの県?」

という問題もあり、さすがに問題はかなり高度になってきます。

参加した高学年もかなり苦戦していました。

【▼食べ物クイズラリーの様子から】

 

 

 

 

 

地域の皆様に感謝します

 2月15日発行の「荘原自治協会だより」に、学頭地区の通称「北筋線」の歩道整備に向けて、昨秋に事前測量説明会があり、地元や地権者の皆様から賛同が得られたことが紹介されていました。

 たくさんの関係の皆様のご理解・ご支援により、児童の通学路安全確保に向けた取組が、具体的に進み出すことに感謝申しあげます。本当にありがとうございました。

【▼校門前から見た「北筋線」東方面】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 また、出雲市のホームページには、平成28年度市会計予算編成過程の状況が情報公開されています。

 2月15日には市長査定結果が公開されました。その中で、「旧荘原幼稚園園舎解体工事」の予算が約1800万円計上されています。3月議会の審議を経て決定となります。決定されれば、来年度旧園舎撤去工事が開始となる見込みです。

 関係の皆様のお力添えに感謝します。ありがとうございます。

【▼現在の旧幼稚園園舎の様子】

 

 

 

 

 

 

ありがとうの思いを形に

校内では、あちらこちらに「ありがとう」の文字を見つけることができます。

昇降口のふれあい広場には、福祉ボランティア委員会が取り組む「ありがとうの木」があります。

葉っぱのカードにお世話になった人へのメッセージを書いて枝に貼り付けるものです。

15日(月)から19日(金)までの1週間取り組んでいます。枝は、はいっぱいの「ありがとうの葉っぱ」に包まれています。

【▼たくさんの葉っぱに飾られた「ありがとうの木」】

 

 

 

 

 

 

 

 

低学年の教室前には、先日2年生が開いた「おみちゃのお店」に招待された1年生から2年生にあてたお礼のメッセージが掲示されていました。とても楽しい思い出をつくってくれた2年生のお兄さん、お姉さんに向けけたメッセージが綴られていました。

【▼「おもちゃのおみせ」への1年生からのお礼の手紙】

 

 

 

 

 

 

 

 

4年生は10歳を迎えて、2分の1成人式を行いました。

その時の感謝の気持ちを俳句に込めた作品が掲示されています。

【▼4年生の「2分の1成人式」のメッセージ】

 

 

 

 

 

 

 

 

全校では、「ありがとう・さよなら集会」に向けて、6年生への感謝の気持ちを表すための準備が進んでいます。 

卒業に向けた一日一日

 2月も半ばを過ぎ、6年生も卒業が一日一日と近づいてきています。

 今日は、卒業アルバム用の個人写真の撮影が午前中に行われていました。

 3月18日(金)の卒業式までの小学校生活を大切にしてほしいと思います。

【▼卒業アルバム個人写真撮影風景から】

 

 

今日はフリー公開日

 2月16日(火)は、3校時から5校時の授業や生活の様子を公開する「フリー公開日」でした。

 午前中もたくさんの保護者のみなさんにお出かけいただき、今年度最後の学習の様子を見ていただきました。

 どのクラスでも、4月と比較して、はっきり大きな声で発言・発表する姿や、落ち着いて学習に向かう姿が見られました。

 いよいよ3月が目前に迫ってきました。今年度のまとめを行い、進級を迎えます。

【▼1年生の学習の様子~生活~】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【▼2年生の学習の様子~体育~】

 

 

 

 

 

 

 

 

【▼3年生の学習の様子~総合~】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【▼4年生の学習の様子~社会~】

 

 

 

 

 

 

 

 

【▼5年生の学習の様子~国語~】

 

 

 

 

 

 

 

 

【▼6年の学習の様子~学級活動~】

 

 

 

 

図書委員会主催「クイズラリー」

2月16日(火)の昼休み、図書委員会が主催して、低学年クイズラリーがありました。

図書室を会場に、本に関する問題(クイズ)を解いていくものです。

たくさんの子どもたちが楽しく問題に挑戦していました。

【低学年クイズラリーの様子から】

 

 

 

 

 

 

 

 

【▲すてきなプレゼントも用意されていました】

 

 

 

このシリーズでは、荘原小学校に関わりの深い人や出来事等について少しずつ紹介しています。

 第15回目は、「荘原小学校の歩み~旧校舎時代の出来事から~」です。

 現在地での開校から旧校舎時代の学校や社会の様子についてまとめてみました。

015荘原小学校の校長その1.pdf 

本年度の「ようこそ!本校の先輩達」のシリーズは今回で終了です。

全15回の内容は次のとおりでした。

第1回  2015.07.04  弥生の舞の歴史
第2回  2015.07.04  その昔、荘原に戦争があった頃の話
第3回  2015.07.23  荘原小学校校歌の歴史
第4回  2015.07.27  本校卒業生・錦織恭一氏
第5回  2015.07.29  学校にテレビが来た日
第6回  2015.08.06  錦織竹香先生のこと
第7回  2015.08.07  画家・伊勢英子さんとの出逢いから
第8回   2015.08.11  我らの手で誇れる体育館を
第9回   2015.08.13  荘原小誕生物語
第10回 2015.08.15  終戦の年の荘原小学校
第11回 2015.09.20  学校給食開始前後の話
第12回 2015.10.07  荘原小学校の3つの学校財産
第13回 2016.01.29  歴史に刻まれる本校の先輩達
第14回 2016.02.09  明治のころの荘原村~ハーンの見た荘原の町~
第15回 2016.02.15  荘原小学校の歩み~旧校舎時代の出来事から~

春の足音が聞こえる頃

校長室には、クラブの外部講師の先生のご厚意により生けていただいた花が心を和ませてくれています。

今回は、「春を想う」テーマがぴったりの花々です。

その中に「マンサク」の花がありました。どの花よりも先駆けて「まず咲く」ことから、「マンサク」と名付けられたという由来もある程に、春の到来を告げる花です。

今週末は天気が大荒れとなり、「春一番」が吹き荒れる予報も出ています。三寒四温の頃、着実に春へ向けての歩みは進んでいます。

【▼春の到来を告げる「マンサクの花」】

 

 

 

 

三世代交流カローリング大会

 2月11日の午前中、三世代交流カローリング大会が、斐川第一体育館を会場に開催されました。

 これは、荘原小学校PTA保体部と荘原地区青少年育成協議会,社会福祉協議会の協力により開催されたものです。

 一般の部とファミリーの部で40チームの参加があり、賑やかに楽しく家族のふれあい、地域の三世代がともに楽しい一時を過ごしました。保体部のみなさんには、おにぎりと豚汁の準備もしていただき、参加者みんながおいしくいただきました。

【▼最初に初参加者はルール説明を受けました】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【▼熱戦が繰り広げられました】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  【▼子ども達の腕前もなかなかのものです】

 

 

 

 

 

 二十四節気の立春を過ぎてはや一週間。七十二候では「うぐいすが山里で鳴き始める」頃とされています。

 今朝も穏やかな朝となりました。

 今日は10日、PTAと社会福祉協議会のみなさんが、子ども達にあいさつの声を直接かけていただく「あいさつ運動」の日です。

 学校評価の中でも、「いつでも・どこでも・誰にでも・元気なあいさつ」が一つの課題となっています。

 【今朝の登校とあいさつ運動の様子から】

 

 

 

 

 このシリーズでは、荘原小学校に関わりの深い人や出来事等について少しずつ紹介しています。

 第14回目は、「明治のころの荘原村~ハーンの見た荘原の町~」です。

 明治時代の荘原のにぎわいを想像させられる汽船発着の様子を資料からまとめてみました。

014明治のころの荘原村.pdf

「朝のあいさつ当番」応援隊

 毎朝、7時55分に昇降口のドアが開かれ、子どもたちが校舎に入ってきます。

 昇降口のふれあい広場で、毎朝、生活委員会があいさつの声をかけてくれています。

 ここしばらくは、クラス別に6年生から順番に「あいさつ当番応援隊」がいっしょにあいさつの声をかけてくれました。

 今朝は、1年生の子どもたちが元気のよいあいさつの声を響かせてくれました。

【▼あいさつ当番を終えた1年生の子ども達】

 

 

 

 

 

6年生の外国語活動

今日の6年生の外国語活動は、斐川東中学校の英語担当の持田先生とALTのメリッサ・オオミヤさんの2人に来校していただき、動物の名前とそれを使った簡単なゲーム・英会話を学習しました。

中学校入学を前に、中学校の英語の先生との学習は、中学校をより身近に感じることができたのではないかと思います。

とても楽しく学習が進みました。

【▼中学校から持田先生とオオミヤさんを迎えての学習】

 

 

 

今日は1年生がお兄さんお姉さんになって

2月4日の午後から、新入生保護者のみなさんに対して、入学説明会を行いました。

保護者のみなさんが、体育館で説明を聞いたり用品購入をしておられる間は、1年生が大活躍です。

昨日は、2年生が「おもちゃのお店」を開き、1年生を招待してくれました。今日は、1年生がお兄さんお姉さんになって、今度入学してくる年長さんを招待して「にこにこなかよし会」を開きました。

1年生の姿が、一段とたくましくなっていました。

 

【▼にこにこなかよし会の様子から】

 

 

 

 

 

 

縄跳びの成果を披露し合った体育集会

 2月4日(木)の朝は、体育集会を行いました。

 各学年の体育や休憩時間に練習してきている縄跳びの技を全校のみんなに披露し合う集会でした。

 各自、発表する技を事前にエントリーしておき、順番に全校が見守る中で技に挑戦しました。

 前跳びや後跳びから始まり、はやぶさ跳び・交差二重跳び、三重跳びに挑戦する友だちまでいました。

【▼縄跳びの技を披露する子ども達】

 

 

【▼集会の進行のまとめをする体育委員会のメンバー】

 

「おもちゃのおみせ」が開店しました

 2月3日(水)の3・4時間目、2年生教室に「おもちゃのおみせ」が開店しました。

 1年生をお客さんとして招待し、2年生全員が分担して16のおもちゃのお店を開いたものです。

 「変身手品」「もぐらたたきの店」「ストロー吹きやのお店」など、どのお店も、とても楽しい工夫がされており、2年生の子ども達の「1年生に楽しんでもらいたい」という気持ちが形によくあらわれているお店でした。2年生の姿を見て、1年生もきっと遊びだけでなく、たくさんのことを学べた交流会になりました。

【▼ それぞれのおもちゃのお店で楽しむ1年生】

 

 

 

学力向上に係る学校訪問指導

 2月2日(火)の午後、出雲市教育委員会授業力向上推進員の梶谷光弘先生に本校においでいただき、すべての学級の授業の様子を見ていただくとともに、全職員で全体研修を行いました。

 どのクラスも落ち着いた雰囲気の中で、学習に向かう姿勢や意欲がよく見られているという評価をいただきました。

 本年度の取組を通して、着実に子ども達の姿勢が改善されつつあることが確認できました。

【▼授業の様子から~1年生~】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【▼職員全体研修の様子から】

2月になり、2つの取組がスタートしています

 まもなく節分・立春とは言え、一年で一番寒さの厳しい頃なのですが、比較的気温の高い2月最初の日となりました。

 今週から、各家庭では「家庭学習がんばり週間」が、学校では「残さず食べよう給食週間」がスタートしています。

 この1年のまとめとも言える2つの取組です。それぞれの進級に向けて、しっかり学ぶための習慣作りの取組を進めていきましょう。

【▼学習に向かう姿から】